古代刺法の過去問題[東概](鍼灸編)

誘導法に相当する鍼の刺法はどれか。
(はき第1回-109)[東洋医学概論]
鍼の刺法について正しい組合せはどれか。
(はき第2回-109)[東洋医学概論]
五臓五刺の方法で肺の臓に対する刺法はどれか。
(はき第4回-108)[東洋医学概論]
次の文で示す刺法はどれか。
「右を病めば左を取り、左を病めば右を取る。」
(はき第4回-110)[東洋医学概論]
「寒気の浅きもの」 に対する刺法はどれか。
(はき第5回-108)[東洋医学概論]
次の文で示す刺法はどれか。
「病上にあればこれを下にとり、腑兪を刺す。」
(はき第6回-108)[東洋医学概論]
次の文で示す刺法はどれか。
「燔鍼を刺して即ち痺を取る。」
(はき第7回-108)[東洋医学概論]
五臓五刺で関刺を用いるのはどれか。
(はき第7回-110)[東洋医学概論]
骨痺に対する刺法はどれか。
(はき第8回-109)[東洋医学概論]
五臓五刺で心に応ずる刺法はどれか。
(はき第9回-108)[東洋医学概論]
陰陽の邪気を出し、水穀の気の循りを良くする刺法はどれか。
(はき第9回-110)[東洋医学概論]
五臓五刺で鍼を深く刺入し、骨痺を取る刺法はどれか。
(はき第10回-109)[東洋医学概論]
患部の左右反対側に治療する刺法を含むのはどれか。
(はき第10回-110)[東洋医学概論]
十二刺の刺法で正しい組合せはどれか。
(はき第11回-110)[東洋医学概論]
遠道刺の刺法はどれか。
(はき第11回-111)[東洋医学概論]
五臓五刺で正しい組合わせはどれか。
(はき第12回-111)[東洋医学概論]
鈹鍼を用いる古代刺法はどれか。
(はき第13回-110)[東洋医学概論]
古代刺法で毛刺が含まれるのはどれか。
(はき第13回-111)[東洋医学概論]
十二刺で筋痺の治療に用いる刺法はどれか。
(はき第14回-108)[東洋医学概論]
五刺について正しい組合せはどれか。
(はき第14回-109)[東洋医学概論]
古代刺法で兪募配穴に発展したのはどれか。
(はき第15回-104)[東洋医学概論]
九変に応じる刺法について誤っている組合せはどれか。
(はき第15回-105)[東洋医学概論]
十二刺のうち、患部に一鍼、その傍に一鍼ずつ刺す刺法はどれか。
(はき第16回-105)[東洋医学概論]
右肩関節痛に対して左肩に刺鍼する刺法はどれか。
(はき第17回-102)[東洋医学概論]
十二刺に含まれないのはどれか。
(はき第18回-103)[東洋医学概論]
九変に応ずる刺法で筋痺のときに圧痛点へ刺すのはどれか。
(はき第20回-104)[東洋医学概論]
次の文で示す症状に用いる刺法はどれか。
「足から膝にかけて冷えがあり、水様便が出る。」
(はき第24回-101)[東洋医学概論]
痹証と十二刺の組合せで正しいのはどれか。
(はき第28回-101)[東洋医学概論]
腰殿部外側と大腿外側の脹痛に対して、侠渓を取穴した治療の法則はどれか。
(はき第29回-106)[東洋医学概論]
十二刺の偶刺に基づいた治療穴の組合せで正しいのはどれか。
(はき第30回-106)[東洋医学概論]
古代刺法の過去問題[東概](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}


コクシーランドのご愛用、
ありがとうございます。

サイトをサポート

寄付する

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)