鍼灸治効の基礎の過去問題[きゅう]

誤っているのはどれか。
(第1回-151)[きゅう理論]
誤っているのはどれか。
(第1回-152)[きゅう理論]
侵害刺激となる温度は約何度以上か。
(第1回-155)[きゅう理論]
施灸の火傷による局所反応として誤っているのはどれか。
(第1回-160)[きゅう理論]
灸療法への関与が小さいと考えられる感覚受容器はどれか。
(第2回-152)[きゅう理論]
皮膚の温覚について誤っている記述はどれか。
(第2回-153)[きゅう理論]
ヘッド帯の出現に関係する反射はどれか。
(第2回-155)[きゅう理論]
温度受容器はどれか。
(第2回-156)[きゅう理論]
次の文で示す状況は火傷の第何度か。
「施灸時に紅斑と腫脹とがわずかに見られ、疼痛を訴えたが痕跡を残さず治癒した。」
(第2回-157)[きゅう理論]
弛緩性便秘に対する施灸の目的とする作用はどれか。
(第2回-159)[きゅう理論]
温熱感覚を伝える求心性線維はどれか。
(第3回-154)[きゅう理論]
関連痛に関与しないのはどれか。
(第3回-155)[きゅう理論]
温灸に反応する受容器はどれか。
(第4回-155)[きゅう理論]
棒灸による温熱刺激の伝導速度はどれか。
(第4回-159)[きゅう理論]
透熱灸の感覚を伝える神経線維はどれか。
(第4回-160)[きゅう理論]
棒灸について正しい記述はどれか。
(第5回-154)[きゅう理論]
熱により組織の破壊が起こり始める皮膚温はどれか。
(第5回-156)[きゅう理論]
施灸により最初に起こる現象はどれか。
(第5回-157)[きゅう理論]
ヘッド帯の出現に関与する反射はどれか。
(第5回-159)[きゅう理論]
灸刺激による生体反応として正しい記述はどれか。
(第6回-157)[きゅう理論]
灸の熱刺激を伝える脊髄視床路が通る部位はどれか。
(第6回-158)[きゅう理論]
透熱灸刺激により誘発される反射はどれか。
(第6回-159)[きゅう理論]
灸あたりで起こる発熱に関与する脳の部位はどれか。
(第7回-157)[きゅう理論]
温度感覚について正しい記述はどれか。
(第7回-158)[きゅう理論]
施灸による軸索反射で正しい記述はどれか。
(第7回-159)[きゅう理論]
エアポケット現象と関連の深いのはどれか。
(第8回-158)[きゅう理論]
透熱灸による熱痛覚を伝える神経線維はどれか。
(第9回-158)[きゅう理論]
内因性オピオイドとナロキソンとが結合する受容体はどれか。
(第9回-159)[きゅう理論]
施灸による体性-内臓反射の遠心路を構成する神経線維で正しいのはどれか。
(第10回-159)[きゅう理論]
転調作用を目的に灸治療を行う疾患はどれか。
(第11回-152)[きゅう理論]
施灸による体性-自律神経反射で交感神経活動の亢進反応でないのはどれか。
(第11回-158)[きゅう理論]
膝蓋跳動がみられる変形性膝関節症に対する灸施術の目的はどれか。
(第12回-155)[きゅう理論]
施灸による紅斑形成に最も関連の強い神経線維はどれか。
(第13回-157)[きゅう理論]
痛みの悪循環を改善する施灸の目的として適切でないのはどれか。
(第13回-158)[きゅう理論]
透熱灸によって誘発される反射はどれか。
(第13回-159)[きゅう理論]
灸刺激の伝導路に関与しないのはどれか。
(第14回-156)[きゅう理論]
温覚に関する記述で正しいのはどれか。
(第14回-157)[きゅう理論]
熱痛覚を引き起こす閾値はどれか。
(第15回-156)[きゅう理論]
灸刺激情報の伝達に関与しないのはどれか。
(第15回-157)[きゅう理論]
熱痛刺激情報を二次ニューロンへ伝達するのはどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(第16回-157)[きゅう理論]
温熱刺激の受容にかかわるのはどれか。
(第16回-159)[きゅう理論]
圧自律神経反射に関与しないのはどれか。
(第17回-160)[きゅう理論]
透熱灸による熱痛覚を伝える伝導路はどれか。
(第18回-157)[きゅう理論]
透熱灸による熱痛覚を伝導する求心性神経はどれか。
(第19回-155)[きゅう理論]
灸刺激の伝導路に関与するのはどれか。
(第20回-156)[きゅう理論]
知熱灸の熱刺激の伝達に関係するのはどれか。
(第21回-157)[きゅう理論]
灸による温熱刺激の受容・伝導について正しいのはどれか。
(第22回-158)[きゅう理論]
足三里穴に施灸して胃の機能が改善したとき、関与したと考えられる反射はどれか。
(第22回-159)[きゅう理論]
施灸により蛋白質の変性が起き始める温度はどれか。
(き第23回-156)[きゅう理論]
施灸により局所の鎮痛に作用するのはどれか。
(き第23回-157)[きゅう理論]
「45歳の女性。両下腿に冷えを訴えて来院。愁訴を改善する目的で、両側の三陰交に半米粒大の透熱灸5壮の施術を行った。」
目的とした治療的作用はどれか。
(き第23回-158)[きゅう理論]
灸刺激の伝導に関与するのはどれか。
(はき第24回-157)[きゅう理論]
虚弱体質を改善する灸の作用はどれか。
(はき第24回-160)[きゅう理論]
温度刺激に関して正しいのはどれか。
(はき第25回-156)[きゅう理論]
第12胸神経から第2腰神経の皮膚分節領域に関連痛が現れる臓器はどれか。
(はき第26回-156)[きゅう理論]
温度覚について正しいのはどれか。
(はき第26回-157)[きゅう理論]
透熱灸刺激では起こらない鎮痛機序はどれか。
(はき第26回-160)[きゅう理論]
関連痛に直接関与しないのはどれか。
(はき第27回-155)[きゅう理論]
ポリモーダル受容器が受容した熱痛を主に伝導するのはどれか。
(はき第27回-156)[きゅう理論]
手足の冷えを改善する灸の治療的作用はどれか。
(はき第27回-159)[きゅう理論]
灸による温熱刺激の受容・伝導について誤っているのはどれか。
(はき第28回-155)[きゅう理論]
広汎性侵害抑制性調節(DNIC)が最も関与するのはどれか。
(はき第28回-159)[きゅう理論]
鍼灸治効の基礎の過去問題[きゅう]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す