はりきゅう理論

【まとめ!】古代九鍼

九鍼とは 今から約二千年前の中国で治療に用いられていた、九種類の鍼具です。 九鍼の分類 皮膚を破る鍼 鈹鍼 癰や大膿を切り開く。 鋒鍼 三稜鍼ともいう。頑固な痛みや痺れ、できもののあるとき、手足末端の経穴や局所を瀉す。 鑱鍼 熱が頭身の皮膚...
はりきゅう理論

関連学説の過去問題[はり]

はりきゅう理論のTOPに戻る
はりきゅう理論

鍼灸療法の一般治効理論の過去問題[はり]

はりきゅう理論のTOPに戻る
はりきゅう理論

鍼灸治効の基礎の過去問題[はり]

はりきゅう理論のTOPに戻る
はりきゅう理論

リスク管理の過去問題[はり]

はりきゅう理論のTOPに戻る
はりきゅう理論

鍼灸の臨床応用の過去問題[はり]

← はりきゅう理論のTOPに戻る
はりきゅう理論

関連学説の過去問題[きゅう]

← はりきゅう理論のTOPに戻る
はりきゅう理論

鍼灸療法の一般治効理論の過去問題[きゅう]

はりきゅう理論のTOPに戻る