Webサイトやブログに使える投げ銭(寄付)サービス比較


自分のサイトに投げ銭(寄付)システムを置くことに決め、どれが自分のサイトにあっているか検討してみました。

手数料比較

サイトで利用できる投げ銭サービスは想像以上に種類がありました。

投げ銭特化型、何らかのサービスに投げ銭機能が付いているもの。(サイトの場合は投げ銭というよりもサポートという言葉の方がよく使われるのかもしれません)

けれども、どれも手数料が高いようです。


標準的なサービス例

利用料無料
販売手数料販売額の15%
売上金振込手数料300円/1回
寄付可能額¥100~
決済方法クレジットカード、デビットカード、携帯決済など、サービスによって異なりますが、ほぼ必ずあるのはクレジットカード。

サービスの様式が変わっても手数料体系はだいたい↑こんな感じなのですが、この例だと4名の方から最少金額100円の寄付を頂いて400円。それをすぐに振り込んでもらおうとしたら、


100円×4[400円]ー販売手数料15%[60円]ー振込手数料[300円]40円


って、泣いてまうやろ。


多額の寄付が集められるのなら気にならないのかもしれませんが、小額のやり取りしかない場合には、振込手数料で3名分の厚意が消滅してしまうのがやるせないです。


② Amazonギフト券ならどうか。

手数料無料
寄付可能額¥15~

Amazonギフト券なら、15円から手数料無料で受け取ることが出来ます。

15円は手軽で、サイト全体ではなく1ページ閲覧しただけの人でも「お礼をしても良いかな」と思えそうな金額。なおかつAmazonには既にクレジットカードなどの登録を済ませている人も多いでしょうから、支払手続きも負担にならないであろうメリットがあります。

(残念ながら、ポイントをギフト券購入に使用してもらうことは出来ません)


けれども、当然のことながらギフト券で買えるのはAmazon商品のみ。

いくら品揃えが多いといっても他所で買った方が安いものも沢山あるので、ギフト券を使うためにあまり必要ではないものや割高の物を購入することになるのなら、頂いた小額寄付が逆にマイナスになってしまうということにもなりかねません。


Amazonギフト券を現金化する方法もありますが、そうすると結局手数料も手間もかかってしまいます。

ということで、これは採用する可能性はあれども保留。

受け取れるのが現金だったらいいんですけどね。


③ PayPalもある。

PayPalがやっているPayPal.Meでも自分専用のリンクを作成し、そこから支払いを受けることが出来ますが、利用するには寄付する人にもPayPalのアカウントを作ってもらわなければなりません。

私自身はたまたま以前にPayPal指定の支払いがあったので既にアカウントを持っていますが、巷では持っていない人の方が多そう。

手数料が無料になる個人間取引では本人確認銀行の口座登録なども必要になるので、小額の寄付の為にわざわざ?と考えるとハードルが高いかなと思います。

個人間ビジネス取引
基本利用料無料
決済手段銀行口座銀行口座、クレジットカード、デビットカード
決済手数料無料3.6%+40円/1件
取扱額¥1~
銀行への引き出し手数料5万円以上/1回あたり・・・・無料
5万円未満/1回あたり・・・・250円

クレジットカードが使用できるビジネス取引では、クレジットカードの手数料のほかに毎取引ごとに40円を取られます。

寄付額の下限はありませんが、42円以下の寄付だと折角寄付してもらっても自分のものになるのは0円です。小額取引には他のサービスを検討した方がよさそうです。

結婚式の二次会の幹事さんが参加者からお金を集めるとか、月謝の収集などの個人間、なおかつ引き出し手数料が掛からなくなる5万円を無理なく超えるような取引であれば、便利に使えるかもしれませんね。


決済会社が直接行っているサービス

何かどのサービスにも踏ん切りがつかないなぁ……と果てしなく検索していたら、↑①の標準的なサービスは、その多くが決済会社Stripeの手数料に①独自のサービス料を上乗せして支払額が決まっているようだと分かりました。

例で出した「販売額の15%」から「決済手数料3.6%」を引いた「11.4%」がサービス会社の取り分。

決済会社サービス会社の取り分
一般サービスクレジットカード決済手数料
3.6%
サービス料振込手数料

もし自分が直接Stripeの決済システムだけを利用してお金のやり取りが出来れば、その11.4%部分の費用を抑えることが可能なはずです。


で、やろうとしてみたところ・・・・分からん。


WordPressに導入のためのプラグインもあるし、頑張ったらプログラマーでなくてもなんとかなるのかもしれませんが、そのまま投げ銭として使えるものは無いようで、やり方がよくわからず私は断念。

