障害の評価[リ](鍼灸編)

運動障害の評価法で正しいのはどれか。
(はき第1回-89)[リハビリテーション医学]
関節運動が重力に抗して全可動域にわたり可能となる最小の筋力はどれか。
(はき第3回-91)[リハビリテーション医学]
弛緩性麻痺の評価で適切でないのはどれか。
(はき第6回-90)[リハビリテーション医学]
日常生活動作として適切でないのはどれか。
(はき第7回-92)[リハビリテーション医学]
関節可動域測定で誤っている記述はどれか。
(はき第8回-92)[リハビリテーション医学]
関節運動で伸展40°が可能な関節はどれか。
(はき第10回-89)[リハビリテーション医学]
廃用症候群に含まれないのはどれか。
(はき第10回-91)[リハビリテーション医学]
改訂長谷川式簡易知能スケールの質問内容で誤っているのはどれか。
(はき第12回-90)[リハビリテーション医学]
母指と示指で輪を作ることが模倣できない患者で疑われるのはどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(はき第12回-93)[リハビリテーション医学]
徒手筋力テストにおいて、重力に逆らうことはできないが、重力がなければ動かせる筋肉のグレードはどれか。
(はき第13回-90)[リハビリテーション医学]
廃用症候群の症候として正しいのはどれか。
(はき第13回-91)[リハビリテーション医学]
大腿四頭筋の徒手筋力テストの際、被検者を側臥位で評価しなければならない筋力はどれか。
(はき第14回-89)[リハビリテーション医学]
ADLに分類されるのはどれか。
(はき第14回-90)[リハビリテーション医学]
次の運動の中で関節可動域の角度が最大なのはどれか。
(はき第15回-85)[リハビリテーション医学]
関節可動域の測定基本肢位について誤っている組合せはどれか。
(はき第16回-86)[リハビリテーション医学]
日常生活動作の評価法の1つであるバーセル・インデックスの評価項目に含まれないのはどれか。
(はき第16回-87)[リハビリテーション医学]
徒手筋力テストで筋の収縮はみられるが、関節運動は起こらないのはどれか。
(はき第17回-84)[リハビリテーション医学]
高次脳機能障害はどれか。
(はき第17回-88)[リハビリテーション医学]
下肢のブルンストロームステージで「共同運動がわずかに出現し、痙性が出始める。」のはどれか。
(はき第18回-89)[リハビリテーション医学]
高次脳機能障害とその症状との組合せで正しいのはどれか。
(はき第19回-86)[リハビリテーション医学]
関節可動域測定法について正しい記述はどれか。
(はき第21回-85)[リハビリテーション医学]
痙縮の評価に用いるのはどれか。
(はき第21回-86)[リハビリテーション医学]
ADL評価のFIMにおいて正しいのはどれか。
(はき第22回-86)[リハビリテーション医学]
中殿筋のMMTについて正しい組合わせはどれか。
(はき第25回-81)[リハビリテーション医学]
サルコペニアで必ず減少するのはどれか。
(はき第26回-87)[リハビリテーション医学]
徒手筋力テストで正しいのはどれか。
(はき第28回-74)[リハビリテーション医学]
障害の評価[リ](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す