経穴-筋肉の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

僧帽筋のこりを直接に刺激する治療穴で適切でないのはどれか。
(あ第5回-137)[東洋医学臨床論]
下垂手の麻痺筋に対する治療穴として適切なのはどれか。
(あ第5回-142)[東洋医学臨床論]
僧帽筋上部線維にあるこりに対して用いる経穴はどれか。
(あ第6回-128)[東洋医学臨床論]
肩こりの施術対象になる筋と局所治療穴との組合せで正しいのはどれか。
(あ第10回-129)[東洋医学臨床論]
肩こりで僧帽筋を施術対象とする場合、局所治療穴として適切でないのはどれか。
(あ第14回-127)[東洋医学臨床論]
肩関節を外旋すると天宗穴付近に痛みがみられる場合、施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第14回-128)[東洋医学臨床論]
肩関節の外旋筋の短縮による内旋制限に対し、最も適切な局所治療穴はどれか。
(あ第19回-121)[東洋医学臨床論]
頸肩部のこりに対する施術で治療対象となる筋と経穴との組合せで正しいのはどれか。
(あ第22回-131)[東洋医学臨床論]
ライトテスト陽性を示す患者の施術対象となる筋で、停止腱に対応する経穴はどれか。
(あ第23回-121)[東洋医学臨床論]
肩こりの施術対象となる筋と局所治療穴の組合わせで最も適切なのはどれか。
(あ第25回-121)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例に対し、施術対象となる筋で最も適切なのはどれか。
「35歳の男性。手掌の母指から中指にかけて痛みとしびれを自覚。中指掌側に知覚異常が認められる。少海から孔最にかけての圧迫で症状の再現する部位があった。」
(あ第25回-123)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害による下肢痛に対する施術において、治療対象となる筋・靭帯と経穴の組合せで正しいのはどれか。
(あ第26回-128)[東洋医学臨床論]
COPDの患者で、呼吸補助筋である小胸筋に過緊張がみられる場合の局所治療穴として最も適切なのはどれか。
(あ第27回-120)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺の罹患筋と局所治療穴の組合せで最も適切なのはどれか。
(あ第27回-123)[東洋医学臨床論]
目の疲労に対する頭板状筋への局所施術として最も適切な経穴はどれか。
(あ第28回-122)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例について、罹患筋への局所施術として最も適切な経穴はどれか。
「14歳の男子。野球の投手。オーバースローの投球動作でリリース期に肩の後方に痛みがある。」
(あ第28回-133)[東洋医学臨床論]
菱形筋の緊張を有する肩こりに対して局所施術を行う場合、最も適切な経穴はどれか。
(あ第29回-112)[東洋医学臨床論]
「32歳の男性。朝起きると顔の右半分が動かしにくい。眉毛を上げたり目を閉じたりする動作が鈍く、口角から水がもれる。顔に痛みや発疹はない。」
障害筋と治療穴の組合せで正しいのはどれか。
(あ第29回-146)[東洋医学臨床論]
経穴-筋肉の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)