先天性異常の過去問題[病](鍼灸編)

胎児の異常と原因との組合せで正しいのはどれか。
(はき第2回-56)[病理学]
疾患と染色体異常との組合せで正しいのはどれか。
(はき第3回-56)[病理学]
遺伝する疾患はどれか。
(はき第6回-56)[病理学]
常染色体優性遺伝について誤っているのはどれか。
(はき第10回-50)[病理学]
誤っている組み合わせはどれか。
(はき第12回-50)[病理学]
染色体核型が45Xとして表現される疾患はどれか。
(はき第14回-48)[病理学]
クラインフェルター症候群の性染色体はどれか。
(はき第22回-48)[病理学]
先天性異常の過去問題[病](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

先天性異常の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)

奇形の原因となりにくいのはどれか。
(あ第2回-64)[病理学]
伴性遺伝をする先天性疾患はどれか。
(あ第3回-64)[病理学]
奇形が起こりやすい妊娠時期はどれか。
(あ第6回-64)[病理学]
胎内感染が奇形の原因とならないのはどれか。
(あ第9回-64)[病理学]
催奇形因子として最も関連の低いのはどれか。
(あ第13回-59)[病理学]
先天性異常で染色体異常でないのはどれか。
(あ第15回-53)[病理学]
奇形が最も起こりやすい妊娠時期はどれか。
(あ第19回-51)[病理学]
遺伝と染色体に関して正しい記述はどれか。
(あ第20回-50)[病理学]
遺伝性疾患はどれか。
(あ第23回-39)[病理学]
常染色体21トリソミーによる疾患はどれか。
(あ第24回-40)[病理学]
ダウン症候群の原因となる常染色体異常はどれか。
(あ第27回-39)[病理学]
先天性異常の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

免疫異常・アレルギーの過去問題[病](鍼灸編)

誤っている組合せはどれか。
(はき第1回-52)[病理学]
免疫について誤っている組合せはどれか。
(はき第2回-52)[病理学]
アレルギー反応の型について正しい組合せはどれか。
(はき第3回-55)[病理学]
免疫とアレルギーとに共通しない記述はどれか。
(はき第4回-54)[病理学]
免疫反応の特徴として適切でないのはどれか。
(はき第6回-54)[病理学]
遺伝する疾患はどれか。
(はき第6回-56)[病理学]
結核菌について誤っている記述はどれか。
(はき第8回-53)[病理学]
エイズについて正しい記述はどれか。
(はき第8回-54)[病理学]
炎症担当細胞とその分泌する物質との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第9回-53)[病理学]
アレルギーの型と疾患との組み合せで誤っているのはどれか。
(はき第12回-54)[病理学]
自己免疫異常による疾患はどれか。
(はき第13回-55)[病理学]
炎症にかかわる細胞とそれらが主役をなす炎症との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第17回-47)[病理学]
自己免疫疾患とその障害臓器との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第17回-50)[病理学]
自己免疫疾患と合併病変との組合せで正しいのはどれか。
(はき第19回-50)[病理学]
アレルギー反応と疾患との組合せで正しいのはどれか。
(はき第20回-50)[病理学]
抗原に対する初回の反応で最初に増加する免疫グロブリンはどれか。
(はき第22回-51)[病理学]
ヘルパーT細胞のうちTh2細胞の役割はどれか。
(はき第23回-42)[病理学]
胎盤を通過する免疫グロブリンはどれか。
(はき第24回-42)[病理学]
肥満細胞が主役となる疾患はどれか。
(はき第24回-43)[病理学]
分葉状の核をもつ細胞はどれか。
(はき第25回-42)[病理学]
Ⅲ型アレルギーによる疾患はどれか。
(はき第27回-39)[病理学]
免疫不全症でHIVによるのはどれか。
(はき第27回-43)[病理学]
Ⅲ型アレルギーによる疾患はどれか。
(はき第27回-39)[病理学]
免疫不全症でHIVによるのはどれか。
(はき第27回-43)[病理学]
抗体を産生する細胞はどれか。
(はき第28回-42)[病理学]
自己免疫疾患と自己抗体の組合せで正しいのはどれか。
(はき第28回-43)[病理学]
免疫異常・アレルギーの過去問題[病](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

