適応する疾患・症状の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

高血圧症患者について施術の適応性の最も高いのはどれか。
(あ第1回-147)[東洋医学臨床論]
腹痛時の施術が適応となるのはどれか。
(あ第1回-150)[東洋医学臨床論]
めまいを訴える疾患に対して全身マッサージが効果的と考えられるのはどれか。
(あ第2回-137)[東洋医学臨床論]
胸痛のうち施術対象となる状況はどれか。
(あ第2回-138)[東洋医学臨床論]
月経異常に対して施術の最も適応性の高いのはどれか。
(あ第2回-140)[東洋医学臨床論]
腹部に施術を行ってもよい腹痛はどれか。
(あ第3回-143)[東洋医学臨床論]
排尿異常をきたす疾患で施術が適応となるのはどれか。
(あ第3回-148)[東洋医学臨床論]
施術の対象として適当なのはどれか。
(あ第4回-135)[東洋医学臨床論]
悪心・嘔吐に対する施術に当たって適応となる原因疾患はどれか。
(あ第4回-143)[東洋医学臨床論]
関節疾患で施術の対象として適切なのはどれか。
(あ第5回-135)[東洋医学臨床論]
頭痛で施術の対象として適切なのはどれか。
(あ第5回-136)[東洋医学臨床論]
高血圧症で施術の対象として適切なのはどれか。
(あ第5回-147)[東洋医学臨床論]
施術が適応する食欲不振の状態はどれか。
(あ第6回-135)[東洋医学臨床論]
施術が適応するインポテンツはどれか。
(あ第6回-138)[東洋医学臨床論]
頭痛で施術対象となるのはどれか。
(あ第7回-126)[東洋医学臨床論]
高血圧症で施術の適応性の最も高いのはどれか。
(あ第7回-135)[東洋医学臨床論]
高血圧症で施術の適応性の最も高いのはどれか。
(あ第8回-137)[東洋医学臨床論]
腹痛で施術の適応性の最も高いのはどれか。
(あ第8回-138)[東洋医学臨床論]
めまいと耳鳴りを訴える疾患で、頭頸部への局所治療が最も効果的なのはどれか。
(あ第8回-139)[東洋医学臨床論]
悪心や嘔吐の症状に対し、施術の対象として最も適切なのはどれか。
(あ第9回-132)[東洋医学臨床論]
腹痛に対して施術の適応とならないのはどれか。
(あ第9回-135)[東洋医学臨床論]
胸痛に対する施術で適応性が最も高いのはどれか。
(あ第10回-138)[東洋医学臨床論]
随伴症状を伴う月経痛で施術対象として適切でないのはどれか。
(あ第13回-135)[東洋医学臨床論]
随伴症状を伴う高血圧症で施術対象として適切なのはどれか。
(あ第13回-136)[東洋医学臨床論]
めまいの原因疾患で全身あん摩が適切なのはどれか。
(あ第14回-133)[東洋医学臨床論]
施術対象となる頭痛はどれか。
(あ第15回-123)[東洋医学臨床論]
月経痛を伴う疾患で、最も施術の適応となるのはどれか。
(あ第16回-132)[東洋医学臨床論]
月経痛に対し、最も施術の適応となるのはどれか。
(あ第17回-131)[東洋医学臨床論]
腹痛に対し、最も施術の適応となるのはどれか。
(あ第17回-132)[東洋医学臨床論]
月経痛に伴う所見のうち最も施術が適応するのはどれか。
(あ第23回-123)[東洋医学臨床論]
「55歳の男性。物忘れが多く、買い物をすることも困難になった。自分の部屋に戻れないことがある。睡眠障害はあるが、幻覚、妄想はみられない。」
マッサージで改善が期待できるのはどれか。
(あ第24回-140)[東洋医学臨床論]
適応する疾患・症状の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)