経穴-神経の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

大後頭神経痛に対し、罹患神経への局所治療穴として適切なのはどれか。
(あ第11回-126)[東洋医学臨床論]
顔面麻痺に対し、罹患神経が頭蓋骨から出る部位への施術で適切な経穴はどれか。
(あ第13回-129)[東洋医学臨床論]
坐骨神経痛の局所施術でワレー圧痛点に相当する経穴はどれか。
(あ第14回-130)[東洋医学臨床論]
腓骨神経麻痺の治療方針と治療法との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第14回-131)[東洋医学臨床論]
三叉神経第2枝痛に対し、局所治療穴として適切なのはどれか。
(あ第15回-121)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者で障害されている神経への局所治療穴で適切なのはどれか。
「60歳の女性。左口角が下がり、鼻唇溝が浅い。口笛が吹けない。」
(あ第15回-124)[東洋医学臨床論]
「42歳の女性。左顔面頬部に針で刺されるような激痛が突然発症し、数分間、間欠的に激痛発作を繰り返した。発作時以外には痛みはない。」
顔面頬部痛に対する局所施術で対象となる経穴はどれか。
(あ第16回-140)[東洋医学臨床論]
前頭部にビリッとした電撃様の痛みが走る場合、罹患神経を圧迫する治療穴として適切なのはどれか。
(あ第17回-122)[東洋医学臨床論]
特発性肋間神経痛による背部から側胸部にかけての痛みに対し、局所治療穴として適切なのはどれか。
(あ第17回-123)[東洋医学臨床論]
下顎神経の痛みに対し、罹患神経への局所治療穴で適切なのはどれか。
(あ第18回-121)[東洋医学臨床論]
「40歳の女性。右の示指、中指に痛みがあり、母指球に軽度の筋萎縮がみられる。」
この患者への局所治療穴として適切なのはどれか。
(あ第18回-136)[東洋医学臨床論]
末梢神経麻痺の罹患神経と局所治療穴との組合せで正しいのはどれか。
(あ第19回-122)[東洋医学臨床論]
大後頭神経痛の局所治療穴として適切なのはどれか。
(あ第20回-123)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する適切な局所治療穴はどれか。
「43歳の男性。パソコン作業をしている間に、肩から肩甲間部が痛むようになった。前腕尺側に冷えとしびれ感がある。」
(あ第20回-129)[東洋医学臨床論]
腰椎椎間板ヘルニアによる下腿外側の痛みに対し、母指圧迫を行う局所治療穴として適切なのはどれか。
(あ第20回-131)[東洋医学臨床論]
絞扼性神経障害について罹患神経と局所治療穴の組合せで正しいのはどれか。
(あ第23回-122)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例の罹患神経に対する施術で適切なのはどれか。
「43歳の女性。一週間前から食事や歯みがきの際に右上唇から頬にかけて発作性の痛みが起こるようになった。」
(あ第23回-125)[東洋医学臨床論]
三叉神経第3枝の神経痛に持続圧迫法を行う際の治療穴で適切なのはどれか。
(あ第24回-119)[東洋医学臨床論]
眼精疲労における目の痛みに対して眼球の支配神経を考慮した経穴で適切なのはどれか。
(あ第25回-130)[東洋医学臨床論]
第2・第3頸神経前枝に支配される領域の神経痛に対する局所治療穴として最も適切なのはどれか。
(あ第26回-131)[東洋医学臨床論]
後頭部痛を訴える患者で、痛みの領域から大後頭神経が罹患神経と考えた。それを確認するために押圧する最も適切な経穴はどれか。
(あ第27回-124)[東洋医学臨床論]
三叉神経痛の罹患神経と施術部位の組合せで適切なのはどれか。
(あ第29回-118)[東洋医学臨床論]
神経と経穴の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)