要穴の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

次の文で示す病証に対し、施術対象となる臓腑の募穴で適切なのはどれか。
「食欲がなく、胃の膨満感や上腹部痛がある。医師から慢性胃炎と診断された。」
(あ第12回-127)[東洋医学臨床論]
大腸の腑の病による便秘に対して用いる募穴はどれか。
(あ第17回-130)[東洋医学臨床論]
頻尿に対する治療穴として適切な募穴はどれか。
(あ第18回-131)[東洋医学臨床論]
小腸の病で施術対象となる下合穴はどれか。
(あ第23回-114)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療で、原穴の組合せとして最も適切なのはどれか。
「68歳の男性。主訴は立ちくらみ。最近しゃがんだ状態から急に立ち上がった際に気を失いそうになった。細身で食が細く、軟便になりやすい。また腰痛、難聴、手足のだるさと冷えを自覚している。舌質は淡胖。脈は沈細。」
(あ第24回-120)[東洋医学臨床論]
五労とその影響を受けやすい臓の募穴との組合せで正しいのはどれか。
(あ第24回-133)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で治療対象とする臓腑に対応する募穴はどれか。
「32歳の女性。主訴は頭重。症状の程度は軽く慢性的である。月経は遅れ気味で、始まると頭重が憎悪する。下痢しやすいせいか普段から倦怠感があり、痰が多く、顔色が悪い。舌質は淡、脈は弱。」
(あ第25回-115)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対して原穴に施術する際の正しい部位はどれか。
「64歳の男性。主訴は聴力低下。半年前から徐々に右耳が聞こえにくくなり、回復しないままである。白髪が増え、腰や膝に力が入らない症状も伴う。」
(あ第25回-116)[東洋医学臨床論]
う歯による下歯痛を訴える患者に対し、鎮痛を目的として循経取穴により原穴に施術する際の正しい部位はどれか。
(あ第25回-117)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の経脈病証に対して原穴に施術する際に正しいのはどれか。
「65歳の男性。普段から食欲があまりなく、食事をすると心下につかえを感じ、嘔吐することがあるが排便により症状は軽快する。舌の強ばりや尿閉もみられる。」
(あ第27回-116)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の経脈病証に対して原穴に施術する際に正しいのはどれか。
「52歳の女性。2か月前から難聴とともに耳鳴りを感じるようになった。右の目尻から頬にかけての痛みもあり、汗をよくかくようになった。」
(あ第28回-113)[東洋医学臨床論]
肩関節の後面に慢性的な痛みとこりを訴える患者に対し、経脈の流注を考慮して母指圧迫をする場合、適切な絡穴はどれか。
(あ第29回-135)[東洋医学臨床論]
要穴の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

関連するまとめ


痺証の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

湿度が高くなると症状が増悪する痺証はどれか。
(はき第13回-137)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で適切なのはどれか。
「57歳の女性。体型はやや肥満で、膝の内側に重だるい痛みを訴える。雨の日は症状が増悪し、下腿がむくむ。疲れやすく軟便になりやすい。」
(はき第15回-121)[東洋医学臨床論]
頸肩腕痛を伴う痹証で、脾胃の運化機能の改善と湿の除去を治療方針とするのはどれか。
(はき第16回-122)[東洋医学臨床論]
「28歳の女性。11月頃より肩甲部から上肢にかけて重だるさと痛みが出現した。また食後の腹脹と下痢がある。寒冷により症状は増強し、温めると軽減する。」
痹証とした場合、適切なのはどれか。
(はき第17回-135)[東洋医学臨床論]
着痹に対して補瀉を考えて刺鍼する場合の適切な手法はどれか。
(はき第28回-116)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で最も適切なのはどれか。
「51歳の男性。2日前に強い寒冷環境で長時間の作業をした後、肩に固定性の痛みとこわばりが生じた。舌は淡、脈は緊を認める。」
(はき第29回-147)[東洋医学臨床論]
痺証の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}