免疫異常・アレルギーの過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)

誤っている組合わせはどれか。
(あ第1回-61)[病理学]
ウイルス感染による疾患はどれか。
(あ第1回-64)[病理学]
疾患と原因との組合わせで誤っているのはどれか。
(あ第3回-58)[病理学]
I型アレルギーに含まれない疾患はどれか。
(あ第3回-63)[病理学]
自己免疫疾患でないのはどれか。
(あ第4回-62)[病理学]
スピロヘータが原因で起こる疾患はどれか。
(あ第5回-58)[病理学]
免疫グロブリンの特徽として正しい記述はどれか。
(あ第8回-61)[病理学]
自己免疫疾患と最も関連の低いのはどれか。
(あ第14回-58)[病理学]
アレルギー反応の分類とその関連疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第14回-59)[病理学]
自己免疫疾患でないのはどれか。
(あ第15回-56)[病理学]
自己免疫疾患でないのはどれか。
(あ第16回-55)[病理学]
自己免疫異常による疾患でないのはどれか。
(あ第17回-56)[病理学]
エイズについて正しい記述はどれか。
(あ第19回-56)[病理学]
遅延型アレルギーはどれか。
(あ第22回-56)[病理学]
炎症時にヒスタミンを放出する主な細胞はどれか。
(あ第23回-42)[病理学]
IgEが関与するアレルギーはどれか。
(あ第23回-43)[病理学]
T細胞の分化成熟を主に行うのはどれか。
(あ第24回-43)[病理学]
バセドウ病のアレルギーの型はどれか。
(あ第26回-43)[病理学]
免疫異常・アレルギーの過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

腫瘍の過去問題[病](鍼灸編)

非上皮性腫瘍に属するのはどれか。
(はき第1回-55)[病理学]
悪性腫瘍について正しいのはどれか。
(はき第1回-56)[病理学]
腫瘍について正しい記述はどれか。
(はき第2回-55)[病理学]
腫瘍について正しい記述はどれか。
(はき第3回-54)[病理学]
腫瘍に属さないのはどれか。
(はき第4回-55)[病理学]
ウイルスが原因となる腫瘍はどれか。
(はき第4回-56)[病理学]
腫瘍とその好発部位との組合せで正しいのはどれか。
(はき第5回-55)[病理学]
上皮内癌が発生する部位はどれか。
(はき第5回-56)[病理学]
腫瘍とその好発部位との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第6回-55)[病理学]
黒色の下血をきたした患者がいる。原因疾患はどれか。
(はき第7回-53)[病理学]
腺癌の好発部位として誤っているのはどれか。
(はき第7回-55)[病理学]
胃癌の転移と関係ないのはどれか。
(はき第7回-56)[病理学]
腫瘍の間質について誤っている記述はどれか。
(はき第8回-56)[病理学]
ウイルスが関与しない腫瘍はどれか。
(はき第9回-56)[病理学]
肝臓の悪性腫瘍で誤っている記述はどれか。
(はき第10回-56)[病理学]
組織学的悪性度の評価で重要性が最も低いのはどれか。
(はき第11回-56)[病理学]
腫瘍の壊死によって引き起こされる病態はどれか。
(はき第12回-56)[病理学]
発がん因子として適切でないのはどれか。
(はき第13回-56)[病理学]
悪性腫瘍細胞の特徴として誤っている記述はどれか。
(はき第14回-53)[病理学]
小児に好発する腫瘍でないのはどれか。
(はき第15回-50)[病理学]
悪性腫瘍の特徴として誤っているのはどれか。
(はき第15回-51)[病理学]
腫瘍マーカーはどれか。
(はき第16回-51)[病理学]
男性よりも女性に多い癌はどれか。
(はき第17回-51)病理学]
腫瘍の良性・悪性を判定するための所見として適切でないのはどれか。
(はき第18回-51)[病理学]
我が国における最近のがん死亡統計について正しい記述はどれか。
(はき第19回-51)[病理学]
癌と前癌病変との組合せで正しいのはどれか。
(はき第20回-51)[病理学]
放射性ヨウ素の被爆によって最も生じやすい腫瘍はどれか。
(はき第21回-50)[病理学]
扁平上皮癌が好発するのはどれか。
(はき第22回-49)[病理学]
癌の病期分類の決定に必要な項目はどれか。
(はき第23回-43)[病理学]
癌と腫瘍マーカーの組合せで最も適切なのはどれか。
(はき第23回-44)[病理学]
癌が最も転移しやすい臓器はどれか。
(はき第24回-44)[病理学]
上皮性腫瘍はどれか。
(はき第25回-44)[病理学]
生命予後が良好なのはどれか。
(はき第26回-44)[病理学]
扁平上皮癌が最も発生しやすいのはどれか。
(はき第27回-44)[病理学]
腺癌の発生頻度が最も高いのはどれか。
(はき第28回-44)[病理学]
腫瘍の過去問題[病](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

