進行性病変の過去問題[病](鍼灸編)

誤っている組合せはどれか。
(はき第1回-52)[病理学]
再生の最も盛んな組織はどれか。
(はき第2回-54)[病理学]
最も成功率の低い移植はどれか。
(はき第3回-52)[病理学]
右心室肥大をきたす疾患はどれか。
(はき第4回-50)[病理学]
生理的再生を示す組織はどれか。
(はき第5回-54)[病理学]
左心室肥大をきたすのはどれか。
(はき第6回-53)[病理学]
神経組織の再生について正しい記述はどれか。
(はき第7回-52)[病理学]
熱傷による作用として誤っているのはどれか。
(はき第8回-50)[病理学]
瘢痕組織の主体を占めるのはどれか。
(はき第8回-55)[病理学]
組織内異物処理について誤っている組合せはどれか。
(はき第9回-54)[病理学]
骨の再生に必要な元素はどれか。
(はき第9回-55)[病理学]
化生について誤っているのはどれか。
(はき第10回-55)[病理学]
創傷治癒を最も抑制するのはどれか。
(はき第11回-51)[病理学]
骨髄移植後のGVHD(移植片対宿主病)で宿主を攻撃する細胞はどれか。
(はき第11回-52)[病理学]
踵の足底面中央への米粒大透熱灸で、熱傷害が瘢痕を形成するのに最も関与するのはどれか。
(はき第12回-52)[病理学]
異物とその処理方法との組合せで適切でないのはどれか。
(はき第16回-50)[病理学]
右心室肥大をきたす疾患はどれか。
(はき第20回-48)[病理学]
親子間で行われる移植はどれか。
(はき第21回-51)[病理学]
肉芽組織の構成要素はどれか。
(はき第24回-40)[病理学]
異物を処理する機転はどれか。
(はき第25回-40)[病理学]
GVH反応が最も起きやすい移植臓器はどれか。
(はき第25回-43)[病理学]
再生能力が最も低いのはどれか。
(はき第27回-40)[病理学]
肉芽組織の構成要素はどれか。
(はき第27回-41)[病理学]
創傷の治癒過程で最も遅い時期にみられるのはどれか。
(はき第28回-40)[病理学]
進行性病変の過去問題[病](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

進行性病変の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)

ウイルス感染による疾患はどれか。
(あ第1回-64)[病理学]
赤血球に由来しない色素はどれか。
(あ第3回-60)[病理学]
組織内異物の処理方法として適切でないのはどれか。
(あ第4回-61)[病理学]
肥大の分類として誤っているのはどれか。
(あ第5回-62)[病理学]
再生能力が最も強いのはどれか。
(あ第6回-62)[病理学]
第1次治癒で治るのはどれか。
(あ第8回-62)[病理学]
不完全再生が行われるのはどれか。
(あ第8回-63)[病理学]
移植までの保存可能時間が最も長い臓器はどれか。
(あ第10回-63)[病理学]
完全再生するのはどれか。
(あ第11回-60)[病理学]
部分切除で代償性肥大を起こすのはどれか。
(あ第12回-60)[病理学]
肉芽組織の構成成分でないのはどれか。
(あ第13回-63)[病理学]
組織内異物の処理法として誤っているのはどれか。
(あ第14回-57)[病理学]
拒絶反応が最も起こりやすいのはどれか。
(あ第14回-60)[病理学]
肥大と増殖について誤っているのはどれか。
(あ第15回-55)[病理学]
再生能力が最も低い組織はどれか。
(あ第16回-53)[病理学]
左心室肥大をきたす疾患はどれか。
(あ第18回-54)[病理学]
化生について正しいのはどれか。
(あ第20回-54)[病理学]
労働性肥大を起こしやすいのはどれか。
(あ第21回-55)[病理学]
化生について誤っているのはどれか。
(あ第22回-52)[病理学]
再生能力が最も高いのはどれか。
(あ第25回-40)[病理学]
代償性肥大を起こしやすいのはどれか。
(あ第27回-40)[病理学]
再生能力が最も高いのはどれか。
(あ第28回-41)[病理学]
異物型巨細胞に変化する細胞はどれか。
(あ第28回-42)[病理学]
進行性病変の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