難しいことを人にやってもらうから手数料というものが発生しているんだなぁと納得しました。



しかし、それでも諦めずに探してみると、ありました!
決済会社が直接やっている寄付(投げ銭)サービス。

Squareです。

Stripeの話の後にSquareでややこしいですが、ストライプとスクエアで、スクエアの方。


決済手数料サービス会社の取り分
一般サービス3.6%サービス料振込手数料
Square3.6%
(JCBは3.95%)
無料無料

寄付の取り扱いはクレジットカードしかありませんが、差し引かれるのはクレジットカードの決済手数料だけ。最少寄付額は100円です。

サイトへの導入の仕方も簡単で、プラングインなど入れなくともSquareのサイト上でリンクやボタンの作成が完了しました。

文字や色など変更してもいいので、実際にコクシーランド用に作ってみたのが、↓こちらです。


コクシーランドのご愛用、
ありがとうございます。

サイトをサポート

寄付する

これを各ページの下に貼り付け、寄付をお願いすることにしました。


以下のページでSquareに関するもう少し詳しい説明と、実際の寄付(投げ銭)リンクの作り方を記していますので、興味のある方はどうぞ。


Square(スクエア)の寄付機能で、投げ銭リンクの作り方





サイトに寄付(投げ銭)バナーを置くことにしました

サイトの維持

サーバー利用料にドメイン費用、ちょいちょい改定される教科書の購入費など、このサイトの維持運営費は各ページに貼り付けてあるクリック報酬型広告からの収入でまかなっています。

けれども昨今の社会情勢のあれやこれやの影響か、広告の報酬単価がかなり下がってきました。

もともとサイト制作にかけた時間と労力が報われるだけの収入には遥か遠く、鍼灸学校の月々の奨学金返済をサイト収入で!という願いも叶っていませんでしたが、それでも今まではまだマシだったんだなぁと。

稼ぎが悪いのはサイトの知名度や充実度が足りないからだと必死にコンテンツに手を加えた結果、検索順位の向上、利用者数やクリック数も増えたのですが、サイトから得られる収入は去年よりさらに低いという結果が続いています。

そもそも動画報酬などは視聴が多ければ増収になると思いますが、サイトで利用するクリック報酬型広告は、利用者が多くても基本的には広告をクリックしてもらえなければ収入になりません。

サイトを良くして沢山の人に利用してもらえるようになったとしても収入を得られる「可能性」が上がるだけで、確実に収入を得られるわけではないのが辛いところですね。

かといって「広告をクリックして下さい」とお願いすることも、利用者が「クリックしておきますね」とやることも禁止行為です。

今はまだマイナスでなくても、今後もし頼りの綱のグーグルアドセンスがサービスを止めてしまったり何らかの形で使えなくなった場合、サイトの維持が純粋に負債になり、置いておくだけでも支出になるだけ。閉鎖せざるをえなくなるかぁ……と改めて何か他の収入源を確保しておくことの必要性を考えさせられることになりました。

