眼の過去問題[総](鍼灸編)

眼球運動に関与しない神経はどれか。
(はき第6回-58)[臨床医学総論]
自律神経症状はどれか。
(はき第6回-60)[臨床医学総論]
両耳性半盲が出現する傷害部位はどれか。
(はき第12回-59)[臨床医学総論]
失明する可能性のない疾患はどれか。
(はき第12回-60)[臨床医学総論]
ホルネル症候群で誤っているのはどれか。
(はき第17回-54)[臨床医学総論]
眼瞼下垂をきたさないのはどれか。
(はき第21回-55)[臨床医学総論]
肝硬変の所見でないのはどれか。
(はき第25回-53)[臨床医学総論]
視診所見と疾患の組合せで正しいのはどれか。
(はき第26回-53)[臨床医学総論]
疾患と視診所見の組合わせで誤っているのはどれか。
(はき第27回-49)[臨床医学総論]
「70歳の男性。約20年前に2型糖尿病と診断され薬物治療を受けている。最近急に複視が出現した。正中視で右眼は外転位をとっている。対光反射は異常なく眼瞼下垂もない。」
障害されている脳神経はどれか。
(はき第29回-83)[臨床医学総論]<
「70歳の男性。約20年前に2型糖尿病と診断され薬物治療を受けている。最近急に複視が出現した。正中視で右眼は外転位をとっている。対光反射は異常なく眼瞼下垂もない。」
神経症状発現の病態生理として正しいのはどれか。
(はき第29回-84)[臨床医学総論]
眼の過去問題[総](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)