退行性病変の過去問題[病](鍼灸編)

高齢者に多い疾患はどれか。
(はき第2回-53)[病理学]
溶血性黄疸の原因として最も適切なのはどれか。
(はき第4回-51)[病理学]
動脈粥状硬化症の誘因として適切でないのはどれか。
(はき第5回-52)[病理学]
痛風について誤っている記述はどれか。
(はき第6回-52)[病理学]
アミロイドの沈着する原疾患として適切でないのはどれか。
(はき第7回-51)[病理学]
糖尿病の合併症の中で細小血管障害によらないのはどれか。
(はき第8回-52)[病理学]
原因疾患とその続発症との組合せで適切でないのはどれか。
(はき第9回-50)[病理学]
ヒトの植物状態として適切でない記述はどれか。
(はき第10回-51)[病理学]
Ⅰ型(インスリン依存型)糖尿病の特徴として適切でないのはどれか。
(はき第10回-52)[病理学]
年齢素因がみられるのはどれか。
(はき第11回-50)[病理学]
誤っている組み合わせはどれか。
(はき第12回-50)[病理学]
高齢者における疾患の特徴で誤っているのはどれか。
(はき第12回-51)[病理学]
老化と最も関連の低いのはどれか。
(はき第14回-51)[病理学]
加齢に伴う病変と最も関連の低いのはどれか。
(はき第15回-47)[病理学]
老化に伴った疾患に該当しないのはどれか。
(はき第16回-46)[病理学]
糖尿病について誤っている記述はどれか。
(はき第16回-49)[病理学]
疾患とその原因となる代謝障害との組合せで正しいのはどれか。
(はき第18回-48)[病理学]
植物状態について正しい記述はどれか。
(はき第19回-48)[病理学]
褐色萎縮のときに沈着する色素はどれか。
(はき第20回-47)[病理学]
臓器の移植に関する法律における脳死判定で誤っているのはどれか。
(はき第22回-47)[病理学]
死体現象のうち血液の分布の片寄りで生じるのはどれか。
(はき第24回-39)[病理学]
植物状態を引き起こす障害部位はどれか。
(はき第26回-40)[病理学]
退行性病変の過去問題[病](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

退行性病変の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)

誤っている組合わせはどれか。
(あ第1回-60)[病理学]
病態について正しい組合わせはどれか。
(あ第2回-60)[病理学]
肉芽組織の構成要素でないのはどれか。
(あ第2回-62)[病理学]
老化の徴候として誤っているものはどれか。
(あ第4回-59)[病理学]
糖尿病の合併症として適切でないのはどれか。
(あ第5回-59)[病理学]
溶血性黄疸はどれか。
(あ第5回-60)[病理学]
死の判定に含まれない因子はどれか。
(あ第6回-58)[病理学]
黄疸の発生原因として適切でないのはどれか。
(あ第7回-60)[病理学]
インスリン依存型糖尿病の特徹として適切でないのはどれか。
(あ第8回-59)[病理学]
加齢に伴い増加するのはどれか。
(あ第10回-58)[病理学]
加齢による骨萎縮が早く高度に出現するのはどれか。
(あ第11回-58)[病理学]
脂質代謝異常に基づく疾患はどれか。
(あ第11回-59)[病理学]
皮膚機能として老化の影響を最も受けにくいのはどれか。
(あ第12回-59)[病理学]
加齢に伴う変化で誤っているのはどれか。
(あ第13回-60)[病理学]
脂質代謝異常に起因する疾患はどれか。
(あ第14回-55)[病理学]
生活習慣病に属さないのはどれか。
(あ第17回-51)[病理学]
疾患とその合併症(続発症)との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第18回-51)[病理学]
計画された細胞死を何というか。
(あ第19回-54)[病理学]
加齢に伴う変化はどれか。
(あ第20回-53)[病理学]
疾患と沈着物との組合せで適切なのはどれか。
(あ第21回-53)[病理学]
心臓死の判定に必要なのはどれか。
(あ第23回-40)[病理学]
アポトーシスについて正しいのはどれか。
(あ第26回-40)[病理学]
融解壊死が最も生じやすいのはどれか。
(あ第27回-41)[病理学]
心臓死の判定項目でないのはどれか。
(あ第28回-40)[病理学]
退行性病変の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