色々な働き方の可能性が増えてきた昨今、サイトにも色々な収入を得る手段が増えてくると良いのになと思いますが、今はまだ過渡期なのかもしれません。


お礼や激励の言葉も頂いてきましたし、一応好きでやってるサイトなので簡単に止めることはしないでおきたいとは思っていますが、まぁ、分かんないですよね。

有料サイトにせずにサイトを存続させる一つの手段として、投げ銭(寄付)システムを採用してみることとし、各ページ下に貼り付けました。

経費云々長々と書きましたが、サイト制作に掛けた多くの時間や労力をねぎらって、サポートして頂けたら嬉しいです。






Square(スクエア)の寄付機能で、投げ銭リンクの作り方

Squareについて

投げ銭(寄付)を募ることに決めて色々なサービスを比較検討した結果、決済会社Squareのサービス利用が一番手数料を低く抑えられ、なおかつ手軽そうに思えました。


登録無料
振込手数料無料
決済手数料3.6%(JCB3.95%)
寄付可能額¥100~¥500,000

Squareは電子マネーなども取り扱っている会社ですが、現在寄付機能で使えるのはクレジットカードのみ。

最少金額の100円を寄付してもらった場合、96円を受け取れる計算になります。

他の寄付サービスでは決済手数料が10%を超え、さらに振込手数料も取られるところが多い中、格段にありがたい料金設定だと思います。


Squareはアメリカの会社で、2013年から日本でのサービスを開始しています。

Twitterの創始者が起こした会社で、日本では三井住友カードと提携したりしているので、信頼性の面の心配もしなくて良さそうです。


実際に機能設置するにあたり、投げ銭(寄付)だけではなく多種多様なサービスを提供しているサイトなので、中で少々迷子になってしまいました。

自分の備忘もかねて、登録→投げ銭(寄付)リンク作成までの流れを記しておきます。


Squareに登録する

まず、Squareの公式サイトでアカウントを作成します。

パスワードを作成し、氏名、メールアドレス、住所、電話番号、生年月日、事業名、入金口座などを入力。

身分証明書の提出などは必要ありませんでしたが、取引内容などによっては必要となるようです。


銀行口座

現在利用できる銀行は大手のみのようで自分が利用したかったネット銀行は不可でしたが、振込手数料はどの銀行を選んでも無料ですし、入金サイクルも他サービスに比べ早くてありがたいです。


三井住友銀行orみずほ銀行・・・・翌営業日に振り込み。

その他の銀行・・・・木曜日0:00~翌週水曜日23:59までの決済代金を、全てまとめて金曜日に振り込み。


振込テスト

登録した口座へ振り込みが確実に行われるよう、1~3日以内にSquareから1円のテスト振込が行われます。(返金不要)

認証審査中でも決済を受付けることは可能です。決済代金はアカウント内に保持され、銀行口座が認証されると代金が入金されるとのことです。


クレジットカード会社の審査

登録が完了すると、「クレジットカード会社がカード決済の審査中です」とのメールが届きました。

VISA・Mastercard・American Expressは、登録したその日のうちに取り扱い承認がおりました。
JCB・Diners Club・Discoverカードは別途カード会社による審査が行われるそうで、後日の連絡となりました。


寄付のリンクを作る


登録がすんだら、いよいよ寄付リンクの作成です。

「Square オンラインビジネスで寄付という商品を作って……」というやり方もあるのですが、自分のサイトに金額自由入力の投げ銭リンクを貼り付けるだけなら、もっと簡単な方法がありました。



① サイトにログイン。




② 右上の「♡寄付をおねがいする」ボタンをクリック。



③ リンクの設定画面に入力。


この画面では「件名」「説明(オプション)」を入力しますが、これは寄付リンクがクリックされ開いた画面に表示されるものです。

入力した内容は、↓以下のように反映されます。



寄付額は、寄付してくれる方が¥100〜¥500,000の間で自由な金額を入力することになります。

[詳細設定]で、「定期的な寄付金を受け付ける」「寄付金目標を設定する」などのオプションも利用できます。


入力が完了したら、□私は改正特定商取引法を遵守しています。チェックを入れ、[リンクを作成]をクリックして次へ。



④ リンク完成!



出来上がったリンクを貼ったり送ったりすることで、クリックした先から寄付金を受け取ることが出来るようになります。


購入ボタンをカスタマイズ

自分で作ったバナーやボタンにリンクを貼り付けて使うこともできますが、上で出てきた購入ボタンを利用すれば、そのまま使えるバナーになります。


色などを変えて今後作成する購入ボタンのデザインを統一したければ、[オンラインチェックアウト][設定]をクリックすると出てくる[ブランド]ページで、変更も可能です。


訳も分からずいじりまくりデフォルトのデザインがどんなものか分からなくなってしまいましたが、最終的には購入ボタンから作られたデータのhtmlを直接変更して、今のような形にしてみました。


コクシーランドのご愛用、
ありがとうございます。

サイトをサポート

寄付する

レシートをチェック

後になりましたが、出来上がったリンクやボタンを公開する前にチェックが必要な部分があります!

