病因病機の過去問題[東概](鍼灸編)

内因はどれか。
(はき第3回-101)[東洋医学概論]
次の文で示す外邪はどれか。
「百病の長ともいわれ、春に多く発病し、多くは皮毛から侵入する。」
(はき第3回-102)[東洋医学概論]
湿邪について誤っている記述はどれか。
[東洋医学概論](はき第4回-104)
五悪(五気)と五腑との組合せで正しいのはどれか。
(はき第5回-103)[東洋医学概論]
不内外因でないのはどれか。
(はき第7回-103)[東洋医学概論]
病因についての記述で適切でないのはどれか。
(はき第9回-103)[東洋医学概論]
外因で体重節痛を引き起こすのはどれか。
(はき第12回-103)[東洋医学概論]
外邪で動きが遅く停滞する性質をもつのはどれか。
(はき第14回-101)[東洋医学概論]
次の文で示す病証から最も考えられる邪気はどれか。
「冷たいビールを飲み、そのままクーラーの効いた部屋で寝て、下痢をした。」
(はき第16回-99)[東洋医学概論]
寒邪の特徴でないのはどれか。
(はき第17回-96)[東洋医学概論]
病邪と損傷する対象との組合せで正しいのはどれか。
(はき第17回-97)[東洋医学概論]
外邪とその性質との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第18回-94)[東洋医学概論]
外邪で遊走性の痛みを起こすのはどれか。
(はき第21回-98)[東洋医学概論]
外邪の特徴で正しいのはどれか。
(はき第22回-96)[東洋医学概論]
外邪で収斂作用をもち、皮毛を収縮させるのはどれか。
(はき第23回-94)[東洋医学概論]
「56歳の男性。主訴は食欲不振。腹部の痞えや膨満感、重痛を伴う。口が粘る、口苦、臭いの強い下痢がみられる。」
最も適切な病証はどれか。
(はき第23回-99)[東洋医学概論]
外邪とその特徴の組合せで正しいのはどれか。
(はき第24回-93)[東洋医学概論]
次の文で示す症状の病因はどれか。
「2日前から喉が痛む。鼻がつまり、頭が痛く、顔がむくむ。」
(はき第24回-94)[東洋医学概論]
次の文で示す患者の症状を引き起こす六淫はどれか。
「55歳の女性。梅雨の頃より頭や体が重く、四肢がだるくなり、関節が腫れ、下痢をするようになった。」
(はき第25回-94)[東洋医学概論]
次の文で示す患者の症状を引き起こす六淫で最も適切なのはどれか。
「40歳の女性。昨日、外出後、頭痛、鼻づまり、咽喉部の痒み、眼瞼および顔面の浮腫が発生した。顔面麻痺様の症状もある。」
(はき第26回-95)[東洋医学概論]
「関節がだるく痛み、頭が重くなる。」の症状を引き起こす病邪の特徴はどれか。
(はき第27回-91)[東洋医学概論]
次の文で示す患者の病因で最も適切なのはどれか。
「34歳の男性。1週間前に上司から販売業績が悪いことを責められた。それ以来、やる気がでない。 声に力がなく、食欲もない。」
(はき第28回-89)[東洋医学概論]
急にめまい、けいれんを起こすのはどれか。
(はき第28回-94)[東洋医学概論]
病因病機の過去問題[東概](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す