病証-経絡の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

35歳の女性。数年前から時々頭頂部に発作的な痛みがある。気分はイライラし、時々目がかすみ、手足の筋肉がひきつることがある。脈は弦脈である。治療の対象となる主たる経絡はどれか。
(はき第1回-127)[東洋医学臨床論]
眠りが浅く夢をよくみる。動悸、健忘、倦怠感、食欲不振、軟便の症状を伴う患者の鍼灸治療について正しいのはどれか。
(はき第1回-128)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の治療対象となる経絡はどれか。
「40歳の男性。2か月前から胃の膨満感、食欲不振および軟便があり、下腿内側で脛骨の際に沿って陥凹がみられる。」
(はき第2回-131)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の治療対象となる主たる経絡はどれか。
「53歳の男性。慢性の腰下肢痛があり、全身倦怠感、耳鳴および性欲減退を伴う。脈は細くて弱い。」
(はき第2回-134)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する治療方針で瀉法を行う適切な経絡はどれか。
「45歳の女性。咳がでて息苦しく、痰は少なく粘る。顔面紅潮、喉の乾きがある。脈は実。」
(はき第4回-135)[東洋医学臨床論]
早朝の無痛性下痢(五更泄瀉)の治療に用いる経絡どれか。
(はき第6回-135)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、治療対象となる経絡はどれか。
「35歳の女性。約1か月前から食欲不振となり軟便がある。やせ型で内臓下垂がみられる。」
(はき第9回-128)[東洋医学臨床論]
風寒の邪による顔面麻痺に対し、治療対象となるのはどれか。
(はき第9回-131)[東洋医学臨床論]
疏泄作用の失調から生じた気滞、血瘀の肩こりに対し、治療対象となる経絡はどれか。
(はき第10回-128)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、治療対象となる適切な経絡はどれか。
「30歳の女性。半年前から月経周期が不定期で、経血量は少ない。耳鳴り、めまい、腰のだるさがある。」
※正解2つ。どちらか1つを選ぶと正解になります。
(はき第11回-126)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、補法を行う経絡はどれか。
「60歳の男性。血圧が高く、腰のだるさ、耳鳴り、不眠を伴う。舌質紅。脈は細数。」
(はき第12回-129)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、施術対象となる適切な経絡はどれか。
「25歳の女性。食欲がなく、体が重たく感じ、疲れやすい。脈診では右関上、沈の脈が弱い。」
(はき第12回-130)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、施術対象となる経絡はどれか。
「45歳の女性。目尻から側頭部にかけて痛みがある。口も苦く、よくため息をつく。」
(はき第13回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対し、任脈と共に施術対象となる経絡はどれか。
「25歳の女性。月経開始1週間前からイライラし、乳房と少腹部(脇腹)のはりがある。月経開始と共に症状は軽減する。」
(はき第15回-124)[東洋医学臨床論]
「28歳の女性。11月頃より肩甲部から上肢にかけて重だるさと痛みが出現した。また食後の腹脹と下痢がある。寒冷により症状は増強し、温めると軽減する。」
施術対象として適切な経脈はどれか。
(はき第17回-136)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、治療対象となる経脈で適切なのはどれか。「28歳の女性。1年前から月経周期が不規則で月経量は少ない。乳房脹痛、月経痛がある。月経前から月経中にかけて抑うつがある。」
(はき第18回-124)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証について治療対象となる経脈で適切なのはどれか。
「7歳の男児。夜間の遺尿がある。食欲不振があり、泥状便が観察される。舌質は淡、脈は沈細弱。」
(はき第19回-122)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証について治療対象となる経脈で適切なのはどれか。
「30歳の男性。半年前から便秘が続く。偏食傾向があり辛い物をよく食べる。腹部膨満感があり口臭も強い。舌質は紅、脈は滑実。」
(はき第19回-123)[東洋医学臨床論]
命門火衰による陽萎に対し、経脈を考慮した施術を行う場合、最も適切なのはどれか。
(はき第20回-121)<[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療穴として、経脈の異常に基づく選穴で最も適切なのはどれか。
「60歳の男性。主訴は右上の歯茎の痛み。長期間ストレスが続き、3日前から胸焼けとともに歯茎が腫れて軽く噛み合わせても痛む。脈は右関上が浮滑。」
(はき第27回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証に対して治療すべき足の経脈・経筋として最も適切なのはどれか。
「26歳の男性。主訴は膝の痛み。4日前に宴会で食べ過ぎた。その後、背中の張り感やだるさとともに、趣味のバスケットボールでジャンプしたときに膝に痛みを自覚する。舌中央部に黄厚膩苔がある。」
(はき第27回-124)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療で最も適切な経脈はどれか。
「38歳の女性。もともと喘息の持病があったが、最近、反抗期の息子に怒ってばかりでイライラし、症状が頻発し、咳も出るようになった。口が苦く咳をすると胸脇部が痛む。舌質紅、舌は薄黄苔、脈は弦数。」
(はき第28回-119)[東洋医学臨床論]
病証-経絡の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}


