関連学説の過去問題[はり]

レイリー現象の特性で誤っているのはどれか。
(第1回-149)[はり理論]
内部環境という言葉で恒常性について述べたのは誰か。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(第2回-145)[はり理論]
ストレス学説における生体反応として関係のないのはどれか。
(第3回-142)[はり理論]
圧発汗反射の圧迫側の反応で正しいのはどれか。
(第4回-148)[はり理論]
ストレス学説で交絡感作期ともいわれるのはどれか。
(第4回-150)[はり理論]
正しい組合せはどれか。
(第5回-150)[はり理論]
サイバネティックスの学説で提唱されたのはどれか。
(第6回-150)[はり理論]
圧発汗反射の学説で圧迫側に起こる反応として正しい組合せはどれか。
(第8回-150)[はり理論]
ストレス学説で交絡抵抗が現れる時期はどれか。
(第9回-150)[はり理論]
交感神経-アドレナリン系を中心として説明したのはどれか。
(第10回-150)[はり理論]
レイリー現象について正しいのはどれか。
(第11回-150)[はり理論]
ストレス学説で交絡抵抗が現れる時期はどれか。
(第19回-150)[はり理論]
サイバネティックスと関連するのはどれか。
(第20回-150)[はり理論]
「内部環境」という用語で恒常性について述べた人物はどれか。
(第22回-150)[はり理論]
ストレス学説において初めに加えられたストレッサーに対してのみ有効な抵抗を現す時期はどれか。
(はき第24回-150)[はり理論]
関連学説の過去問題[はり]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

鍼灸療法の一般治効理論の過去問題[はり]