腫瘍の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)

上皮性腫瘍に属するのはどれか。
(あ第1回-63)[病理学]
ウイルス感染による疾患はどれか。
(あ第1回-64)[病理学]
腫瘍について正しい記述はどれか。
(あ第2回-63)[病理学]
腫瘍について正しい記述はどれか。
(あ第3回-61)[病理学]
悪性腫瘍に属するのはどれか。
(あ第3回-62)[病理学]
遺伝が関与する腫瘍はどれか。
(あ第4回-63)[病理学]
腫瘍が転移しにくい器官はどれか。
(あ第4回-64)[病理学]
腺腫の好発部位はどれか。
(あ第5回-63)[病理学]
腫瘍の組織構造について正しい記述はどれか。
(あ第5回-64)[病理学]
腫瘍に含まれないのはどれか。
(あ第7回-63)[病理学]
扁平上皮癌の好発部位として誤っているのはどれか。
(あ第7回-64)[病理学]
腫瘍について誤っている記述はどれか。
(あ第8回-64)[病理学]
良性腫瘍に多くみられるのはどれか。
(あ第9回-63)[病理学]
癌の発生頻度の低いのはどれか。
(あ第11回-64)[病理学]
老年期に発生率が最も高くなるのはどれか。
(あ第12回-64)[病理学]
我が国のがん統計について誤っている記述はどれか。
(あ第13回-64)[病理学]
近年我が国で死亡者数が減少している悪性新生物の発生臓器はどれか。
(あ第16回-56)[病理学]
タール便の原因疾患として最も考えられるのはどれか。
(あ第18回-53)[病理学]
悪性腫瘍の原因となるウイルスはどれか。
(あ第21回-56)[病理学]
腫瘍と宿主に及ぼす影響との組合せで正しいのはどれか。
(あ第22回-53)[病理学]
腺癌の発生頻度が高いのはどれか。
(あ第23回-44)[病理学]
腫瘍について正しいのはどれか。
(あ第24回-44)[病理学]
予防ワクチンがある癌はどれか。
(あ第25回-43)[病理学]
扁平上皮癌が最も発生しやすいのはどれか。
(あ第25回-44)[病理学]
胃癌の病期分類に必要な情報はどれか。
(あ第27回-44)[病理学]
放射線被曝が関与する悪性腫瘍はどれか。
(あ第28回-44)[病理学]
腫瘍の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

炎症の過去問題[病](鍼灸編)

