治療体操の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

肩こりについて誤っているのはどれか。
(あ第1回-136)[東洋医学臨床論]
コッドマン体操が適しているのはどれか。
(あ第1回-138)[東洋医学臨床論]
肩関節周囲炎の治療法と目的との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第3回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する初期対応で適切なのはどれか。
「40歳の女性。今朝、布団を押入れにしまおうとして、突然激しい腰痛を発症した。腰を伸ばすことができない。」
(あ第5回-145)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する治療で適切でないのはどれか。
「60歳の男性。主訴は腰痛。腰は重だるく起床時に痛むが、運動とともに改善する。」
(あ第6回-133)[東洋医学臨床論]
コッドマン体操について誤っているのはどれか。
(あ第7回-128)[東洋医学臨床論]
胸郭出口症候群の患者への対応で誤っているのはどれか。
(あ第7回-129)[東洋医学臨床論]
コッドマン体操の目的として正しいのはどれか。
(あ第11回-131)[東洋医学臨床論]
梨状筋症候群の病態に対する治療法で適切なのはどれか。
(あ第11回-134)[東洋医学臨床論]
眼精疲労の施術として誤っているのはどれか。
(あ第13回-127)[東洋医学臨床論]
高齢者の慢性腰痛に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第13回-138)[東洋医学臨床論]
拘縮期の五十肩に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第17回-125)[東洋医学臨床論]
腰痛に対する体操法はどれか。
(あ第19回-128)[東洋医学臨床論]
疾患と治療体操との組合せで正しいのはどれか。
(あ第21回-134)[東洋医学臨床論]
「65歳の女性。茶道教室講師。軽度の肥満。3年前から左膝の痛みを自覚。特に、長時間の正座や階段の昇降時に痛む。熱感、腫脹はない。マクマレーテスト陰性。左内側広筋の萎縮がみられる。」
膝関節支持筋の強化法として最も適切なのはどれか。
(あ第22回-136)[東洋医学臨床論]
治療体操の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)