経絡の過去問題[東概](鍼灸編)

喉の腫れ、鼻出血および下顎歯の痛みはどの経絡病証か。
(はき第2回-103)[東洋医学概論]
次の文で示す病証に関係する経絡はどれか。
「咳、喘鳴、胸が脹り満ちた感じがあり、上肢の内側に沿った冷えと痛みがある。」
(はき第2回-108)[東洋医学概論]
次の文で示す症状を訴えるのはどの経絡の病証か。
「腋窩部の腫れ、上肢のひきつれ、手掌のほてり及び季肋部のつかえ。」
(はき第3回-98)[東洋医学概論]
任脈病証に含まれるのはどれか。
(はき第4回-101)[東洋医学概論]
次の文で示す病証に関係する経絡はどれか。
「頸が腫れ、肩から上腕後内側を経て小指にいたる部位の激しい痛み、難聴がある。」
(はき第6回-103)[東洋医学概論]
次の文で示す症状はどの経絡病証か。
「空腹感はあるが食欲はなく、顔色は黒ずみ、呼吸が苦しくせき込む。」
(はき第8回-102)[東洋医学概論]
次の文で示す病証を呈する経絡はどれか。
「前胸部から心下部への圧迫感、腹部膨満感があり、下肢内側の腫れと痛み、足の母指の麻痺がある。」
(はき第9回-100)[東洋医学概論]
次の病証を示す経絡はどれか。
「空腹でも食欲がなく膝から下が冷える。腰痛があって臥すことを好む。」
(はき第10回-104)[東洋医学概論]
次の文で示す経絡病証について適切なのはどれか。
「のどが渇き、側胸部が痛む。上肢の前面内側がしびれて痛み、手掌が熱をもって痛む。」
(はき第11回-104)[東洋医学概論]
次の文で示す経絡病証について適切なのはどれか。
「目の痛みが強く、頭痛もある。背中は張って腰は折れんばかりに痛み、下腿後面の筋がひきつれる。」
(はき第12回-108)[東洋医学概論]
陽蹻脈病証の症状はどれか。
(はき第12回-109)[東洋医学概論]
経絡病証で背骨のこわばり、頭痛の症状を呈するのはどれか。
(はき第13回-105)[東洋医学概論]
次の文で示す経絡病証はどれか。
「咳が出て胸苦しく、胸に熱感があり息切れし、手掌がほてる。」
(はき第13回-108)[東洋医学概論]
次の文で示す経絡病証はどれか。
「腰が痛み、季肋部が張って苦しく、顔色は青黒い。」
(はき第14回-105)[東洋医学概論]
経絡について誤っている記述はどれか。
(はき第15回-98)[東洋医学概論]
次の文で示す経脈病証はどれか。
「口が苦い、缺盆の部分と腋下が腫れ、膝の外側が痛む。」
(はき第16回-102)[東洋医学概論]
次の文で示す奇経八脈病証はどれか。
「腹がはり、腰は弛緩して、力が入らず、水の中に座っているような無力と寒気を覚える。」
(はき第16回-103)[東洋医学概論]
胸苦しさと手掌のほてりを呈する経脈病証の所見で適切でないのはどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選ぶと正解になります。
(はき第17回-100)[東洋医学概論]
喉の腫れ、鼻出血および下の歯の痛みを呈する経脈病証はどれか。
(はき第18回-97)[東洋医学概論]
腎経の経脈病証の所見として適切でないのはどれか。
(はき第18回-98)[東洋医学概論]
次の文で示す経脈病証はどれか。
「顔面の麻痺、下腿前面外側と足背の痛み。」
(はき第19回-95)[東洋医学概論]
次の文で示す経脈病証はどれか。
「耳鳴りがして音が聞こえにくい。目尻から頬にかけて痛み、発汗を呈する。」
(はき第19回-96)[東洋医学概論]
次の文で経脈病証に用いる経穴について適切なのはどれか。
「舌の根元に痛み、腹部膨満感、下痢、全身倦怠感、下肢内側の痛み。」
(はき第20回-97)[東洋医学概論]
次の文で示す経脈病証はどれか。
「首が腫れ、後ろを振り返ることができない。難聴があり、上肢後面内側が痛む。」
(はき第22回-102)[東洋医学概論]
経脈で表裏関係にある組合せはどれか。
(はき第23回-93)[東洋医学概論]
次の文で示す経脈病証はどれか。
「上肢がひきつり、手掌のほてりがある。胸苦しく、精神的に不安定である。」
(はき第23回-97)[東洋医学概論]
次の文で示す経脈病証に対し、難経六十九難の治療法則を考慮して施術を行う場合、最も適切な経穴はどれか。
「顔色が黒ずむ、呼吸が苦しく咳がでる、立ちくらみ、食欲がない、寝ることを好んで起きたがらない。」
(はき第23回-101)[東洋医学概論]
次の文で示す経脈の病証はどれか。
「48歳の女性。発汗、喉の腫れがあり、耳が聞こえにくく、耳鳴りが続く。」
(はき第24回-97)[東洋医学概論]
心下付近に結ぶ経筋はどれか。
(はき第25回-93)[東洋医学概論]
経脈病証で前胸部、心下部、腋下部の圧迫感、下肢内側の腫れや痛みがみられるのはどれか。
(はき第25回-96)[東洋医学概論]
次の文で示す経脈病証はどれか。
「心煩、心下痛、舌の強ばり、舌痛、鼠径部や膝の腫痛や冷え。」
(はき第26回-91)[東洋医学概論]
下肢と体幹の両側の陰陽を調節し、下肢の陰経と陽経の協調に関与するのはどれか。
(はき第26回-92)[東洋医学概論]
すべての絡脈に瘀血があるときに用いるのはどれか。
(はき第26回-93)[東洋医学概論]
足の太陽膀胱経の病証はどれか。
(はき第26回-98)[東洋医学概論]
経脈病証で「顔がすすけて黒く、腰が痛く、陰嚢が腫れて痛み、小便が出ない。」のはどれか。
(はき第27回-96)[東洋医学概論]
経脈病証で「顔がくすみ、皮膚がかさかさして艶がない。口が苦く、よくため息をつく。痛みで寝返りが打てない。」のはどれか。
(はき第28回-97)[東洋医学概論]
虚証で最もみられるのはどれか。
(はき第28回-98)[東洋医学概論]
次の文で示す経脈の病証はどれか。
「48歳の女性。発汗、目尻から頬の痛みがあり、耳鳴りが続き耳が聞こえにくい。」
(はき第29回-102)[東洋医学概論]
経脈病証で咽喉の症状がみられないのはどれか。
(はき第29回-104)[東洋医学概論]
経絡の過去問題[東概](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)