神経-筋肉の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

尺骨神経麻痺に対する施術で対象となる麻痺筋はどれか。
(あ第6回-132)[東洋医学臨床論]
深腓骨神経麻痺に対し、筋力強化運動を行う場合、正しいのはどれか。
(あ第8回-135)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺の罹患筋への局所施術で対象とならないのはどれか。
(あ第10回-128)[東洋医学臨床論]
下垂足に対し、罹患筋への局所施術で対象となるのはどれか。
(あ第10回-133)[東洋医学臨床論]
脛骨神経麻痺の治療で麻痺筋への施術部位として適切なのはどれか。
(あ第12回-134)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺について、低周波電気療法で治療対象とならないのはどれか。
(あ第14回-137)[東洋医学臨床論]
橈骨神経の障害で施術対象となる筋はどれか。
(あ第15回-125)[東洋医学臨床論]
次の文で示す末梢神経麻痺に対し、施術対象となる罹患筋はどれか。
「足関節の底屈(屈曲)ができず、階段昇降が困難である。」
(あ第17回-121)[東洋医学臨床論]
尺骨神経麻痺で施術の対象となる麻痺筋はどれか。
(あ第19回-126)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺の施術で対象とならない筋はどれか。
(あ第21回-125)[東洋医学臨床論]
脳血管障害で顔面神経麻痺となった患者の罹患筋に施術する場合、対象となる筋として最も適切なのはどれか。
(あ第28回-128)[東洋医学臨床論]
尺骨神経麻痺で施術の対象となる麻痺筋はどれか。
(あ第28回-129)[東洋医学臨床論]
下垂手を生じた患者の絞扼部位に対する施術を行う場合、最も適切な筋はどれか。
(あ第29回-116)[東洋医学臨床論]
大後頭神経痛の絞扼部位に対する施術を行う場合、最も適切な筋はどれか。
(あ第29回-117)[東洋医学臨床論]
神経-筋肉の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)