神経の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

次の文で示す患者の神経麻痺と治療との組合せで正しいのはどれか。
「突然、左側の額にしわをよせることや目を閉じることができなくなり、口笛も吹けなくなった。」
(あ第2回-135)[東洋医学臨床論]
次の文で示す麻痺症状に対して治療対象となる神経はどれか。
「手関節や中手指節関節の伸展運動ができない。」
(あ第3回-142)[東洋医学臨床論]
三叉神経第1枝痛に対する母指圧迫を行う部位で適切なのはどれか。
(あ第4回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症状に対して治療対象となる神経はどれか。
「手の第1指から第4指のしびれと母指球筋の萎縮とがあり、母指と小指との対立運動ができない。」
(あ第4回-141)[東洋医学臨床論]
根性坐骨神経痛の治療法として適切でないのはどれか。
(あ第4回-144)[東洋医学臨床論]
尺骨神経痛の施術部位と手技との組合せで適切なのはどれか。
(あ第5回-141)[東洋医学臨床論]
梨状筋症候群の絞扼部位に対する施術部はどれか。
(あ第5回-143)[東洋医学臨床論]
坐骨神経痛の治療点で正しいのはどれか。
(あ第5回-144)[東洋医学臨床論]
三叉神経第2枝痛の治療点で適切なのはどれか。
(あ第6回-127)[東洋医学臨床論]
特発性肋間神経痛に対する施術で適切でない記述はどれか。
(あ第6回-129)[東洋医学臨床論]
橈骨神経痛に対する圧迫法の施術部位として適切なのはどれか。
(あ第7回-131)[東洋医学臨床論]
椎間板ヘルニアによる根性坐骨神経痛の治療で適切でないのはどれか。
(あ第8回-130)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症状に対し、治療対象とする神経はどれか。
「手の母指の内転と示指、中指、環指、小指の内転、外転運動が障害され、手背部の骨間がくぼむ。」
(あ第8回-131)[東洋医学臨床論]
三叉神経第1枝痛に対する圧迫法で適切な部位はどれか。
(あ第8回-133)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、罹患部への局所治療として適切な施術部位はどれか。
「55歳の男性。針で刺されるような激痛が突然下顎部に出現した。顔面部に知覚異常はない。」
(あ第9回-125)[東洋医学臨床論]
末梢神経麻痺による症状と罹患局所への施術部位との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第9回-130)[東洋医学臨床論]
三叉神経第3枝痛に対し、罹患局所への施術部位として適切なのはどれか。
(あ第10回-127)[東洋医学臨床論]
三叉神経第1枝痛に対し、罹患神経への局所施術部位として適切なのはどれか。
(あ第11回-125)[東洋医学臨床論]
手根管症候群の罹患局所への施術部位で適切なのはどれか。
(あ第11回-132)[東洋医学臨床論]
三叉神経第2枝痛に対し、罹患神経への局所施術部位で適切なのはどれか。
(あ第12回-133)[東洋医学臨床論]
三叉神経第3枝痛に対し、指頭圧迫法を行う適切な部位はどれか。
(あ第13回-130)[東洋医学臨床論]
橈骨神経麻痺による障害部位への施術で適切なのはどれか。
(あ第14回-125)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺について、中枢性と末梢性を鑑別する方法はどれか。
(あ第14回-136)[東洋医学臨床論]
「48歳の女性。突然、右側の前頭部から頬部にかけてピリピリとした激しい痛みが走った。明らかな原因はない。食事や洗顔で痛みが誘発される。」
罹患神経はどれか。
(あ第14回-138)[東洋医学臨床論]
「48歳の女性。突然、右側の前頭部から頬部にかけてピリピリとした激しい痛みが走った。明らかな原因はない。食事や洗顔で痛みが誘発される。」
障害されている神経の役割で誤っているのはどれか。
(あ第14回-139)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺の運動法として適切でないのはどれか。
(あ第16回-122)[東洋医学臨床論]
「43歳の女性。3週間前から母指、示指、中指に痛み・しびれが発症し、最近は母指が動かしにくい。仕事は手作業。」
治療対象となる罹患神経はどれか。
(あ第17回-140)[東洋医学臨床論]
「40歳の女性。右の示指、中指に痛みがあり、母指球に軽度の筋萎縮がみられる。」
罹患神経として最も考えられるのはどれか。
(あ第18回-135)[東洋医学臨床論]
三叉神経第2枝痛に対し、母指圧迫を行う局所施術部位はどれか。
(あ第19回-123)[東洋医学臨床論]
猿手を呈する患者に対して前腕部の麻痺筋にマッサージ施術を行う場合、最も適切な部位はどれか。
(あ第20回-128)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の施術で治療対象となるのはどれか。
「45歳の女性。朝、起床時に左口角が下がり閉眼ができないことに気づく。口をすすぐときに水がこぼれる。」
(あ第22回-124)[東洋医学臨床論]
EDの治療で脊髄性の体性-自律神経反射に基づく施術部位として最も適切なのはどれか。
(あ第22回-132)[東洋医学臨床論]
EDに対する支配神経を考慮した施術部位で最も適切なのはどれか。
(あ第24回-117)[東洋医学臨床論]
「58歳の男性。子どものときに左肘を骨折した。最近、小指にしびれを感じるようになった。上腕骨内側上顆と肘頭の間を押すと放散痛がみられる。」
本症例の罹患神経が重度に障害された場合に呈する症状はどれか。
(あ第27回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例の障害神経として最も適切なのはどれか。「23歳の男性。空手の練習中に下腿前面を強打した後、強い腫脹と疼痛が起こった。第1足趾と第2足趾の背側の知覚障害が現れ、足関節の背屈ができなくなった。」
(あ第29回-127)[東洋医学臨床論]
神経の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)