鍼刺激を与えたときの手指皮膚血管の一般的な反応はどれか。
(第1回-150)[はり理論]
刺鍼により心拍数は減少する。 このメカニズムとして考えられないのはどれか。
(第2回-144)[はり理論]
自律神経について誤っている記述はどれか。
(第2回-150)[はり理論]
皮膚のポリモーダル受容器からの求心性線維はどれか。
(第3回-144)[はり理論]
刺鍼により手部皮膚血管は一過性に収縮する。機序として正しいのはどれか。
(第3回-150)[はり理論]
刺鍼による交感神経機能抑制でみられる現象はどれか。
(第4回-144)[はり理論]
鍼刺激による胃の蠕動の調整に関与する神経節はどれか。
(第5回-146)[はり理論]
刺鍼時における心電図の変化で正しいのはどれか。
(第5回-147)[はり理論]
刺鍼により交感神経α受容体が関与する反応で正しいのはどれか。
(第6回-146)[はり理論]
鍼刺激が腎機能に与える影響をみるとき指標となるのはどれか。
(第6回-149)[はり理論]
血管収縮作用をもつ物質はどれか。
(第7回-149)[はり理論]
常習性便秘に対する背部の鍼治療の効果はどの作用によるか。
(第8回-148)[はり理論]
鍼刺激が膵臓のホルモンに与える影響を調べる場合、指標とならないのはどれか。
(第8回-149)[はり理論]
鍼刺激が迷走神経に及ぼす影響をみる場合に適切でない臓器はどれか。
(第9回-147)[はり理論]
刺鍼による血流改善のメカニズムに関与するのはどれか。
(第9回-148)[はり理論]
鍼刺激の影響をみるとき、尿中ウロビリン体量が指標となる臓器はどれか。
(第10回-148)[はり理論]
鍼の「ひびき」を伝える神経線維はどれか。
(第11回-148)[はり理論]
刺鍼局所の軸索反射が強く関与する治療的作用はどれか。
(第11回-149)[はり理論]
腰部刺激によって下肢に発現する血管拡張の機序はどれか。
(第12回-150)[はり理論]
軸索反射を介してコリン作動性神経末端に作用し、筋血管を拡張させるのはどれか。
(第13回-146)[はり理論]
ポリモーダル受容器の特徴として適切でないのはどれか。
(第13回-147)[はり理論]
胃運動を促進する迷走神経反射に関与するのはどれか。
(第13回-150)[はり理論]
ポリモーダル受容器について誤っているのはどれか。
(第14回-149)[はり理論]
皮内鍼の絆創膏固定をはがした後にかゆみが出現した。かゆみを起こす物質はどれか。
(第15回-144)[はり理論]
鍼刺激局所の血流増加が筋肉痛を改善するのはどれか。
(第15回-148)[はり理論]
鍼刺激によって細胞膜で産生されるのはどれか。
(第15回-149)[はり理論]
表皮への刺鍼による作用でないのはどれか。
(第15回-150)[はり理論]
摩擦鍼による発赤反応に関与するのはどれか。
(第16回-149)[はり理論]
腹部鍼刺激で起こる胃運動抑制反応に主として関与するのはどれか。
(第17回-149)[はり理論]
刺鍼局所に起こるフレアー現象に関与する反射はどれか。
(第18回-150)[はり理論]
鍼刺激による血流改善に関与するのはどれか。
(第20回-148)[はり理論]
内因性オピオイドが主に関与するのはどれか。
(第20回-149)[はり理論]
「足三里穴に鍼刺激を行ったら胃の運動が亢進した。」作用機序について正しい記述はどれか。
(第21回-149)[はり理論]
鍼鎮痛に関与するのはどれか。
(第21回-150)[はり理論]
内因性オピオイドはどれか。
(第22回-148)[はり理論]
刺鍼により起こる軸索反射について正しいのはどれか。
(第22回-149)[はり理論]
刺鍼局所に起こる神経原性炎症について正しいのはどれか。
(はき第24回-146)[はり理論]
中脘への鍼刺激で胃運動が抑制される機序に関与するのはどれか。
(はき第24回-148)[はり理論]
鍼治療による生体防御反応に最も関係するのはどれか。
(はき第24回-149)[はり理論]
鍼の重だるい響き感覚を伝える神経線維はどれか。
(はき第25回-148)[はり理論]
次の文で示す研究から適切なのはどれか。
「ラットの足部への鍼刺激で迷走神経活動が亢進し胃内圧が上昇したが、内臓神経活動は変化しなかった。一方、腹部の鍼刺激では内臓神経活動が亢進し胃内圧が低下したが、迷走神経活動は変化しなかった。」
(はき第25回-149)[はり理論]
鍼刺激を行った際に細径感覚神経線維が興奮したことを示すのはどれか。
(はき第26回-145)[はり理論]
鍼刺激による筋血流の増加に直接関与しないのはどれか。
(はき第26回-146)[はり理論]
四肢に鍼刺激を行うと、上脊髄性の自律神経反応が起きやすい理由として最も考えられるのはどれか。
(はき第26回-147)[はり理論]
次の文で示す施術結果の機序で正しいのはどれか。
「脊髄損傷患者に対し、仙骨部への鍼刺激を行ったところ排尿が促進した。」
(はき第26回-148)[はり理論]
キャノンが提唱した緊急反応において副腎髄質で作用する受容体はどれか。
(はき第26回-150)[はり理論]
鍼刺激による筋血流増加に関与しないのはどれか。
(はき第27回-146)[はり理論]
体性-自律神経反射を利用して胃痛の治療を行う場合、刺鍼を行うデルマトームで最も適切なのはどれか。
(はき第27回-147)[はり理論]
刺鍼時のフレア形成に関与するのはどれか。
(はき第28回-148)[はり理論]
鍼灸療法の一般治効理論の過去問題[はり]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

鍼灸治効の基礎の過去問題[はり]

