補瀉の過去問題[東概](鍼灸編)

鍼の補瀉で正しいのはどれか。
(はき第1回-110)[東洋医学概論]
補法となる艾の取扱いはどれか。
(はき第2回-110)[東洋医学概論]
実証に対する鍼治療の手技として正しい記述はどれか。
(はき第3回-111)[東洋医学概論]
補瀉について誤っている記述はどれか。
(はき第4回-111)[東洋医学概論]
施灸で補法になるのはどれか。
(はき第5回-110)[東洋医学概論]
鍼治療の補瀉で誤っている記述はどれか。
(はき第5回-111)[東洋医学概論]
補の施灸で誤っているのはどれか。
(はき第7回-111)[東洋医学概論]
補法に該当しない刺鍼法はどれか。
(はき第8回-111)[東洋医学概論]
迎髄の補瀉で瀉法となるのはどれか。
(はき第9回-109)[東洋医学概論]
陽実証に対する刺法で適切なのはどれか。
(はき第10回-111)[東洋医学概論]
補の施灸法として誤っているのはどれか。
(はき第11回-108)[東洋医学概論]
東洋医学の治療について誤っている記述はどれか。
(はき第11回-109)[東洋医学概論]
東洋医学の特色で適切でないのはどれか。
(はき第12回-97)[東洋医学概論]
鍼治療の補瀉で正しい記述はどれか。
(はき第13回-109)[東洋医学概論]
「咽喉の閉塞感、怒りっぽい、抑うつ、胸脇苦満」
本病証に用いる鍼の補瀉法で適切なのはどれか。
(はき第17回-105)[東洋医学概論]
瀉法はどれか。
(はき第18回-104)[東洋医学概論]
補瀉迎随による経穴刺鍼で瀉法となるのはどれか。
(はき第18回-105)[東洋医学概論]
施灸で補法はどれか。
(はき第19回-103)[東洋医学概論]
迎随の補瀉で補法はどれか。
(はき第19回-105)[東洋医学概論]
迎随の補瀉で補法はどれか。
(はき第22回-105)[東洋医学概論]
肘関節に向けて刺入すると補法になる経穴の部位はどれか。
(はき第26回-101)[東洋医学概論]
次の文で示す病証の治療原則で最も適切なのはどれか。
「慢性の眩暈と頭痛、目の充血、のぼせ、腰がだるく力が入らない。脈は弦細数を認める。」
(はき第30回-103)[東洋医学概論]
補瀉の過去問題[東概](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}


コクシーランドのご愛用、
ありがとうございます。

サイトをサポート

寄付する

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)