はりきゅう理論

旧サイトのはりきゅう理論のページへ 。

大項目まとめ!国家試験に出た問題
1概論  
出題無
2鍼の基礎知識  
3刺鍼の方式と術式
4特殊鍼法  
5灸の基礎知識  
6灸術の種類  
7鍼灸の臨床応用  
8リスク管理  
9鍼灸治効の基礎
10鍼灸療法の一般治効理論  
11関連学説

【参考文献】
はりきゅう理論




「はりきゅう理論」への2件のフィードバック

  1. 見当違いの質問、大変失礼いたしました。そして、丁寧なご回答ありがとうございました。
    学校の先生に質問したところ、同様の回答でした。
    第6回の問題の解説を出してもらったところ
    「化膿に連なる水泡形成は『火傷(熱傷)が弱いために生じる』といわれており、『水泡を形成しないためには、なるべく火熱を強くし、壮数を多く施す』といわれている。ゆえに、艾を硬くひねり火熱を強くする手法は、化膿予防に連なると考えられている」と記載されていました。
    謎が深まりましたが、そういうことにします。

    1. シンさん

      ご返答ありがとうございます。
      前回と異なるページに返信してあるので他の方には何のことか分からないと思いますので、前回コメントを頂いた
      「リスク管理の過去問題[きゅう]」
      https://kokusyland.com/kyuriron-kako-08/
      のページにコメントを転載しますね。

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)