正しいのはどれか。
(第1回-141)[はり理論]
痛み情報を伝達するAδ(デルタ)神経線維について正しいのはどれか。
(第1回-143)[はり理論]
発痛に関連しない物質はどれか。
(第1回-145)[はり理論]
鈍い痛みを伝える神経線維はどれか。
(第1回-148)[はり理論]
鍼の雀啄刺激の後、刺激した部位に鈍痛が残った。 原因として考えにくいのはどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(第2回-146)[はり理論]
痛覚に関する組合せで正しいのはどれか。
(第2回-147)[はり理論]
体幹部の痛覚の伝導路はどれか。
(第2回-148)[はり理論]
エンドルフィンの拮抗物質はどれか。
(第3回-141)[はり理論]
深部痛覚の特徴について誤っている記述はどれか。
(第3回-146)[はり理論]
自律神経失調症やアレルギー体質などを改善する鍼の作用はどれか。
(第3回-148)[はり理論]
痛みの識別に関係する伝導路はどれか。
(第4回-145)[はり理論]
鍼麻酔の鎮痛機構に関与する主な部位はどれか。
(第4回-146)[はり理論]
ポリモーダル受容器の性質として正しい記述はどれか。
(第4回-147)[はり理論]
体性-内臓反射における遠心路を構成する神経線維はどれか。
(第4回-149)[はり理論]
鎮痛に関与する内因性オピオイドはどれか。
(第5回-148)[はり理論]
内因性発痛物質でないのはどれか。
(第5回-149)[はり理論]
アレルギー体質の改善を目的とする鍼の作用はどれか。
(第6回-144)[はり理論]
皮膚のポリモーダル受容器からの求心性線維はどれか。
(第6回-145)[はり理論]
内臓通について正しい記述はどれか。
(第6回-147)[はり理論]
ゲートコントロール説で正しいのはどれか。
(第6回-148)[はり理論]
次のうち刺鍼により一番早く起こる現象はどれか。
(第7回-147)[はり理論]
内因性鎮痛物質が作用する受容体はどれか。
(第7回-148)[はり理論]
痛覚を抑制する生体機構でないのはどれか。
(第7回-150)[はり理論]
内因性オピオイドの効果を特異的に消失させる物質はどれか。
(第8回-147)[はり理論]
内因性オピオイドが関与するのはどれか。
(第9回-149)[はり理論]
ポリモーダル受容器からの求心性神経線維の特徴で誤っているのはどれか。
(第10回-146)[はり理論]
内因性オピオイドによる鎮痛効果の特徴で正しいのはどれか。
(第10回-147)[はり理論]
鍼鎮痛に関与しないのはどれか。
(第10回-149)[はり理論]
鎮痛機構における下行性抑制に関与しないのはどれか。
(第11回-146)[はり理論]
内因性発痛物質でないのはどれか。
(第11回-147)[はり理論]
鍉鍼による押圧刺激の情報を伝える神経線維はどれか。
(第12回-147)[はり理論]
鍼刺激の局所に出現する現象で適切でないのはどれか。
(第12回-148)[はり理論]
エンケファリンの構成成分はどれか。
(第12回-149)[はり理論]
内因性発痛物質でないのはどれか。
(第13回-148)[はり理論]
鍼麻酔について誤っている記述はどれか。
(第13回-149)[はり理論]
施術により生じた神経インパルスの伝導に主としてAβ線維が関与するのはどれか。
(第14回-145)[はり理論]
動物実験で鍼鎮痛の効果が得られにくいとき、あらかじめ投与することで効果発現を促す物質はどれか。
(第14回-146)[はり理論]
下行性抑制系が末梢からの痛覚情報を遮断する部位はどれか。
(第14回-150)[はり理論]
乳様突起下端の後下方にあるトリガーポイントを刺激すると頭頂部に関連通がみられた。罹患筋はどれか。
(第15回-147)[はり理論]
鍼鎮痛の発現に関与するβエンドルフィンを分泌する部位はどれか。
(第16回-150)[はり理論]
鍼治療による鎮痛発現に関与しないのはどれか。
(第17回-148)[はり理論]
脊髄の部位で痛覚を伝える一次求心性ニューロンがシナプスを形成するのはどれか。
(第17回-150)[はり理論]
鍼鎮痛機構に関与しないのはどれか。
(第18回-147)[はり理論]
鍼麻酔の特徴として適切でない記述はどれか。
(第18回-148)[はり理論]
鍼刺激による反応でポリモーダル受容器が関与しないのはどれか。
(第18回-149)[はり理論]
鍼刺激による鈍い響き感覚を伝える脊髄内伝導路はどれか。
(第19回-147)[はり理論]
鍼麻酔の特徴について正しい記述はどれか。
(第19回-148)[はり理論]
下行性痛覚抑制系に関係するのはどれか。
(第19回-149)[はり理論]
鍼刺激によるポリモーダル受容器の興奮を伝える神経線維はどれか。
(第21回-147)[はり理論]
管散術の刺激を伝える神経線維はどれか。
(第21回-148)[はり理論]
鍼刺激とその反応との組合せで正しいのはどれか。
(第22回-147)[はり理論]
刺鍼により起こる軸索反射について正しいのはどれか。
(第22回-149)[はり理論]
刺鍼した際の重だるいひびき感覚を伝える主な神経線維はどれか。
(は第23回-148)[はり理論]
右腓腹筋の緊張が亢進しているとき、右承山に刺鍼したところ筋緊張が軽減した。関与したと考えられるのはどれか。
(は第23回-149)[はり理論]
鍼鎮痛の発現に関与する物質はどれか。
(は第23回-150)[はり理論]
下行性痛覚抑制系による鍼鎮痛の特徴について正しいのはどれか。
(はき第24回-147)[はり理論]
1Hzの鍼通電刺激で起こる鍼鎮痛の特徴について正しいのはどれか。
(はき第25回-150)[はり理論]
鍼施術の際にⅢ群線維が伝えるのはどれか。
(はき第26回-143)[はり理論]
小児鍼による触圧刺激に対して最も順応の早い受容器はどれか。
(はき第26回-144)[はり理論]
持続効果の長い鎮痛系の賦活を期待して鍼通電療法を行う場合、通電周波数として最も適しているのはどれか。
(はき第26回-149)[はり理論]
痛覚の二次性ニューロンが上行するのはどれか。
(はき第27回-145)[はり理論]
下行性痛覚抑制系において、脊髄後角で痛覚を遮断する物質として最も適切なのはどれか。
(はき第27回-148)[はり理論]
筋けいれんに対する鍼治療の目的はどれか。
(はき第27回-149)[はり理論]
トリガーポイントの発現に直接関与するのはどれか。
(はき第27回-150)[はり理論]
内臓痛について誤っているのはどれか。
(はき第28回-146)[はり理論]
痛覚の中枢内伝導路で情動行動、自律神経機能や痛みの制御の調節に関与すると考えられているのはどれか。
(はき第28回-147)[はり理論]
鍼鎮痛の発現に関与する部位はどれか。
(はき第28回-149)[はり理論]
鍼の末梢性鎮痛効果に最も関与するのはどれか。
(はき第28回-150)[はり理論]
鍼灸治効の基礎の過去問題[はり]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