筋肉の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

大腿四頭筋の強化訓練が適しているのはどれか。
(あ第1回-137)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への治療として適切でないのはどれか。
「60歳の男性。数ヶ月前から徐々に腰が痛くなり、最近では右下肢後側も痛むようになった。」
(あ第2回-144)[東洋医学臨床論]
次に示す文の患者について最も強化すべき筋はどれか。
「60歳の女性。起立時と歩行時に膝が痛む。炎症所見はない。」
(あ第2回-145)[東洋医学臨床論]
菱形筋のこりに対する施術部位はどれか。
(あ第3回-136)[東洋医学臨床論]
変形性膝関節症で起こる筋萎縮に対し、直接施術する部位はどれか。
(あ第4回-145)[東洋医学臨床論]
次の文で示す麻痺で施術する筋はどれか。
「足関節の背屈ができず、足を高くあげて歩く。」
(あ第4回-146)[東洋医学臨床論]
疲労している筋と施術部位との組合せで正しいのはどれか。
(あ第4回-149)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症状に対し、主動作筋への施術で適切なのはどれか。
「肩関節外転により肩峰部に痛みが起きる。」
(あ第5回-139)[東洋医学臨床論]
上腕骨内側上顆炎による筋緊張を緩和する目的で重点的に施術する部位はどれか。
(あ第5回-149)[東洋医学臨床論]
肩すくめ運動で肩上部の痛みが増悪する場合、施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第8回-128)[東洋医学臨床論]
ジャンパー膝で施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第8回-140)[東洋医学臨床論]
肩関節の外転時に肩部の痛みが増悪する場合、施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第9回-128)[東洋医学臨床論]
変形性膝関節症で起こる筋萎縮に対し、最も強化すべき筋はどれか。
(あ第10回-135)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害とその施術対象になる罹患筋との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第10回-137)[東洋医学臨床論]
菱形筋のこりに対する局所への施術部位として適切なのはどれか。
(あ第11回-128)[東洋医学臨床論]
疾患と罹患局所への施術部位との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第11回-129)[東洋医学臨床論]
頸・肩のこりに対する局所施術で二指把握揉捏法を行うのはどれか。
(あ第12回-129)[東洋医学臨床論]
肩こりの治療対象となる筋と治療部位との組合せで正しいのはどれか。
(あ第13回-131)[東洋医学臨床論]
スポーツ傷害と罹患局所との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第13回-137)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害と局所施術の対象となる筋との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第14回-132)[東洋医学臨床論]
板状筋のこりに対する局所施術部位として適切なのはどれか。
(あ第15回-126)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者について、最も強化すべき筋はどれか。
「62歳の女性。3年前から左膝前面に痛みを自覚、歩行時に膝折れがみられる」
(あ第15回-131)[東洋医学臨床論]
下腿三頭筋のストレッチングを行う場合、足関節の運動方向として最も適切なのはどれか。
(あ第15回-133)[東洋医学臨床論]
胸郭出口症候群について、罹患部への局所施術の対象として適切でない筋はどれか。
(あ第15回-136)[東洋医学臨床論]
「64歳の男性。発作性の呼吸困難と喘鳴を伴う。呼吸機能検査では1秒率が低く、血中IgE値が高い。イヌの毛で誘発される。」
非発作時において呼吸困難に対するマッサージで施術対象とならないのはどれか。
(あ第15回-138)[東洋医学臨床論]
肩甲挙筋のこりに対する局所施術部位として適切なのはどれか。
(あ第16回-125)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、施術対象となる罹患筋はどれか。
「35歳の女性。週3回テニススクールに通っている。ラケットを換えてから肘の外側に痛みがある。」
(あ第16回-128)[東洋医学臨床論]
膝蓋靭帯炎で施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第16回-129)[東洋医学臨床論]
シンスプリントに対し、施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第16回-130)[東洋医学臨床論]
「18歳の男性。野球の投手。2か月前より投球動作時に肩関節前面に痛みを自覚する。上腕二頭筋長頭腱部に著明な圧痛がみられる。」
病態に対する局所施術部位で適切なのはどれか。
(あ第16回-136)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、局所治療の対象となるのはどれか。
「21歳の男性。陸上の長距離選手。ランニング中に右膝外側が痛む。」
(あ第17回-127)[東洋医学臨床論]
僧帽筋のこりを触診する部位として適切なのはどれか。
(あ第18回-122)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害と局所施術の対象となる筋との組合せで正しいのはどれか。
(あ第18回-128)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対し、施術対象の筋として最も適切なのはどれか。
「右の肩外兪付近のこり感が強い。首を左に側屈すると右の首の付け根から肩甲骨上角にかけて伸張痛がある。」
(あ第19回-124)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対し、施術対象となる罹患筋はどれか。
「50歳の女性。右のつま先が敷居や布団につまずきやすくなった。右膝を高く上げて歩く。」
(あ第19回-131)[東洋医学臨床論]
疾患と局所施術部位との組合せで正しいのはどれか。