誤っている組合せはどれか。
(はき第1回-54)[病理学]
炎症の分類について適切でない組合せはどれか。
(はき第3回-53)[病理学]
結核結節でみられないのはどれか。
(はき第4回-53)[病理学]
連鎖球菌に汚染した鍼が皮下組織に及んだ場合に起こりやすい化膿性炎はどれか。
(はき第7回-54)[病理学]
結核菌について誤っている記述はどれか。
(はき第8回-53)[病理学]
原因疾患とその続発症との組合せで適切でないのはどれか。
(はき第9回-50)[病理学]
急性炎症の徴候でないのはどれか。
(はき第9回-65)[臨床医学総論]
急性炎症の際、好中球が血管外に遊走するのに必要な要件でないのはどれか。
(はき第10回-54)[病理学]
慢性炎症に最も関係の深い組織変化はどれか。
(はき第12回-53)[病理学]
急性炎症に最も関連の深いのはどれか。
(はき第13回-54)[病理学]
炎症の分類と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第14回-52)[病理学]
肉芽腫を形成しないのはどれか。
(はき第15回-49)[病理学]
炎症にかかわる細胞とそれらが主役をなす炎症との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第17回-47)[病理学]
結核結節にみられないのはどれか。
(はき第18回-49)[病理学]
炎症について誤っている組合せはどれか。
(はき第18回-50)[病理学]
線維素性炎に分類される疾患はどれか。
(はき第19回-49)[病理学]
炎症の経過で最も初期にみられる現象はどれか。
(はき第20回-49)[病理学]
出血性炎はどれか。
(はき第22回-50)[病理学]
類上皮細胞はどれか。
(はき第23回-41)[病理学]
急性炎症の局所で最初に起こるのはどれか。
(はき第26回-42)[病理学]
ヒト免疫不全ウイルスが主に感染する免疫担当細胞はどれか。
(はき第26回-43)[病理学]
化膿性炎症の起炎菌として最も適切なのはどれか。
(はき第28回-41)[病理学]
炎症の過去問題[病](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

炎症の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)

炎症と関係のないのはどれか。
(あ第1回-59)[病理学]
誤っている組合わせはどれか。
(あ第1回-61)[病理学]
化膿性炎はどれか。
(あ第2回-61)[病理学]
皮膚の疾患と炎症の型との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第5回-61)[病理学]
急性炎症の局所に最初に起こる現象はどれか。
(あ第7回-62)[病理学]
炎症の化学的介助物質はどれか。
(あ第8回-60)[病理学]
急性炎症の全身症状として適切でないのはどれか。
(あ第10回-61)[病理学]
ツベルクリン反応に直接関与しないのはどれか。
(あ第10回-62)[病理学]
肉芽腫を形成しないのはどれか。
(あ第11回-62)[病理学]
化膿性炎の滲出物中に最も多く含まれている細胞はどれか。
(あ第11回-63)[病理学]
肉芽腫を形成しない疾患はどれか。
(あ第12回-63)[病理学]
腸管の肉芽腫性炎に属するのはどれか。
(あ第15回-54)[病理学]
肺結核症について誤っている記述はどれか。
(あ第16回-54)[病理学]
急性炎症でないのはどれか。
(あ第17回-55)[病理学]
乾酪性壊死を伴う肉芽腫が特徴的な疾患はどれか。
(あ第19回-55)[病理学]
炎症の5大徴候に含まれないのはどれか。
(あ第20回-55)[病理学]
漿液性炎はどれか。
(あ第21回-54)[病理学]
結核結節の中心にあるのはどれか。
(あ第22回-55)[病理学]
炎症時にヒスタミンを放出する主な細胞はどれか。
(あ第23回-42)[病理学]
蜂窩織炎(蜂巣炎)の主な炎症担当細胞はどれか。
(あ第24回-42)[病理学]
炎症で最も遅い時期にみられるのはどれか。
(あ第25回-42)[病理学]
膿に最も多くみられる白血球はどれか。
(あ第26回-42)[病理学]
滲出物中に多量の好中球が含まれるのはどれか。
(あ第27回-42)[病理学]
炎症の5大徴候でないのはどれか。
(あ第28回-43)[病理学]
炎症の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}