病証を答える過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

「60歳の女性。腰がだるく、腰下肢が冷えて疲れやすい。頻尿を伴う。」
病証として適切なのはどれか。
(あ第17回-135)[東洋医学臨床論]
症状と病証の組合わせで最も適切なのはどれか。
(あ第25回-112)[東洋医学臨床論]
「31歳の男性。主訴は腹痛と下痢。勤務時間が長く、ストレスが続いている。腹痛と腹部膨満感は排便により軽減する。噯気が多い。過敏性腸症候群と診断された。」
本症例の臓腑の病証で最も適切なのはどれか。
(あ第27回-136)[東洋医学臨床論]
「71歳の女性。主訴は慢性の便秘。最近は硬い便で4日に1回となった。便意がなく、食欲も減退し口が渇く。腹力もない。病院では機能性便秘と言われた。」
本症例にみられる病証で最も適切なのはどれか。
(あ第28回-140)[東洋医学臨床論]
「30歳の女性。主訴は胸やけ。食後や夜間に口に酸っぱいものがこみ上がってくる。胃内視鏡検査で食道のびらんを指摘された。前脛骨筋に緊張と圧痛を認める。」
本症例の経脈病証はどれか。
(あ第29回-142)[東洋医学臨床論]
病証を答える過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)