循環障害の過去問題[病](鍼灸編)

誤っているのはどれか。
(はき第1回-51)[病理学]
誤っている組合せはどれか。
(はき第1回-53)[病理学]
原因と結果との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第2回-50)[病理学]
塞栓症について誤っている組合せはどれか。
(はき第3回-51)[病理学]
腹水が滲出液となる疾病はどれか。
(はき第4回-52)[病理学]
貧血とその原因との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第5回-51)[病理学]
黒色の下血をきたした患者がいる。原因疾患はどれか。
(はき第7回-53)[病理学]
肺の脂肪塞栓症の原因とならないのはどれか。
(はき第8回-51)[病理学]
原因疾患とその続発症との組合せで適切でないのはどれか。
(はき第9回-50)[病理学]
鼠径部から腹壁を上行性に静脈の怒張がみられた。閉塞がある血管はどれか。
(はき第9回-51)[病理学]
脳血栓の溶解療法は、発生後3時間を過ぎると危険を伴うという。考えられる理由の中で適切でないのはどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(はき第9回-52)[病理学]
女性の全身に紫斑が発生した時に考えられる疾病として適切でないのはどれか。
(はき第10回-53)[病理学]
喀血の出血部位はどれか。
(はき第11回-53)[病理学]
二次性高血圧症に関与しない疾患はどれか。
(はき第11回-54)[病理学]
心疾患で関連の少ない組合わせはどれか。
(はき第12回-55)[病理学]
出血性梗塞を最も起こしやすい臓器はどれか。
(はき第13回-52)[病理学]
ショックと最も関連の低いのはどれか。
(はき第13回-53)[病理学]
血栓を起こしやすい疾患として誤っているのはどれか。
(はき第16回-47)[病理学]
循環障害について誤っている記述はどれか。
(はき第16回-48)[病理学]
静脈血が門脈に流入しないのはどれか。
(はき第17回-46)[病理学]
出血部位と出血の種類との組合わせで正しいのはどれか。
(はき第18回-46)[病理学]
ショックとその原因との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第18回-47)[病理学]
出血性梗塞を最も起こしやすい臓器はどれか。
(はき第19回-46)[病理学]
吐血の患者で食道静脈瘤を認めた。最も考えられる原因はどれか。
(はき第19回-47)[病理学]
最も頻度の高い塞栓はどれか。
(はき第20回-46)[病理学]
融解壊死がよくみられる疾患はどれか。
(はき第21回-47)[病理学]
門脈圧亢進症で生じやすい出血はどれか。
(はき第21回-48)[病理学]
循環障害について正しい組合せはどれか。
(はき第21回-49)[病理学]
左心不全によって肺に最も生じやすいのはどれか。
(はき第22回-46)[病理学]
水腫の原因はどれか。
(はき第23回-40)[病理学]
出血性梗塞を最も起こしやすいのはどれか。
(はき第25回-41)[病理学]
奇異塞栓がみられるのはどれか。
(はき第26回-41)[病理学]
肝硬変患者の脾臓に最も生じやすいのはどれか。
(はき第27回-42)[病理学]
慢性肺うっ血の原因はどれか。
(はき第28回-39)[病理学]
循環障害の過去問題[病](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

循環障害の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)