(あ第19回-132)[東洋医学臨床論]
「30歳の女性。電車での通勤時、右手でつり革につかまっていると同側上肢に痛みとしびれが出現する。烏口突起下部に圧痛を認める。」
病態に対する局所施術部位で適切なのはどれか。
(あ第19回-136)[東洋医学臨床論]
肩甲間部のこりを訴える患者に対し、施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第20回-125)[東洋医学臨床論]
肩甲下筋のストレッチを目的とする肩関節のROM訓練はどれか。
(あ第20回-126)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、施術対象となる罹患筋はどれか。
「18歳の女性。陸上の短距離選手。スタートの練習中、左大腿後面外側に痛みを感じる。痛みは膝の伸展時に増悪する。腫れと皮下出血は認めない。」
(あ第20回-133)[東洋医学臨床論]
腓骨頭骨折によるギプス固定後、足関節を背屈することが困難となった患者に対して施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第20回-134)[東洋医学臨床論]
僧帽筋中部線維のこりに対する局所施術部位として最も適切なのはどれか。
(あ第21回-126)[東洋医学臨床論]
足関節の伸展(背屈)と内がえしが困難となる場合、施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第21回-133)[東洋医学臨床論]
運動麻痺による症状と施術対象となる罹患筋との組合せで正しいのはどれか。
(あ第22回-127)[東洋医学臨床論]
先天性筋性斜頸の病態に対して矯正の対象となる罹患筋はどれか。
(あ第22回-130)[東洋医学臨床論]
「22歳の女性。ハードルの陸上選手。右殿部から下肢にかけて放散痛がある。仙骨外側縁から大転子にかけて筋の緊張と圧痛がみられる。」
罹患筋への局所施術を行う場合、対象となるのはどれか。
(あ第22回-138)[東洋医学臨床論]
片麻痺患者における尖足の悪化防止を目的とする施術で、対象となる筋はどれか。
(あ第23回-120)[東洋医学臨床論]
椅子に座らせた患者の大腿四頭筋に筋力増強訓練を徒手で行う場合、抵抗を加える部位として適切なのはどれか。
(あ第23回-133)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例について、局所治療の対象となる筋で最も適切なのはどれか。
「17歳の男子。野球の投手。1か月前よりフォロースルー期に肩後方に鈍痛を自覚するようになった。」
(あ第23回-134)[東洋医学臨床論]
「52歳の男性。主訴は慢性腰痛。腹臥位で腰部の触察をしたところ、脊柱起立筋の過緊張とともにその外側にある深部の筋に、こりと圧痛を認めた。また、圧痛部に指を当てたままで骨盤部を肩に向けて引き上げさせると筋収縮が確認できた。」
脊柱起立筋の外側で、こりと圧痛を呈したのはどれか。
(あ第23回-135)[東洋医学臨床論]
「52歳の男性。主訴は慢性腰痛。腹臥位で腰部の触察をしたところ、脊柱起立筋の過緊張とともにその外側にある深部の筋に、こりと圧痛を認めた。また、圧痛部に指を当てたままで骨盤部を肩に向けて引き上げさせると筋収縮が確認できた。」
脊柱起立筋の外側にある深部の筋を選択的に揉捏するのに適切な部位はどれか。
(あ第23回-136)[東洋医学臨床論]
肩関節90度外転位で行う内旋が制限されている場合、考えられる罹患筋はどれか。
(あ第24回-124)[東洋医学臨床論]
「55歳の男性。右肩関節の運動時に上腕部に痛みが出現する。自発痛はなく、結節間溝部に圧痛を認める。関節拘縮は認められない。」
施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第25回-134)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害と局所施術の対象となる筋の組合せで正しいのはどれか。
(あ第26回-126)[東洋医学臨床論]
トレンデレンブルグ歩行の患者に対し、施術する罹患筋の起始と停止の組合せで正しいのはどれか。
(あ第26回-132)[東洋医学臨床論]
肩関節を90度外転位で内旋動作をすると可動域制限とともに肩関節後面に牽引痛がみられる。罹患筋として最も適切なのはどれか。
(あ第27回-126)[東洋医学臨床論]
オスグッド病の進行抑制を目的としてストレッチを行う場合、最も適切なのはどれか。
(あ第27回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対して筋力の回復を図るのに最も適切なのはどれか。
「70歳の女性。最近、歩行時に平坦な場所でもつま先が引っかかるようになった。室内でスリッパを履いていると脱げそうになり、階段を降りる時には怖くなる。」
(あ第28回-132)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害と局所施術の対象となる筋との組合せで正しいのはどれか。
(あ第28回-134)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例の罹患筋に対して施術する場合、最も適切な筋はどれか。
「17歳の男子。サッカーの練習後に右膝が痛くなり、最近はランニング中やボールを蹴るときにも痛みを感じる。あぐらをかこうとすると右陰陵泉のやや上方に痛みが出る。」
(あ第29回-113)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例で、肩甲骨の位置異常改善を目的に施術する場合、最も適切な筋はどれか。
「68歳の男性。パーキンソン病と診断されている。姿勢は前かがみになり、肩甲骨の外転・下制がみられる。」
(あ第29回-114)[東洋医学臨床論]
次の文で示すストレッチングで伸張される筋として最も適切なのはどれか。
「患者は背臥位で、右側の股関節・膝関節を屈曲位とする。その肢位から施術者は、患者の骨盤が後傾しないように固定しながら、右膝を反対側の胸に近づけた。」
(あ第29回-125)[東洋医学臨床論]
「40歳の男性。主訴は腰痛。第3腰椎の高さで脊柱起立筋のすぐ外側にある深部の筋に、圧痛と硬結を触知した。圧痛部を押すと腰椎を側屈させるような筋収縮が認められた。」
圧痛と硬結を触知した筋はどれか。
(あ第29回-139)[東洋医学臨床論]
「57歳の男性。主訴は左上肢のしびれ。左前腕橈側から母指にかけてのしびれが続いている。」
障害高位に一致して、筋力低下がみられる可能性が最も高いのはどれか。
(あ第29回-144)[東洋医学臨床論]
筋肉の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}


