第14回はり師・きゅう師国家試験過去問題 (午前)

2006年(平成18年)実施

旧サイトの出題ページへ。

我が国の国民医療費に含まれるのはどれか。
(はき第14回-1)[医療概論]
予後不良状態にある末期患者が示す態度の5段階に含まれないのはどれか。
(はき第14回-2)[医療概論]
運動の効果について誤っているのはどれか。
(はき第14回-3)[衛生学]
光化学スモッグの原因物質はどれか。
(はき第14回-4)[衛生学]
産業衛生領域における管理に含まれないのはどれか。
(はき第14回-5)[衛生学]
性行為感染症でないのはどれか。
(はき第14回-6)[衛生学]
4類感染症はどれか。
(はき第14回-7)[衛生学]
食中毒について正しい組合せはどれか。
(はき第14回-8)[衛生学]
合計特殊出生率について誤っている記述はどれか。
(はき第14回-9)[衛生学]
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律で免許の効力が発生するのはいつか。
(はき第14回-10)[関係法規]
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律で広告できないのはどれか。
(はき第14回-11)[関係法規]
施術室の衛生管理について厚生労働省令で定められている措置はどれか。
(はき第14回-12)[関係法規]
法律で定める対象年齢で誤っている組合せはどれか。
(はき第14回-13)[関係法規]
腋窩の壁を構成する筋について誤っている組合せはどれか。
(はき第14回-14)[解剖学]
球関節はどれか。
(はき第14回-15)[解剖学]
肩甲骨上角に付着するのはどれか。
(はき第14回-16)[解剖学]
鵞足の形成に関与するのはどれか。
(はき第14回-17)[解剖学]
腱が足の上伸筋支帯を通るのはどれか。
(はき第14回-18)[解剖学]
斜角筋隙形成に関与しないのはどれか。
(はき第14回-19)[解剖学]
梨状筋下孔を通らないのはどれか。
(はき第14回-20)[解剖学]
舌の分界溝の前に一列に並ぶのはどれか。
(はき第14回-21)[解剖学]
胃について正しい記述はどれか。
(はき第14回-22)[解剖学]
肺について誤っている記述はどれか。
(はき第14回-23)[解剖学]
尿道について誤っている記述はどれか。
(はき第14回-24)[解剖学]
鼡径管を通らないのはどれか。
(はき第14回-25)[解剖学]
卵管上皮はどれか。
(はき第14回-26)[解剖学]
動脈と分布域との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第14回-27)[解剖学]
錐体路を構成しないのはどれか。
(はき第14回-28)[解剖学]
腋窩神経支配の筋はどれか。
(はき第14回-29)[解剖学]
胸髄で交感神経節前ニューロンの細胞体が存在する部位はどれか。
(はき第14回-30)[解剖学]
視覚器について誤っている記述はどれか。
(はき第14回-31)[解剖学]
平衡斑があるのはどれか。
(はき第14回-32)[解剖学]
RNAを構成する塩基でないのはどれか。
(はき第14回-33)[生理学]
心臓の刺激伝導系について誤っている記述はどれか。
(はき第14回-34)[生理学]
血液凝固に関与するのはどれか。
(はき第14回-35)[生理学]
分時肺胞換気量に関与しないのはどれか。
(はき第14回-36)[生理学]
胆汁について誤っている記述はどれか。
(はき第14回-37)[生理学]
基礎代謝について誤っているのはどれか。
(はき第14回-38)[生理学]
産熱に関与するホルモンはどれか。
(はき第14回-39)[生理学]
排尿反射について誤っている記述はどれか。
(はき第14回-40)[生理学]
下垂体前葉ホルモンによる調節を受けないのはどれか。
(はき第14回-41)[生理学]
大脳皮質連合野の働きでないのはどれか。
(はき第14回-42)[生理学]
抑制性にのみ働く神経伝達物質はどれか。
(はき第14回-43)[生理学]
中枢部位が延髄でないのはどれか。
(はき第14回-44)[生理学]
死後硬直の原因はどれか。
(はき第14回-45)[生理学]
除脳動物でみられない反射はどれか。
(はき第14回-46)[生理学]
感覚と感覚受容器との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第14回-47)[生理学]
染色体核型が45Xとして表現される疾患はどれか。
(はき第14回-48)[病理学]
原因と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第14回-49)[病理学]
ホルモンと機能亢進による疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第14回-50)[病理学]
老化と最も関連の低いのはどれか。
(はき第14回-51)[病理学]
炎症の分類と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第14回-52)[病理学]
悪性腫瘍細胞の特徴として誤っている記述はどれか。
(はき第14回-53)[病理学]
樽状胸をきたすのはどれか。
(はき第14回-54)[臨床医学総論]
関節リウマチでみられないのはどれか。
(はき第14回-55)[臨床医学総論]
痛みを伴わないのはどれか。
(はき第14回-56)[臨床医学総論]
循環器疾患と臨床所見との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第14回-57)[臨床医学各論]
腹膜刺激症状はどれか。
(はき第14回-58)[臨床医学総論]
クールボアジェ徴候がみられるのはどれか。
(はき第14回-59)[臨床医学総論]
皮膚反射でないのはどれか。
(はき第14回-60)[臨床医学総論]
嗄声をきたす脳神経障害はどれか。
(はき第14回-61)[臨床医学総論]
錐体外路徴候はどれか。
(はき第14回-62)[臨床医学総論]
低エネルギーレーザー療法の目的でないのはどれか。
(はき第14回-63)[臨床医学総論]
自己免疫疾患はどれか。
(はき第14回-64)[臨床医学各論]
努力義務とされていない予防接種はどれか。
(はき第14回-65)[臨床医学総論]
食中毒の原因で致死率が最も高いのはどれか。
(はき第14回-66)[臨床医学各論]
疾患と原因との組合せで正しいのはどれか。
(はき第14回-67)[臨床医学各論]
40歳の肥満女性。右季肋部の疝痛と発熱、黄疸が認められた。最も考えられるのはどれか。
(はき第14回-68)[臨床医学各論]
慢性気管支炎について正しい記述はどれか。
(はき第14回-69)[臨床医学各論]
急性糸球体腎炎について正しい記述はどれか。
(はき第14回-70)[臨床医学各論]
巨人症でみられないのはどれか。
(はき第14回-71)[臨床医学各論]
代謝疾患について誤っている組合せはどれか。
(はき第14回-72)[臨床医学各論]
変形性関節症について誤っている記述はどれか。
(はき第14回-73)[臨床医学各論]
腰部脊柱管狭窄症について誤っている記述はどれか。
(はき第14回-74)[臨床医学各論]
腰背部痛の原因で生命の危険をきたすのはどれか。
(はき第14回-75)[臨床医学各論]
閉塞により同名半盲をきたしやすい血管はどれか。
(はき第14回-76)[臨床医学各論]
聴神経鞘腫でみられにくいのはどれか。
(はき第14回-77)[臨床医学各論]
「施術後、患者の血液のついた鍼を廃棄する時に誤って施術者の指に刺さった。」
鍼刺し事故後、感染率が最も高いのはどれか。
(はき第14回-78)[臨床医学各論]
「施術後、患者の血液のついた鍼を廃棄する時に誤って施術者の指に刺さった。」
HBウイルス陽性患者であった場合の対応で最も適切なのはどれか。
(はき第14回-79)[臨床医学各論]
「施術後、患者の血液のついた鍼を廃棄する時に誤って施術者の指に刺さった。」
誤刺および感染を回避する方法として適切でないのはどれか。
(はき第14回-80)[臨床医学各論]
第14回はり師・きゅう師国家試験過去問題(午前問題)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す