誤っている組合わせはどれか。
(あ第1回-60)[病理学]
循環障害について正しい記述はどれか。
(あ第2回-59)[病理学]
病態について正しい組合わせはどれか。
(あ第2回-60)[病理学]
出血と原因との組み合わせで誤っているのはどれか。
(あ第3回-59)[病理学]
水腫の発生要因でないのはどれか。
(あ第4回-60)[病理学]
皮膚の循環障害とその症状との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第6回-60)[病理学]
大腿動脈の血栓症に際して下肢の示す所見で適切でないのはどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(あ第9回-60)[病理学]
栓子の発生原因と、それによって起こる塞栓症の発生部位との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第10回-60)[病理学]
ショックの原因に最もなりにくいのはどれか。
(あ第11回-61)[病理学]
関連の少ない組合せはどれか。
(あ第12回-61)[病理学]
肺からの出血に最も関連のある症状はどれか。
(あ第13回-61)[病理学]
浮腫の成因として最も関連の低いのはどれか。
(あ第13回-62)[病理学]
血栓を形成する条件として適切でないのはどれか。
(あ第16回-50)[病理学]
塞栓症について誤っている記述はどれか。
(あ第16回-51)[病理学]
門脈圧亢進症状として誤っているのはどれか。
(あ第17回-52)[病理学]
血栓を起こしやすい疾患でないのはどれか。
(あ第17回-53)[病理学]
貧血性梗塞を起こしやすい臓器でないのはどれか。
(あ第17回-54)[病理学]
神経性貧血をきたす疾患はどれか。
(あ第18回-52)[病理学]
タール便の原因疾患として最も考えられるのはどれか。
(あ第18回-53)[病理学]
浮腫(水腫)のみられる疾患とその原因との組合せで正しいのはどれか。
(あ第19回-53)[病理学]
血栓形成を促進する条件として正しいのはどれか。
(あ第20回-52)[病理学]
うっ血と比較して充血の特徴はどれか。
(あ第22回-51)[病理学]
血栓形成の誘因はどれか。
(あ第23回-41)[病理学]
右心不全で肝臓に最も生じやすいのはどれか。
(あ第25回-41)[病理学]
梗塞の種類と罹患臓器の組合せで正しいのはどれか。
(あ第26回-41)[病理学]
出血性梗塞を最も起こしやすいのはどれか。
(あ第28回-39)[病理学]
循環障害の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

病因の過去問題[病](鍼灸編)

病原体と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第2回-51)[病理学]
骨のカルシウム代謝に関与しない物質はどれか。
(はき第3回-50)[病理学]
リケッチアが原因で起こる疾患はどれか。
(はき第5回-50)[病理学]
マクロファージの役割で正しいのはどれか。
(はき第5回-53)[病理学]
刺鍼により感染する危険のない疾患はどれか。
(はき第6回-50)[病理学]
少量でも生体に強い毒性を有する金属はどれか。
(はき第6回-51)[病理学]
病原微生物と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第7回-50)[病理学]
感染症を引き起こす寄生体のうち生きた細胞内でのみ増殖するのはどれか。
(はき第11回-55)[病理学]
熱射病の症状で誤っているのはどれか。
(はき第12回-63)[病理学]
ビタミンとその欠乏症との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第13回-50)[病理学]
病原体と感染を受けやすい臓器との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第13回-51)[病理学]
原因と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第14回-49)[病理学]
ホルモンと機能亢進による疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第14回-50)[病理学]
病因のうち外因に属するのはどれか。
(はき第15回-45)[病理学]
無機塩類の欠乏と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第15回-46)[病理学]
日和見感染症の病原微生物として最も関連の低いのはどれか。
(はき第15回-48)[病理学]
病原体と感染症との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第16回-45)[病理学]
粉じんが吸気と共に肺に侵入して引き起こされる疾患はどれか。
(はき第17回-45)[病理学]
病原体と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第17回-48)[病理学]
感染症と感染経路との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第17回-49)[病理学]
ウイルス感染症でないのはどれか。
(はき第18回-45)[病理学]
疾患とその原因との組合せで正しいのはどれか。
(はき第19回-45)[病理学]
日和見感染を引き起こす病原体はどれか。
(はき第20回-45)[病理学]
疾病と一般素因との組合せで最も適切なのはどれか。
(はき第21回-45)[病理学]
プリオン病に分類される疾患はどれか。
(はき第21回-46)[病理学]
ミネラルの異常と病態との組合せで正しいのはどれか。
(はき第22回-45)[病理学]
下垂体前葉機能亢進症はどれか。
(はき第23回-38)[病理学]
粉塵となるのはどれか。
(はき第23回-39)[病理学]
感染伝播経路の観点から接触感染の予防が最も有効なのはどれか。
(はき第24回-41)[病理学]
疾患の分類と疾患名の組合せで正しいのはどれか。
(はき第25回-38)[病理学]
病原体が最も大きいのはどれか。
(はき第25回-39)[病理学]
放射線障害を最も受けやすいのはどれか。
(はき第26回-39)[病理学]
感染症はどれか。
(はき第28回-38)[病理学]
病因の過去問題[病](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