寄付をして下さった方にメールでレシートが送信されるのですが、そのままだとレシートに自分の住所が表記されてしまいます。

私が他の方にSquareを通して寄付をしたレシートに、その方の個人宅?の住所が載っているのを見て(番地は無かった)、ギョッとしました。

店舗や会社なら表示すべき住所ですが、お金を貰う度に自分の居住地を晒すことになるとは・・・・こりゃこのシステムは個人には使えんわいと諦めかけたのですが、サイトの中を探し回ったら、消す方法がちゃんと用意されていました。



① アカウントと設定に行く。

画面右上、自分のアカウント名をクリックすると出てくる[アカウントと設定]をクリックします。




② レシートに行く。

アカウントの設定[企業または店舗の情報]をクリックすると下に選択項目が増えるので、その中から[レシート]をクリック。



ここでは、レシートのデザインを変更することが出来ます。

設定変更をしていなければ、レシート仮デザインの下の方の店名下に住所が記載されていると思います。

(グリーンティーやカフェラテなど色々メニューが入っていますが、これはデザインイメージのサンプルとして用意されているもので、私が登録したものではありません)



③ ビジネスを編集。

レシート画面を下にスクロールしていくと、[住所を表示する]ボタンが出てきます。

それをOFFにすると、レシート上の住所が表示されなくなります。



実際に寄付してくれた方に届くレシートメールは↓こうなります。



受信者が満足か不満顔のマークをクリックするとメッセージを送れるので、送って頂ければ、こちらからそれに対して返信することも出来ます。

一応、寄付が完了した後には支援者さんに「寄付をありがとうございます」的なメッセージは表示されています。(キャプチャ忘れ)


テスト決済

最後に、自分の作成したリンクから正しく処理が行われるか試してみたいところですが、残念ながらテストモードはありません。

ヘルプでは実際に100円取引を行い、その後払い戻し処理を行うように書いてありますが、それはレジや請求書取引のことであって、返金不可である寄付には当てはまらないようです。


もし自分で決済テストをしてみる場合、最少金額の100円で1~2回にとどめておきましょう。(やり過ぎは、自店売り上げに該当し加盟店規約違反になります)


準備完了

これで準備が整いました。

あとは、出来上がったものを自分のサイトやブログに貼り付けるなど任意の媒体で公開すれば、完了です。

Squareの公式サイト




中枢神経系の過去問題[解生](鍼灸編)

誤っているのはどれか。
(はき第1回-30)[解剖学]
中枢神経系で正しいのはどれか。
(はき第1回-44)[生理学]
大脳について正しい記述はどれか。
(はき第2回-27)[解剖学]
視床下部に調節中枢がないのはどれか。
(はき第2回-46)[生理学]
大脳皮質の機能局在について正しい組合せはどれか。
(はき第2回-47)[生理学]
感覚性言語中枢のある部位はどれか。
(はき第3回-43)[生理学]
大脳辺縁系の機能はどれか。
(はき第4回-44)[生理学]
大脳について正しい組合せはどれか。
(はき第6回-46)[生理学]
左右の大脳半球を結ぶ線維はどれか。
(はき第7回-29)[解剖学]
聴覚情報が投射する部位はどれか。
(はき第7回-44)[生理学]
脳の部位と神経核との組合せで正しいのはどれか。
(はき第8回-28)[解剖学]
血液の浸透圧を感受する部位はどれか。
(はき第8回-41)[生理学]
大脳内にみられないのはどれか。
(はき第9回-17)[解剖学]
中脳にみられるのはどれか。
(はき第9回-19)[解剖学]
大脳皮質の機能局在について誤っている組合せはどれか。
(はき第9回-43)[生理学]
下垂体について正しいのはどれか。
(はき10回-27)[解剖学]
脳幹に属さないのはどれか。
(はき第10回-30)[解剖学]
大脳辺縁系について誤っているのはどれか。
(はき第10回-46)[生理学]
松果体について誤っている記述はどれか。
(はき第11回-25)[解剖学]
交連線維はどれか。
(はき第11回-29)[解剖学]
大脳の機能で誤っている組合せはどれか。
(はき第11回-47)[生理学]
大脳の機能で誤っている記述はどれか。
(はき第12回-43)[生理学]
「痛い思いをしたので近寄りたくない。」と思うことに関係が深いのはどれか。
(はき第12回-44)[生理学]
大脳皮質連合野の働きでないのはどれか。
(はき第14回-42)[生理学]
中枢部位が延髄でないのはどれか。
(はき第14回-44)[生理学]
大脳皮質の機能的領野と脳葉の組合せで正しいのはどれか。
(はき第15回-39)[生理学]
海馬の機能はどれか。
(はき第16回-40)[生理学]
自律神経系について誤っている記述はどれか。
(はき第17回-28)[解剖学]
ヒトの脳で最も表面積が大きいのはどれか。
(はき第17回-29)[解剖学]
視床下部に調節中枢がないのはどれか。
(はき第17回-41)[生理学]
中枢神経系について正しい記述はどれか。
(はき第18回-25)[解剖学]
小脳について正しい記述はどれか。
(はき第18回-26)[解剖学]
中枢神経の部位と機能との組合せで正しいのはどれか。
(はき第19回-26)[解剖学]
側頭葉にあるのはどれか。
(はき第19回-42)[生理学]
脳幹について正しい記述はどれか。
(はき第20回-28)[解剖学]
小脳にみられるのはどれか。
(はき第21回-27)[解剖学]
側頭葉にみられるのはどれか。
(はき第21回-29)[解剖学]
内包が通るのはどれか。
(はき第22回-26)[解剖学]
運動野があるのはどれか。
(はき第22回-41)[生理学]
大脳基底核の働きはどれか。
(はき第22回-43)[生理学]
単語の記憶に重要な部位を含むのはどれか。
(はき第26回-35)[生理学]
熟練した運動の学習に重要なのはどれか。
(はき第28回-35)[生理学]
脳の部位と存在するものとの組合せで正しいのはどれか。
(はき第29回-22)[解剖学]
中枢神経系-脳の過去問題[解生](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}


