歯痛の過去問題[臨《症》](鍼灸編)

上歯痛に対する循経取穴で正しいのはどれか。
(はき第3回-136)[東洋医学臨床論]
下顎歯の痛みを軽減する目的で、循経取穴をする場合に適切な経穴はどれか。
(はき第6回-127)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対して循経取穴をする場合、適切な経穴はどれか。
「53歳の女性。電撃性の疼痛が発作的に右下歯、下顎部にかけて走るようになった。」
(はき第10回-125)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、補法を行う経穴はどれか。
「65歳の女性。奥歯が浮いたような感じで鈍痛がある。症状は夜間に強くなる。歯肉の発赤は軽度。耳鳴りを伴う。」
(はき第16回-123)[東洋医学臨床論]
下の歯の痛みの軽減を目的として循経取穴をする場合、適切な経穴はどれか。
(はき第18回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療穴で最も適切なのはどれか。
「65歳の男性。1週間前に食べ過ぎて胃のもたれ感の後、右上の奥の歯茎が腫れて痛むようになってきた。腹診では上腹部に緊張と熱感がみられ、右関上の脈は滑数。舌質はやや紅、中央に黄厚膩苔。」
(はき第26回-116)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療穴として、経脈の異常に基づく選穴で最も適切なのはどれか。
「60歳の男性。主訴は右上の歯茎の痛み。長期間ストレスが続き、3日前から胸焼けとともに歯茎が腫れて軽く噛み合わせても痛む。脈は右関上が浮滑。」
(はき第27回-120)[東洋医学臨床論]
歯痛の過去問題[臨《症》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す