神経-筋肉の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

尺骨神経麻痺に対する施術で対象となる麻痺筋はどれか。
(あ第6回-132)[東洋医学臨床論]
深腓骨神経麻痺に対し、筋力強化運動を行う場合、正しいのはどれか。
(あ第8回-135)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺の罹患筋への局所施術で対象とならないのはどれか。
(あ第10回-128)[東洋医学臨床論]
下垂足に対し、罹患筋への局所施術で対象となるのはどれか。
(あ第10回-133)[東洋医学臨床論]
脛骨神経麻痺の治療で麻痺筋への施術部位として適切なのはどれか。
(あ第12回-134)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺について、低周波電気療法で治療対象とならないのはどれか。
(あ第14回-137)[東洋医学臨床論]
橈骨神経の障害で施術対象となる筋はどれか。
(あ第15回-125)[東洋医学臨床論]
次の文で示す末梢神経麻痺に対し、施術対象となる罹患筋はどれか。
「足関節の底屈(屈曲)ができず、階段昇降が困難である。」
(あ第17回-121)[東洋医学臨床論]
尺骨神経麻痺で施術の対象となる麻痺筋はどれか。
(あ第19回-126)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺の施術で対象とならない筋はどれか。
(あ第21回-125)[東洋医学臨床論]
脳血管障害で顔面神経麻痺となった患者の罹患筋に施術する場合、対象となる筋として最も適切なのはどれか。
(あ第28回-128)[東洋医学臨床論]
尺骨神経麻痺で施術の対象となる麻痺筋はどれか。
(あ第28回-129)[東洋医学臨床論]
下垂手を生じた患者の絞扼部位に対する施術を行う場合、最も適切な筋はどれか。
(あ第29回-116)[東洋医学臨床論]
大後頭神経痛の絞扼部位に対する施術を行う場合、最も適切な筋はどれか。
(あ第29回-117)[東洋医学臨床論]
神経-筋肉の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}