中枢神経系の保護(髄膜・脳室・脳脊髄液)


誤っているのはどれか。
(はき第1回-30)[解剖学]
脳室系について誤っている記述はどれか。
(はき第3回-28)[解剖学]
脳室系に含まれないのはどれか。
(はき第4回-29)[解剖学]
室間孔はどこにあるか。
(はき第5回-29)[解剖学]
脳脊髄液について誤っている記述はどれか。
(はき第5回-48)[生理学]
脳室系について正しい記述はどれか。
(はき第8回-29)[解剖学]
脳について誤っている記述はどれか。
(はき第9回-20)[解剖学]
脳室系について誤っている記述はどれか。
(はき第12回-29)[解剖学]
硬膜について正しいのはどれか。
(はき第23回-24)[解剖学]
脳室について正しいのはどれか。
(はき第26回-23)[解剖学]
中枢神経系の保護の過去問題[解生](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}


脊髄


誤っているのはどれか。
(はき第1回-30)[解剖学]
胸髄で交感神経節前ニューロンの細胞体が存在する部位はどれか。
(はき第14回-30)[解剖学]
自律神経系について誤っている記述はどれか。
(はき第17回-28)[解剖学]
脊髄神経について正しい記述はどれか。
(はき第19回-27)[解剖学]
脊髄神経とその数の組合せで正しいのはどれか。
(はき第27回-25)[解剖学]
成人の脊髄円錐の高さはどれか。
(はき第28回-24)[解剖学]
中枢神経系-脊髄の過去問題[解生](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}



関連するまとめ



神経系-伝導路の過去問題[解生](あん摩マッサージ指圧師編)

痛みの伝導に関係のない部位はどれか。
(あ第2回-34)[解剖学]
錐体路の起始ニューロンが分布する脳の部位はどれか。
(あ第6回-32)[解剖学]
遠心性伝導路はどれか。
(あ第7回-33)[解剖学]
痛覚伝導路が通らない部位はどれか。
(あ第8回-35)[解剖学]
錐体路の経路でないのはどれか。
(あ第12回-36)[解剖学]
痛覚の伝導路と関係ないのはどれか。
(あ第14回-29)[解剖学]
脊髄内伝導路と働きとの組合せで誤っているのはどれか。
(あ第14回-47)[生理学]
感覚伝導路において大脳皮質に達するまでに中継されるのはどれか。
(あ第18回-30)[解剖学]
皮膚の痛覚の伝導路に関係するのはどれか。
(あ第23回-25)[解剖学]
錐体路系に含まれるのはどれか。
(あ第29回-30)[生理学]
神経系-伝導路の過去問題[解生](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}



神経系-骨格筋の神経支配の過去問題[解生](鍼灸編)


