第7回あん摩マッサージ指圧師国家試験過去問題 (午後)

旧サイトの出題ページへ。

疾患と検査との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第7回-76)[臨床医学各論]
月経痛を起こしやすい疾患はどれか。
(あ第7回-77)[臨床医学各論]
誤っている組合せはどれか。
(あ第7回-78)[臨床医学各論]
ネフローゼ症候群の症状でないのはどれか。
(あ第7回-79)[臨床医学各論]
バセドウ病の症状はどれか。
(あ第7回-80)[臨床医学各論]
痛風でみられないのはどれか。
(あ第7回-81)[臨床医学各論]
ベル麻痺の症状でないのはどれか。
(あ第7回-82)[臨床医学各論]
膠原病でないのはどれか。
(あ第7回-83)[臨床医学各論]
疾患と症状との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第7回-84)[臨床医学各論]
胆石症について誤っている記述はどれか。
(あ第7回-85)[臨床医学各論]
症状と原因との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第7回-86)[臨床医学各論]
先天性心疾患として少ないのはどれか。
(あ第7回-87)[臨床医学各論]
遺伝性疾患はどれか。
(あ第7回-88)[臨床医学各論]
変形性膝関節症の症状で誤っているのはどれか。
(あ第7回-89)[臨床医学各論]
五十肩について誤っているのはどれか。
(あ第7回-90)[臨床医学各論]
腰部椎間板ヘルニアの症状で誤っているのはどれか。
(あ第7回-91)[臨床医学各論]
骨粗鬆症について誤っている記述はどれか。
(あ第7回-92)[臨床医学各論]
眼疾患と症状との組合せで正しいのはどれか。
(あ第7回-93)[臨床医学各論]
食中毒について正しい記述はどれか。
(あ第7回-94)[臨床医学各論]
ショックの原因とならないのはどれか。
(あ第7回-95)[臨床医学各論]
中毒性疾患でないのはどれか。
(あ第7回-96)[臨床医学各論]
障害とそのアプローチとの組合せで誤っているのはどれか。
(あ第7回-97)[リハビリテーション医学]
身体障害に含まれないのはどれか。
(あ第7回-98)[リハビリテーション医学]
前腕にのみみられる動きはどれか。
(あ第7回-99)[リハビリテーション医学]
立位姿勢が安定する要因で正しい記述はどれか。
(あ第7回-100)[リハビリテーション医学]
理学療法の内容で誤っているのはどれか。
(あ第7回-101)[リハビリテーション医学]
脳卒中のリハビリテーションで誤っている記述はどれか。
(あ第7回-102)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺の早期訓練開始の目的で誤っているのはどれか。
(あ第7回-103)[リハビリテーション医学]
慢性関節リウマチのリハビリテーションで適切でないのはどれか。
(あ第7回-104)[リハビリテーション医学]
変形性膝関節症のリハビリテーションで適切でないのはどれか。
(あ第7回-105)[リハビリテーション医学]
脊髄損傷のリハビリテーションについて誤っている組合せはどれか。
(あ第7回-106)[リハビリテーション医学]
陽に属するのはどれか。
(あ第7回-127)[東洋医学概論]
五臓と五根との組合せで正しいのはどれか。
(あ第7回-108)[東洋医学概論]
脾の臓に関与しないのはどれか。
(あ第7回-109)[東洋医学概論]
津液の宣散、粛降を主るのはどれか。
(あ第7回-110)[東洋医学概論]
正邪の盛衰を示すのはどれか。
(あ第7回-111)[東洋医学概論]
腹証で瘀血を診る部位はどれか。
(あ第7回-112)[東洋医学概論]
四診について正しい組合せはどれか。
(あ第7回-113)[東洋医学概論]
一呼吸に六動以上の脈はどれか。
(あ第7回-114)[東洋医学概論]
切診で診るのはどれか。
(あ第7回-115)[東洋医学概論]
前腕前面尺側を通る経絡はどれか。
(あ第7回-116)[経絡経穴概論]
流注が上腹部の中央から起こる経絡はどれか。
(あ第7回-117)[経絡経穴概論]
足三里穴に分布する神経はどれか。
(あ第7回-118)[経絡経穴概論]
臍の高さにある経穴はどれか。
(あ第7回-119)[経絡経穴概論]
膀胱経に属する経穴はどれか。
(あ第7回-120)[経絡経穴概論]
