病症-治療穴の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

肝の病証による難聴に対する治療穴として最も適切なのはどれか。
(あ第19回-119)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療穴で最も適切なのはどれか。
「37歳の男性。主訴は目の疲れ。時々目がかすみ、夜間にこむら返りも起こる。」
(あ第21回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す経脈病証に対する施術で治療穴として最も適切なのはどれか。
「食べると吐き、胃が痛み、腹が張り、よくおくびが出る。体全体がだるい。」
(あ第23回-117)[東洋医学臨床論]
「53歳の女性。近頃、ほてりとのぼせがあり、倦怠感、ふらつき、頭痛、肩こり、喉の渇きもみられる。最近受けた人間ドックの検査では異常は指摘されなかった。舌質は紅、脈は細数。」
本患者に対し、東洋医学的な観点から治療する場合の治療穴で最も適切なのはどれか。
(あ第24回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療穴として最も適切なのはどれか。
「38歳の女性。主訴は頭痛。仕事が忙しくなりイライラしてくると頭頂部の痛みが生じる。ひどくなると顔面が紅潮し、口の中が苦くなる。舌質は紅、脈は弦有力。」
(あ第26回-117)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療穴として最も適切なのはどれか。
「25歳の女性。主訴は食欲不振。胃下垂気味で、雨降り前になると食欲低下、胃もたれが生じ気分がすぐれなくなる。また立ちくらみを起こしやすい。」
(あ第26回-119)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対して圧迫法を行う経穴で最も適切なのはどれか。
「23歳の女性。食事の時に涎が出にくい。雨降り前になると気分がすぐれず、食欲がない。上下肢に内出血ができやすい。」
(あ第28回-114)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療穴として最も適切なのはどれか。
「39歳の女性。主訴は頭痛。痛みの性質は重痛で、体の重だるさや悪心、嘔吐を伴う。飲食の不摂生で症状は悪化する。舌は淡紅、白膩苔、脈は滑を認める。」
(あ第29回-134)[東洋医学臨床論]
病症-治療穴の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)