要穴の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

次の文で示す病証に対し、施術対象となる臓腑の募穴で適切なのはどれか。
「食欲がなく、胃の膨満感や上腹部痛がある。医師から慢性胃炎と診断された。」
(あ第12回-127)[東洋医学臨床論]
大腸の腑の病による便秘に対して用いる募穴はどれか。
(あ第17回-130)[東洋医学臨床論]
頻尿に対する治療穴として適切な募穴はどれか。
(あ第18回-131)[東洋医学臨床論]
小腸の病で施術対象となる下合穴はどれか。
(あ第23回-114)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療で、原穴の組合せとして最も適切なのはどれか。
「68歳の男性。主訴は立ちくらみ。最近しゃがんだ状態から急に立ち上がった際に気を失いそうになった。細身で食が細く、軟便になりやすい。また腰痛、難聴、手足のだるさと冷えを自覚している。舌質は淡胖。脈は沈細。」
(あ第24回-120)[東洋医学臨床論]
五労とその影響を受けやすい臓の募穴との組合せで正しいのはどれか。
(あ第24回-133)[東洋医学臨床論]
肺の五要穴のうち、表裏する経を同時に治療する作用がある経穴部位はどれか。
(あ第25回-102)[経絡経穴概論]
次の文で示す患者の病証で治療対象とする臓腑に対応する募穴はどれか。
「32歳の女性。主訴は頭重。症状の程度は軽く慢性的である。月経は遅れ気味で、始まると頭重が憎悪する。下痢しやすいせいか普段から倦怠感があり、痰が多く、顔色が悪い。舌質は淡、脈は弱。」
(あ第25回-115)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対して原穴に施術する際の正しい部位はどれか。
「64歳の男性。主訴は聴力低下。半年前から徐々に右耳が聞こえにくくなり、回復しないままである。白髪が増え、腰や膝に力が入らない症状も伴う。」
(あ第25回-116)[東洋医学臨床論]
う歯による下歯痛を訴える患者に対し、鎮痛を目的として循経取穴により原穴に施術する際の正しい部位はどれか。
(あ第25回-117)[東洋医学臨床論]
要穴の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す