灸の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

下痢の対応で誤っているのはどれか。
(はき第1回-133)[東洋医学臨床論]
古くから行われている食あたりに対する灸治療はどれか。
(はき第3回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する局所施術で適切でないのはどれか。
「35歳の女性。左膝が痛み、熱感と腫脹がある。血液検査ではRAテスト陽性、CRP値は高い。」
(はき第4回-133)[東洋医学臨床論]
小児に対するちりげの灸で用いられる経穴はどれか。
(はき第4回-139)[東洋医学臨床論]
古来より「逆子」の灸治療でよく用いられている治療穴はどれか。
(はき第5回-133)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の治療として適切でないのはどれか。「18歳の女子高校生。便秘と下痢が交互に起こり、便秘の時の便は兎糞状で硬い。定期試験が近づくと症状が悪化する。」
(はき第5回-134)[東洋医学臨床論]
円形脱毛症に対する鍼灸治療で適切でないのはどれか。
(はき第5回-138)[東洋医学臨床論]
男児の疳の虫に対する灸法で古くから用いられているのはどれか。
(はき第7回-131)[東洋医学臨床論]
霊枢経脈篇の治療原則で正しい記述はどれか。
(はき第8回-125)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対する適切な治療はどれか。
「35歳の女性。食欲がなく、痩せて顔色が悪い。少し動くと息切れがして疲れる。低血圧で朝起きるのがつらい。脈は弱い。」
(はき第8回-129)[東洋医学臨床論]
小児疳虫に対し、古来から行われてきた施灸の部位はどの高さの棘突起下にあるか。
(はき第9回-139)[東洋医学臨床論]
小児気管支喘息の発作予防の施術で適切でないのはどれか。
(はき第13回-130)[東洋医学臨床論]
小児疳の虫に対し、伝統的に行われてきた施灸部位はどの高さを結んだ線上の棘突起下にあるか。
(はき第14回-134)[東洋医学臨床論]
東洋医学的な治療原則として誤っている記述はどれか。
(はき第17回-119)[東洋医学臨床論]
「逆子の灸」としてよく用いられる施灸部位はどれか。
(はき第17回-120)[東洋医学臨床論]
下肢のしびれを訴え血液検査で空腹時血糖とHbA1cが高値を示している患者の局所に施灸する場合、最も感染のリスクが高いのはどれか。
(はき第19回-127)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、最も適切な施術はどれか。
「5歳の男児。夜間の遺尿が続いている。日中は尿意切迫がある。」
(はき第20回-123)[東洋医学臨床論]
逆子の灸としてよく用いる膀胱経の要穴はどれか。
(はき第22回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の仙骨部に施灸する場合、最も適切なのはどれか。
「5歳の男児。夜間の遺尿が続いている。鍼灸治療は初めて。」
(はき第24回-129)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例に対して灸治療を行う場合に最も適切な経穴はどれか。
「60歳の女性。主訴は陰部掻痒感。4日前に深酒をした。昨日より右膝内側から大腿部内側のひきつれ感がある。脈は左関上の浮数滑。」
(はき第28回-121)[東洋医学臨床論]
灸の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)