神経の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

次の文で示す患者の神経麻痺と治療との組合せで正しいのはどれか。
「突然、左側の額にしわをよせることや目を閉じることができなくなり、口笛も吹けなくなった。」
(あ第2回-135)[東洋医学臨床論]
次の文で示す麻痺症状に対して治療対象となる神経はどれか。
「手関節や中手指節関節の伸展運動ができない。」
(あ第3回-142)[東洋医学臨床論]
三叉神経第1枝痛に対する母指圧迫を行う部位で適切なのはどれか。
(あ第4回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症状に対して治療対象となる神経はどれか。
「手の第1指から第4指のしびれと母指球筋の萎縮とがあり、母指と小指との対立運動ができない。」
(あ第4回-141)[東洋医学臨床論]
根性坐骨神経痛の治療法として適切でないのはどれか。
(あ第4回-144)[東洋医学臨床論]
尺骨神経痛の施術部位と手技との組合せで適切なのはどれか。
(あ第5回-141)[東洋医学臨床論]
梨状筋症候群の絞扼部位に対する施術部はどれか。
(あ第5回-143)[東洋医学臨床論]
坐骨神経痛の治療点で正しいのはどれか。
(あ第5回-144)[東洋医学臨床論]
三叉神経第2枝痛の治療点で適切なのはどれか。
(あ第6回-127)[東洋医学臨床論]
特発性肋間神経痛に対する施術で適切でない記述はどれか。
(あ第6回-129)[東洋医学臨床論]
橈骨神経痛に対する圧迫法の施術部位として適切なのはどれか。
(あ第7回-131)[東洋医学臨床論]
椎間板ヘルニアによる根性坐骨神経痛の治療で適切でないのはどれか。
(あ第8回-130)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症状に対し、治療対象とする神経はどれか。
「手の母指の内転と示指、中指、環指、小指の内転、外転運動が障害され、手背部の骨間がくぼむ。」
(あ第8回-131)[東洋医学臨床論]
三叉神経第1枝痛に対する圧迫法で適切な部位はどれか。
(あ第8回-133)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、罹患部への局所治療として適切な施術部位はどれか。
「55歳の男性。針で刺されるような激痛が突然下顎部に出現した。顔面部に知覚異常はない。」
(あ第9回-125)[東洋医学臨床論]
末梢神経麻痺による症状と罹患局所への施術部位との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第9回-130)[東洋医学臨床論]
三叉神経第3枝痛に対し、罹患局所への施術部位として適切なのはどれか。
(あ第10回-127)[東洋医学臨床論]
三叉神経第1枝痛に対し、罹患神経への局所施術部位として適切なのはどれか。
(あ第11回-125)[東洋医学臨床論]
手根管症候群の罹患局所への施術部位で適切なのはどれか。
(あ第11回-132)[東洋医学臨床論]
三叉神経第2枝痛に対し、罹患神経への局所施術部位で適切なのはどれか。
(あ第12回-133)[東洋医学臨床論]
三叉神経第3枝痛に対し、指頭圧迫法を行う適切な部位はどれか。
(あ第13回-130)[東洋医学臨床論]
橈骨神経麻痺による障害部位への施術で適切なのはどれか。
(あ第14回-125)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺について、中枢性と末梢性を鑑別する方法はどれか。
(あ第14回-136)[東洋医学臨床論]
「48歳の女性。突然、右側の前頭部から頬部にかけてピリピリとした激しい痛みが走った。明らかな原因はない。食事や洗顔で痛みが誘発される。」
罹患神経はどれか。
(あ第14回-138)[東洋医学臨床論]
「48歳の女性。突然、右側の前頭部から頬部にかけてピリピリとした激しい痛みが走った。明らかな原因はない。食事や洗顔で痛みが誘発される。」
障害されている神経の役割で誤っているのはどれか。
(あ第14回-139)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者について、罹患局所への施術部位として適切なのはどれか。
「20歳の女性。殿部から下腿後側にかけて放散痛がある。股関節・膝関節屈曲位で他動的に股関節を内転・内旋すると症状が出現する。」
(あ第15回-130)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺の運動法として適切でないのはどれか。
(あ第16回-122)[東洋医学臨床論]
「43歳の女性。3週間前から母指、示指、中指に痛み・しびれが発症し、最近は母指が動かしにくい。仕事は手作業。」
治療対象となる罹患神経はどれか。
(あ第17回-140)[東洋医学臨床論]
「40歳の女性。右の示指、中指に痛みがあり、母指球に軽度の筋萎縮がみられる。」
罹患神経として最も考えられるのはどれか。
(あ第18回-135)[東洋医学臨床論]
三叉神経第2枝痛に対し、母指圧迫を行う局所施術部位はどれか。
(あ第19回-123)[東洋医学臨床論]
猿手を呈する患者に対して前腕部の麻痺筋にマッサージ施術を行う場合、最も適切な部位はどれか。
(あ第20回-128)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の施術で治療対象となるのはどれか。
「45歳の女性。朝、起床時に左口角が下がり閉眼ができないことに気づく。口をすすぐときに水がこぼれる。」
(あ第22回-124)[東洋医学臨床論]
EDの治療で脊髄性の体性-自律神経反射に基づく施術部位として最も適切なのはどれか。
(あ第22回-132)[東洋医学臨床論]
EDに対する支配神経を考慮した施術部位で最も適切なのはどれか。
(あ第24回-117)[東洋医学臨床論]
「58歳の男性。子どものときに左肘を骨折した。最近、小指にしびれを感じるようになった。上腕骨内側上顆と肘頭の間を押すと放散痛がみられる。」
本症例の罹患神経が重度に障害された場合に呈する症状はどれか。
(あ第27回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例の障害神経として最も適切なのはどれか。「23歳の男性。空手の練習中に下腿前面を強打した後、強い腫脹と疼痛が起こった。第1足趾と第2足趾の背側の知覚障害が現れ、足関節の背屈ができなくなった。」
(あ第29回-127)[東洋医学臨床論]
神経の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}