シナプスにおける化学伝達物質はどれか。
(あ第1回-50)[生理学]
α運動ニューロンについて誤っている記述はどれか。
(はき第2回-44)[生理学]
筋紡錘について正しい記述はどれか。
(はき第3回-45)[生理学]
神経筋接合部の特徴として誤っている記述はどれか。
(はき第4回-43)[生理学]
γ運動ニューロンの特徴として正しい記述はどれか。
(はき第5回-46)[生理学]
骨格筋の神経筋接合部における化学伝達物質はどれか。
(あ第11回-56)[生理学]
筋紡錘について誤っている記述はどれか。
(はき第12回-47)[生理学]
骨格筋に分布しない神経はどれか。
(はき第13回-47)[生理学]
受容器と求心性線維との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第17回-44)[生理学]
γ運動ニューロンの特徴として正しいのはどれか。
(はき第20回-43)[生理学]
γ運動ニューロンについて正しいのはどれか。
(はき第26回-37)[生理学]
神経系-骨格筋の神経支配の過去問題[解生](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}



神経系-脊髄神経の過去問題[解生](鍼灸編)


デルマトーム(皮膚分節)

デルマトームについて誤っている組合せはどれか。
(はき第8回-30)[解剖学]
神経系-デルマトーム(皮膚分節)の過去問題[解生](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}



脊髄神経の走行

腰神経叢の分枝でないのはどれか。
(はき第7回-30)[解剖学]
仙骨神経叢から出るのはどれか。
(はき第13回-30)[解剖学]
神経の経路について誤っている記述はどれか。
(はき第15回-28)[解剖学]
神経叢と分枝する神経との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第16回-28)[解剖学]
下肢の神経において枝が足背に分布しないのはどれか。
(はき第18回-29)[解剖学]
上肢の皮膚領域と分布する神経との組み合わせで正しいのはどれか。
(はき第19回-28)[解剖学]
橈骨神経について正しいのはどれか。
(はき第20回-17)[解剖学]
皮神経で大腿神経の枝はどれか。
(はき第20回-27)[解剖学]
脊髄神経の後枝に由来するのはどれか。
(はき第23回-25)[解剖学]
頸部の神経とその支配の組合せで正しいのはどれか。
(はき第25回-26)[解剖学]
腕神経叢の後神経束から分枝するのはどれか。
(はき第26回-24)[解剖学]
神経系-脊髄神経の走行の過去問題[解](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}




神経系-自律神経系の過去問題[解生](鍼灸編)


自律神経系の特徴について誤っているのはどれか。
(はき第1回-32)[解剖学]
交感神経興奮によって起こる現象で誤っているのはどれか。
(はき第1回-47)[生理学]
カテコールアミンα受容体の興奮で生じる効果はどれか。
(はき第4回-45)[生理学]
皮膚に関して正しい記述はどれか。
(はき第6回-31)[解剖学]
交感神経β受容体が関与する機能はどれか。
(はき第6回-47)[生理学]
自律神経の二重支配を受けないのはどれか。
(はき第8回-44)[生理学]
自律神経による拮抗支配を受けていないのはどれか。
(はき第9回-45)[生理学]
副交感神経性唾液分泌について誤っている記述はどれか。
(はき第11回-36)[生理学]
内臓-内臓反射はどれか。
(はき第11回-45)[生理学]
運動時血流が最も減少するのはどれか。
(はき第11回-61)[生理学/臨床医学総論]
副交感神経の活動亢進で誤っているのはどれか。
(はき第12回-45)[生理学]
自律神経の二重支配を受けないのはどれか。
(はき第12回-46)[生理学]
カテコールアミンα受容体が関与するのはどれか。
(はき第13回-45)[生理学]
自律神経系について誤っている記述はどれか。
(はき第17回-28)[解剖学]
自律神経とその受容体との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第17回-40)[生理学]
副交感神経節後線維末端から放出される神経伝達物質はどれか。
(はき第19回-43)[生理学]
α受容体が主に関与している機能はどれか。
(はき第20回-39)[生理学]
神経叢で副交感神経を含むのはどれか。
(はき第21回-28)[解剖学]
皮膚について正しい記述はどれか。
(はき第21回-30)[解剖学]
胃の受入れ弛緩はどれか。
(はき第21回-35)[生理学]
副交感神経の活動亢進によるのはどれか。
(はき第21回-41)[生理学]
交感神経活動の亢進によって起こるのはどれか。
(はき第27回-31)[生理学]
遠心路が自律神経の反射はどれか。
(はき第28回-34)[生理学]
β受容体の刺激で起こるのはどれか。
(はき第29回-29)[生理学]
神経系-自律神経系の過去問題[解生](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}