経絡経穴概論

旧サイトの経絡経穴概論のページへ 。

数年前まで経穴の場所は各国で若干の違いがあり、「このツボは中国ではココだけど、日本ではココ。さらには韓国ではココ。(´ε`;)」なんてものもあったそうですが、2006年にWHOにより国際標準化されました。これにより、2009年から日本の鍼灸学校の教科書もWHO方式にのっとったものになっています。

それ以前とは経穴の名前や位置から経穴の数に至るまでいろいろと異なる部分があるので、古い資料や過去問などを参考にする場合には注意が必要です。


No.大項目中項目まとめ!国家試験に出た問題
1経穴の読み方   
2経絡

 経絡の概要・正経

 正経の始まり・終わり

 正経の接続

 

 奇経

 
3骨度法・同身寸法 
4要穴

 五要穴

 五兪穴・五行穴

 四総穴

出題無

 八会穴

出題無

 八脈交会穴
(八総穴、八宗穴)

出題無

 交会穴、下合穴

5経穴

 所属経脈

 胸腹部

 背腰殿部

 手関節

 外果・内果(下腿)

 

 その他の同じ高さor並んでいる経穴

 解剖
〔筋・腱〕

 解剖
〔神経・神経溝・デルマトーム〕

 

 解剖
〔動脈・拍動部〕

 

 解剖
〔骨・その他〕

 

 その他取穴

 
6奇穴※ 経脈に属していない経穴。
(風市は以前奇穴扱いだったので、古い問題ではそのくくりで出題されています)
出題無
7組み合わせ穴 
出題無
8経絡・経穴の現代的研究 
9注意が必要な穴   
出題無

【参考文献】
新版経絡経穴概論




「経絡経穴概論」への2件のフィードバック

  1. いつもお世話になっております。

    旧コクシーランドの交会穴の説明で

    百会で交わる経絡に足の厥陰肝経が抜けています。

    第29回のあまし国家試験の問100でこの問題が出ていますね。

    よろしくお願いします。

    1. A.Kさん

      ご連絡ありがとうございます。
      なんと。私が学生の頃の教科書は既にWHO対応なのですが「肝経」の記載はなく、第2版から追加されたようです。
      (最近第2版も購入したので確認できました)
      こんなものも今更変更されるのかと驚きました。
      今回の国家試験には間に合わず申し訳ありませんでしたが、旧コクシーランドの方、修正しました!

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)