古代刺法の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

筋肉のひきつりや、こりに適した十二刺の刺法はどれか。
(はき第2回-125)[東洋医学臨床論]
後頭部の痛みに対し、遠道刺として取穴される要穴はどれか。
(はき第12回-126)[東洋医学臨床論]
足の冷えに用いる刺法で適切なのはどれか。
(はき第13回-131)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する刺法として適切なのはどれか。「45歳の女性。冷感が足先から膝や腰まで上がり、下痢しやすい。」
(はき第17回-123)[東洋医学臨床論]
半腱様筋の痛みに対し、五刺の刺法を用いて施術する場合、適切な部位はどれか。
(はき第18回-126)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に古代刺法を適用する場合、適切なのはどれか。
「70歳の男性。脈の不整と共に動悸、息切れを自覚するようになった。」
(はき第19回-124)[東洋医学臨床論]
施術中に患者の訴える痛みの部位が移動し一定しない。このような場合に十二刺の刺法で適切なのはどれか。
(はき第20回-125)[東洋医学臨床論]
痛む所が定まらない患者に対し、その部位を追いかけて次々と繰り返し刺鍼する十二刺はどれか。
(はき第22回-122)[東洋医学臨床論]
「63歳の男性。手のふるえ、歩行困難、歯車様の筋強剛がみられる。」
本患者の臓腑病証に基づいて九刺による鍼治療を行う場合の組合せで適切なのはどれか。
(はき第24回-136)[東洋医学臨床論]
十二刺のうち、筋の異常緊張に対して関節近傍の腱に刺鍼するのはどれか。
(はき第26回-124)[東洋医学臨床論]
頑固な腰痛に対する治療で、腰部に鍼を2本使用して行うのはどれか。
(はき第28回-117)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対して十二刺の刺法に基づき治療する場合、刺鍼部位の指標となるのはどれか。
「足先の強い冷えを感じ、ときには腰まで冷えが上ってくる。下痢をしやすい。」
(はき第29回-150)[東洋医学臨床論]
古代刺法の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)