肘関節部にある経穴はどれか。
(あ第7回-121)[経絡経穴概論]
第3胸椎棘突起の直下にある経穴はどれか。
(あ第7回-122)[経絡経穴概論]
頭頂部にある経穴はどれか。
(あ第7回-123)[経絡経穴概論]
経絡と募穴との組合せで正しいのはどれか。
(あ第7回-124)[経絡経穴概論]
次の文で示す患者に対し施術対象とする経絡はどれか。
「40歳の男性。1か月前に自動車事故にあい、手指の開閉がしにくく、小指の知覚鈍麻がある。ジャクソンテスト陽性。」
(あ第7回-125)[東洋医学臨床論]
頭痛で施術対象となるのはどれか。
(あ第7回-126)[東洋医学臨床論]
慢性の肩こりに対して併用する治療で適切でないのはどれか。
(あ第7回-127)[東洋医学臨床論]
コッドマン体操について誤っているのはどれか。
(あ第7回-128)[東洋医学臨床論]
胸郭出口症候群の患者への対応で誤っているのはどれか。
(あ第7回-129)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態から考えて罹患部への局所治療の対象とする筋はどれか。
「50歳の男性。肩が痛む。結節間溝部に圧痛、ヤーガソンテスト陽性。」
(あ第7回-130)[東洋医学臨床論]
橈骨神経痛に対する圧迫法の施術部位として適切なのはどれか。
(あ第7回-131)[東洋医学臨床論]
仰臥位で坐骨神経伸展法を行う場合、適切なのはどれか。
(あ第7回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する施術目的で誤っているのはどれか。
「58歳の女性。動作開始時に膝が痛む。内反変形、大腿四頭筋の萎縮がみられる。」
(あ第7回-133)[東洋医学臨床論]
ベル麻痺の運動法として適切でないのはどれか。
(あ第7回-134)[東洋医学臨床論]
高血圧症で施術の適応性の最も高いのはどれか。
(あ第7回-135)[東洋医学臨床論]
気管支喘息患者への対応で適切でない記述はどれか。
(あ第7回-136)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応で適切でないのはどれか。
「26歳の女性。胃腸が弱く下痢と便秘を繰り返す。精神的ストレスが加わると症状が悪化する。」
(あ第7回-137)[東洋医学臨床論]
月経困難症に対する施術目的で適切でないのはどれか。
(あ第7回-138)[東洋医学臨床論]
足関節捻挫の応急処置として適切でないのはどれか。
(あ第7回-139)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応で適切でないのはどれか。
「65歳の女性。やせ型。主訴は腰痛。医療機関で骨粗鬆症と診断されている。発症後5年を経過し、ADL上大きな支障はない。」
(あ第7回-140)[東洋医学臨床論]
古法按摩のうち関節を動かすのはどれか。
(あ第7回-141)[あん摩マッサージ指圧理論]
按摩の治療的作用に含まれないのはどれか。
(あ第7回-142)[あん摩マッサージ指圧理論]
切打法ではどの部位を使用するか。
(あ第7回-143)[あん摩マッサージ指圧理論]
手掌や足底に適した軽擦法はどれか。
(あ第7回-144)[あん摩マッサージ指圧理論]
強擦法を構成する手技はどれか。
(あ第7回-145)[あん摩マッサージ指圧理論]
指圧について誤っている記述はどれか。
(あ第7回-146)[あん摩マッサージ指圧理論]
軽擦法によって生じる触覚の伝導に関与しないのはどれか。
(あ第7回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
大腿内側の按摩で施術する筋はどれか。
(あ第7回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
セリエのストレス学説でストレス刺激に対する生体反応はどれか。
(あ第7回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
キャノンが提唱したのはどれか。
(あ第7回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
第7回あん摩マッサージ指圧師国家試験過去問題(午後問題)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す