治療体操の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

肩こりについて誤っているのはどれか。
(あ第1回-136)[東洋医学臨床論]
コッドマン体操が適しているのはどれか。
(あ第1回-138)[東洋医学臨床論]
肩関節周囲炎の治療法と目的との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第3回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する初期対応で適切なのはどれか。
「40歳の女性。今朝、布団を押入れにしまおうとして、突然激しい腰痛を発症した。腰を伸ばすことができない。」
(あ第5回-145)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する治療で適切でないのはどれか。
「60歳の男性。主訴は腰痛。腰は重だるく起床時に痛むが、運動とともに改善する。」
(あ第6回-133)[東洋医学臨床論]
コッドマン体操について誤っているのはどれか。
(あ第7回-128)[東洋医学臨床論]
胸郭出口症候群の患者への対応で誤っているのはどれか。
(あ第7回-129)[東洋医学臨床論]
コッドマン体操の目的として正しいのはどれか。
(あ第11回-131)[東洋医学臨床論]
梨状筋症候群の病態に対する治療法で適切なのはどれか。
(あ第11回-134)[東洋医学臨床論]
眼精疲労の施術として誤っているのはどれか。
(あ第13回-127)[東洋医学臨床論]
高齢者の慢性腰痛に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第13回-138)[東洋医学臨床論]
拘縮期の五十肩に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第17回-125)[東洋医学臨床論]
腰痛に対する体操法はどれか。
(あ第19回-128)[東洋医学臨床論]
疾患と治療体操との組合せで正しいのはどれか。
(あ第21回-134)[東洋医学臨床論]
「65歳の女性。茶道教室講師。軽度の肥満。3年前から左膝の痛みを自覚。特に、長時間の正座や階段の昇降時に痛む。熱感、腫脹はない。マクマレーテスト陰性。左内側広筋の萎縮がみられる。」
膝関節支持筋の強化法として最も適切なのはどれか。
(あ第22回-136)[東洋医学臨床論]
治療体操の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}


