物理療法の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

40歳の男性。朝、顔を洗った後に左の下眼瞼から上唇にかけて数分間激しく痛み、発作は夕方までに数回あった。神経経路上に圧痛点がある。治療として正しいのはどれか。
(あ第1回-146)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の神経麻痺と治療との組合せで正しいのはどれか。
「突然、左側の額にしわをよせることや目を閉じることができなくなり、口笛も吹けなくなった。」
(あ第2回-135)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への施術で誤っているのはどれか。
「41歳の男性。2年前に交通事故に遭い、上肢外側部に痛みとしびれとが持続している。」
(あ第2回-141)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への治療で誤っているのはどれか。
「23歳のテニス選手。最近、ボールを打つ時に肘の外側が痛む。」
(あ第2回-143)[東洋医学臨床論]
「54歳の女性。最近、高い所にある物を取ったり、髪をとかしたり、エプロンのひもを結んだりする時に肩関節部が痛む。」
この患者への治療で正しい記述はどれか。
(あ第2回-150)[東洋医学臨床論]
肩関節周囲炎の治療法と目的との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第3回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応として適切でないのはどれか。
「55歳の男性。職業は引っ越し業。10年前から腰痛があり、夕方になると増強する。」
(あ第3回-139)[東洋医学臨床論]
緊張性頭痛に対する治療として適切でないのはどれか。
(あ第3回-140)[東洋医学臨床論]
慢性胃炎に対する治療法で適切でないのはどれか。
(あ第3回-145)[東洋医学臨床論]
顔面神経麻痺に対する施術で適切でないのはどれか。
(あ第4回-147)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する治療で適切でないのはどれか。
「60歳の男性。主訴は腰痛。腰は重だるく起床時に痛むが、運動とともに改善する。」
(あ第6回-133)[東洋医学臨床論]
乳汁分泌不全に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第6回-136)[東洋医学臨床論]
慢性の肩こりに対して併用する治療で適切でないのはどれか。
(あ第7回-127)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応で適切でないのはどれか。
「26歳の女性。胃腸が弱く下痢と便秘を繰り返す。精神的ストレスが加わると症状が悪化する。」
(あ第7回-137)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応で適切でないのはどれか。
「65歳の女性。やせ型。主訴は腰痛。医療機関で骨粗鬆症と診断されている。発症後5年を経過し、ADL上大きな支障はない。」
(あ第7回-140)[東洋医学臨床論]
拘縮期の五十肩に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第8回-129)[東洋医学臨床論]
椎間板ヘルニアによる根性坐骨神経痛の治療で適切でないのはどれか。
(あ第8回-130)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態への対応で誤っている記述はどれか。
「12歳の男児。夜間から明け方にかけてときどき喘鳴を伴う呼吸困難の発作を起こす。風邪を引くと症状が増悪する。」
(あ第9回-133)[東洋医学臨床論]
特発性肋間神経痛の局所治療として適切でないのはどれか。
(あ第9回-137)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態への対応で適切でないのはどれか。
「50歳の男性。約10年前から便秘が続き、4、5日に1回太く長い便が出る。」
(あ第10回-139)[東洋医学臨床論]
間欠跛行のある腰部脊柱管狭窄症の患者への対応で適切でないのはどれか。
(あ第11回-133)[東洋医学臨床論]
変形性膝関節症に対する対応で適切でないのはどれか。
(あ第11回-135)[東洋医学臨床論]
骨粗鬆症による腰背部痛の局所治療法で適切でないのはどれか。
(あ第11回-136)[東洋医学臨床論]
のぼせに対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第11回-137)[東洋医学臨床論]
「55歳の男性。建設作業員。4か月程前から上肢の動作時に肩関節部が痛む。最近、可動範囲が狭くなり、洗髪動作が困難となった。自発痛はなく上肢への放散痛もない。」
罹患局所への治療法で適切でないのはどれか。
(あ第11回-140)[東洋医学臨床論]
「60歳の女性。2年程前から歩行時に左膝内側部が痛むようになり、最近は正座もつらい。熱感、腫脹はない。マクマレーテスト陰性。内反・外反ストレステスト陰性。」
局所への治療法で適切でないのはどれか。
(あ第12回-140)[東洋医学臨床論]
片頭痛発作時の局所施術で適切なのはどれか。
(あ第13回-126)[東洋医学臨床論]
「35歳の男性。1か月前に自動車事故で受傷した。頸部を後屈すると上肢の疼痛・しびれが強くなる。上腕二頭筋反射減弱。」
頸部への治療で適切でないのはどれか。
(あ第13回-140)[東洋医学臨床論]
腓骨神経麻痺の治療方針と治療法との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第14回-131)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺について、低周波電気療法で治療対象とならないのはどれか。
(あ第14回-137)[東洋医学臨床論]
関節リウマチの頸部痛の治療で用いてはならないのはどれか。
(あ第15回-127)[東洋医学臨床論]
拘縮期の五十肩に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第17回-125)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対する治療で適切でないのはどれか。
「60歳の女性。数年前から膝が痛む。膝の熱感・腫脹はない。」
(あ第17回-126)[東洋医学臨床論]
「65歳の女性。半年前から左膝の内側に歩行時痛が出現。痛みのため階段昇降がつらくなり、O脚も目立つようになった。膝蓋骨底上方5cmの大腿周径は右35cm、左33cm。膝蓋骨圧迫テスト、膝蓋跳動はともに陰性。」
本症例の膝関節の深部組織を加温する目的で使用するのはどれか。
(あ第23回-140)[東洋医学臨床論]
パラフィン浴が適応となる疾患で最も適切なのはどれか。
(あ第24回-113)[東洋医学臨床論]
パラフィン浴を実施する際の最適温度はどれか。
(あ第24回-114)[東洋医学臨床論]
「38歳の女性。3年前に関節リウマチを発症。手首と足首の頑固な固定性の痛みと腫れがある。天候が悪化すると症状が増悪することが多い。下腿のむくみを伴う。舌苔は白膩。脈は滑。」
本患者のリハビリテーションで最も適切なのはどれか。
(あ第24回-123)[東洋医学臨床論]
関節リウマチの手指関節痛に対して行う物理療法で、手指関節全体を均等に温めるのに最も適切なのはどれか。
(あ第25回-131)[東洋医学臨床論]
「56歳の男性。主訴は右片麻痺。麻痺側の上肢を動かそうとすると肩・肘の同時屈曲がみられる。」
右上肢の痙性抑制を目的として痙性筋への自原抑制による治療を行う場合、最も適切なのはどれか。
(あ第25回-138)[東洋医学臨床論]
骨折の治癒促進を目的に行う物理療法で、ゲルを塗布し治療導子を患部に密着させながら、ゆっくり移動する治療法はどれか。
(あ第26回-120)[東洋医学臨床論]
腓腹筋けいれんがみられる患者に対する施術で、症状を再現するおそれが最も高いのはどれか。
(あ第26回-130)[東洋医学臨床論]
「18歳の女性。バスケット選手。主訴は膝痛。膝蓋骨下端に限局した圧痛、自発痛、運動痛がみられる。」
本症例に対する対応で適切でないのはどれか。
(あ第27回-140)[東洋医学臨床論]
物理療法の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)