応急処置の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

スポーツによる足関節捻挫に対する応急処置で誤っているのはどれか。
(あ第2回-147)[東洋医学臨床論]
競技前に行うアキレス腱炎の予防法として適切でないのはどれか。
(あ第3回-149)[東洋医学臨床論]
スポーツ外傷の救急処置で適切でないのはどれか。
(あ第4回-150)[東洋医学臨床論]
試合後のジャンパー膝の選手に対する処置で適切でないのはどれか。
(あ第6回-139)[東洋医学臨床論]
足関節捻挫の応急処置として適切でないのはどれか。
(あ第7回-139)[東洋医学臨床論]
ジャンパー膝の予防として適切でないのはどれか。
(あ第9回-138)[東洋医学臨床論]
突き指の応急処置で適切でないのはどれか。
(あ第12回-128)[東洋医学臨床論]
足関節捻挫の局所への応急処置として適切でないのはどれか。
(あ第15回-134)[東洋医学臨床論]
「21歳の男性。サッカーの試合で転倒した際に左足首を内側にひねった。足首に疼痛と腫脹がある。」
患部に対する応急処置として適切でないのはどれか。
(あ第16回-137)[東洋医学臨床論]
下腿後面の肉離れが考えられる患者の応急処置として適切でないのはどれか。
(あ第18回-127)[東洋医学臨床論]
「32歳の男性。バレーボールの試合で相手のスパイクをブロックしようとジャンプして着地した際に左ふくらはぎに痛みを感じた。試合後、ふくらはぎが腫れて、足関節を背屈すると疼痛が誘発される。」
患部への応急手当として適切なのはどれか。
(あ第19回-137)[東洋医学臨床論]
肉離れの再発予防を目的に行う競技前の施術で適切でないのはどれか。
(あ第20回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例の患側への対応で適切なのはどれか。
「31歳の男性。ランニング中に膝の外側に痛みを生じ徐々に増悪した。現在、痛みは特に大腿骨外側上顆付近で強い。」
(あ第24回-132)[東洋医学臨床論]
「18歳の女性。バスケット選手。主訴は膝痛。膝蓋骨下端に限局した圧痛、自発痛、運動痛がみられる。」
本症例に対する対応で適切でないのはどれか。
(あ第27回-140)[東洋医学臨床論]
応急処置の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)