物理療法の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

40歳の男性。朝、顔を洗った後に左の下眼瞼から上唇にかけて数分間激しく痛み、発作は夕方までに数回あった。神経経路上に圧痛点がある。治療として正しいのはどれか。
(あ第1回-146)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の神経麻痺と治療との組合せで正しいのはどれか。
「突然、左側の額にしわをよせることや目を閉じることができなくなり、口笛も吹けなくなった。」
(あ第2回-135)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への施術で誤っているのはどれか。
「41歳の男性。2年前に交通事故に遭い、上肢外側部に痛みとしびれとが持続している。」
(あ第2回-141)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への治療で誤っているのはどれか。
「23歳のテニス選手。最近、ボールを打つ時に肘の外側が痛む。」
(あ第2回-143)[東洋医学臨床論]
「54歳の女性。最近、高い所にある物を取ったり、髪をとかしたり、エプロンのひもを結んだりする時に肩関節部が痛む。」
この患者への治療で正しい記述はどれか。
(あ第2回-150)[東洋医学臨床論]
肩関節周囲炎の治療法と目的との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第3回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応として適切でないのはどれか。
「55歳の男性。職業は引っ越し業。10年前から腰痛があり、夕方になると増強する。」
(あ第3回-139)[東洋医学臨床論]
緊張性頭痛に対する治療として適切でないのはどれか。
(あ第3回-140)[東洋医学臨床論]
慢性胃炎に対する治療法で適切でないのはどれか。
(あ第3回-145)[東洋医学臨床論]
顔面神経麻痺に対する施術で適切でないのはどれか。
(あ第4回-147)[東洋医学臨床論]
片頭痛の対応で適切でないのはどれか。
(あ第6回-126)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する治療で適切でないのはどれか。
「60歳の男性。主訴は腰痛。腰は重だるく起床時に痛むが、運動とともに改善する。」
(あ第6回-133)[東洋医学臨床論]
乳汁分泌不全に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第6回-136)[東洋医学臨床論]
慢性の肩こりに対して併用する治療で適切でないのはどれか。
(あ第7回-127)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応で適切でないのはどれか。
「26歳の女性。胃腸が弱く下痢と便秘を繰り返す。精神的ストレスが加わると症状が悪化する。」
(あ第7回-137)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応で適切でないのはどれか。
「65歳の女性。やせ型。主訴は腰痛。医療機関で骨粗鬆症と診断されている。発症後5年を経過し、ADL上大きな支障はない。」
(あ第7回-140)[東洋医学臨床論]
拘縮期の五十肩に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第8回-129)[東洋医学臨床論]
椎間板ヘルニアによる根性坐骨神経痛の治療で適切でないのはどれか。
(あ第8回-130)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態への対応で誤っている記述はどれか。
「12歳の男児。夜間から明け方にかけてときどき喘鳴を伴う呼吸困難の発作を起こす。風邪を引くと症状が増悪する。」
(あ第9回-133)[東洋医学臨床論]
特発性肋間神経痛の局所治療として適切でないのはどれか。
(あ第9回-137)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態への対応で適切でないのはどれか。
「50歳の男性。約10年前から便秘が続き、4、5日に1回太く長い便が出る。」
(あ第10回-139)[東洋医学臨床論]
間欠跛行のある腰部脊柱管狭窄症の患者への対応で適切でないのはどれか。
(あ第11回-133)[東洋医学臨床論]
変形性膝関節症に対する対応で適切でないのはどれか。
(あ第11回-135)[東洋医学臨床論]
骨粗鬆症による腰背部痛の局所治療法で適切でないのはどれか。
(あ第11回-136)[東洋医学臨床論]
のぼせに対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第11回-137)[東洋医学臨床論]
「55歳の男性。建設作業員。4か月程前から上肢の動作時に肩関節部が痛む。最近、可動範囲が狭くなり、洗髪動作が困難となった。自発痛はなく上肢への放散痛もない。」
罹患局所への治療法で適切でないのはどれか。
(あ第11回-140)[東洋医学臨床論]
「60歳の女性。2年程前から歩行時に左膝内側部が痛むようになり、最近は正座もつらい。熱感、腫脹はない。マクマレーテスト陰性。内反・外反ストレステスト陰性。」
局所への治療法で適切でないのはどれか。
(あ第12回-140)[東洋医学臨床論]
片頭痛発作時の局所施術で適切なのはどれか。
(あ第13回-126)[東洋医学臨床論]
高齢者の慢性腰痛に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第13回-138)[東洋医学臨床論]
「35歳の男性。1か月前に自動車事故で受傷した。頸部を後屈すると上肢の疼痛・しびれが強くなる。上腕二頭筋反射減弱。」
頸部への治療で適切でないのはどれか。
(あ第13回-140)[東洋医学臨床論]
腓骨神経麻痺の治療方針と治療法との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第14回-131)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺について、低周波電気療法で治療対象とならないのはどれか。
(あ第14回-137)[東洋医学臨床論]
関節リウマチの頸部痛の治療で用いてはならないのはどれか。
(あ第15回-127)[東洋医学臨床論]
拘縮期の五十肩に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第17回-125)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対する治療で適切でないのはどれか。
「60歳の女性。数年前から膝が痛む。膝の熱感・腫脹はない。」
(あ第17回-126)[東洋医学臨床論]
「65歳の女性。半年前から左膝の内側に歩行時痛が出現。痛みのため階段昇降がつらくなり、O脚も目立つようになった。膝蓋骨底上方5cmの大腿周径は右35cm、左33cm。膝蓋骨圧迫テスト、膝蓋跳動はともに陰性。」
本症例の膝関節の深部組織を加温する目的で使用するのはどれか。
(あ第23回-140)[東洋医学臨床論]
パラフィン浴が適応となる疾患で最も適切なのはどれか。
(あ第24回-113)[東洋医学臨床論]
パラフィン浴を実施する際の最適温度はどれか。
(あ第24回-114)[東洋医学臨床論]
「38歳の女性。3年前に関節リウマチを発症。手首と足首の頑固な固定性の痛みと腫れがある。天候が悪化すると症状が増悪することが多い。下腿のむくみを伴う。舌苔は白膩。脈は滑。」
本患者のリハビリテーションで最も適切なのはどれか。
(あ第24回-123)[東洋医学臨床論]
関節リウマチの手指関節痛に対して行う物理療法で、手指関節全体を均等に温めるのに最も適切なのはどれか。
(あ第25回-131)[東洋医学臨床論]
「56歳の男性。主訴は右片麻痺。麻痺側の上肢を動かそうとすると肩・肘の同時屈曲がみられる。」
右上肢の痙性抑制を目的として痙性筋への自原抑制による治療を行う場合、最も適切なのはどれか。
(あ第25回-138)[東洋医学臨床論]
骨折の治癒促進を目的に行う物理療法で、ゲルを塗布し治療導子を患部に密着させながら、ゆっくり移動する治療法はどれか。
(あ第26回-120)[東洋医学臨床論]
腓腹筋けいれんがみられる患者に対する施術で、症状を再現するおそれが最も高いのはどれか。
(あ第26回-130)[東洋医学臨床論]
「18歳の女性。バスケット選手。主訴は膝痛。膝蓋骨下端に限局した圧痛、自発痛、運動痛がみられる。」
本症例に対する対応で適切でないのはどれか。
(あ第27回-140)[東洋医学臨床論]
物理療法の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}