病因の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)

正しいのはどれか。
(あ第1回-58)[病理学]
再生しないのはどれか。
(あ第1回-62)[病理学]
ウイルス感染による疾患はどれか。
(あ第1回-64)[病理学]
疾患と原因との組合わせで誤っているのはどれか。
(あ第2回-58)[病理学]
疾患と原因との組合わせで誤っているのはどれか。
(あ第3回-58)[病理学]
ウイルス性疾患はどれか。
(あ第4回-58)[病理学]
スピロヘータが原因で起こる疾患はどれか。
(あ第5回-58)[病理学]
ビタミンとその欠乏症との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第6回-59)[病理学]
免疫不全をきたすおそれのあるのはどれか。
(あ第6回-61)[病理学]
女性に多い癌はどれか。
(あ第6回-63)[病理学]
女性に多い疾患はどれか。
(あ第7回-58)[病理学]
ホルモンとその分泌低下症との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第7回-59)[病理学]
出血性素因をきたすのはどれか。
(あ第7回-61)[病理学]
正しい組合せはどれか。
(あ第8回-58)[病理学]
自覚症状でないのはどれか。
(あ第9回-58)[病理学]
再感染しやすい疾患はどれか。
(あ第9回-59)[病理学]
生体防御におけるマクロファージの役割でないのはどれか。
(あ第9回-61)[病理学]
放射線障害を受けやすい組織はどれか。
(あ第9回-62)[病理学]
小児発疹性疾患で病原体がいまだ特定されていないのはどれか。
(あ第10回-59)[病理学]
栓子の発生原因と、それによって起こる塞栓症の発生部位との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第10回-60)[病理学]
向神経ウイルスでないのはどれか。
(あ第12回-58)[病理学]
免疫担当細胞でないのはどれか。
(あ第12回-62)[病理学]
病因のうち外因に属するのはどれか。
(あ第13回-58)[病理学]
我が国のがん統計について誤っている記述はどれか。
(あ第13回-64)[病理学]
病因のうち内因に属するのはどれか。
(あ第14回-54)[病理学]
日和見感染症として誤っているのはどれか。
(あ第14回-56)[病理学]
病原因子と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第15回-51)[病理学]
疾患とホルモンの組合せで誤っているのはどれか。
(あ第15回-52)[病理学]
代謝疾患と病因との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第16回-52)[病理学]
医原性の薬剤障害で誤っている組合せはどれか。
(あ第17回-50)[病理学]
免疫担当細胞と免疫反応との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第18回-55)[病理学]
男性に比べて女性に高頻度に発生するのはどれか。
(あ第18回-56)[病理学]
小児の発疹性疾患で病原体が解明されていないのはどれか。
(あ第19回-52)[病理学]
経皮的に感染する疾患はどれか。
(あ第20回-51)[病理学]
我が国の最近の小児の悪性腫瘍で年間発生数が最も多いのはどれか。
(あ第20回-56)[病理学]
放射線障害を最も受けやすいのはどれか。
(あ第21回-52)[病理学]
飢餓状態において重量の減少が起こりにくいのはどれか。
(あ第22回-50)[病理学]
寄生虫感染の際に血中で最も増加するのはどれか。
(あ第22回-54)[病理学]
男性に多い疾患はどれか。
(あ第24回-41)[病理学]
男性に発症しやすいのはどれか。
(あ第25回-39)[病理学]
低出生体重児の定義は何g未満か。
(あ第26回-391)[病理学]
アスベストと関連があるのはどれか。
(あ第26回-44)[病理学]
くる病に関連するのはどれか。
(あ第27回-43)[病理学]
潜函病の病因として適切なのはどれか。
(あ第28回-38)[病理学]
病因の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}