リスク管理の過去問題[はり]

刺鍼による脳貧血の発生が少ない場合はどれか。
(第1回-144)[はり理論]
抜鍼が困難な鍼(渋鍼)の周囲に刺鍼して筋肉を弛緩させてから抜鍼する処置法はどれか。
(第2回-143)[はり理論]
刺鍼による脳貧血の際に行うのはどれか。
(第3回-145)[はり理論]
返し鍼を行う場合はどれか。
(第7回-146)[はり理論]
鍼の過誤について誤っている記述はどれか。
(第8回-146)[はり理論]
鍼の副作用と対策との組合せで誤っているのはどれか。
(第9回-145)[はり理論]
ディスポーザブル鍼の滅菌に用いられるのはどれか。
(第9回-146)[はり理論]
抜鍼困難時に使用しない手技はどれか。
(第11回-144)[はり理論]
折鍼事故の予防対策として適切でないのはどれか。
(第11回-145)[はり理論]
鍼治療の偶発症として起こり得るのはどれか。
(第12回-146)[はり理論]
刺鍼による気胸としてみられないのはどれか。
(第13回-143)[はり理論]
返し鍼の処置が適切なのはどれか。
(第13回-144)[はり理論]
ディスポーザブル鍼の取扱いとして適切でないのはどれか。
(第13回-145)[はり理論]
単回(1回)使用毫鍼の品質を保証する方法として適切でないのはどれか。
(第14回-141)[はり理論]
膝関節腔内へ鍼が刺入された場合に生じる可能性のあるのはどれか。
(第14回-142)[はり理論]
低頻度鍼通電について適切でない記述はどれか。
(第14回-143)[はり理論]
施術中の有害事象と処置との組合せで適切でないのはどれか。
(第14回-148)[はり理論]
抜鍼困難時に応用する手技はどれか。
(第15回-145)[はり理論]
鍼治療の標準予防策として適切でないのはどれか。
(第15回-146)[はり理論]
灸頭鍼による熱傷予防対策で適切でない記述はどれか。
(第16回-144)[はり理論]
体幹部に置鍼した鍼のうえにタオルをかけたことで発生しやすい有害事象はどれか。
(第16回-147)[はり理論]
鍼施術のリスク管理として適切でない記述はどれか。
(第16回-148)[はり理論]
鍼治療のうち禁止されているのはどれか。
(第16回-146)[はり理論]
鍼の抜き忘れの防止策として適切でない記述はどれか。
(第17回-145)[はり理論]
抜鍼困難時に用いる処置で適切でないのはどれか。
(第17回-146)[はり理論]
消毒のレベルと実例との組合せで適切でないのはどれか。
(第17回-147)[はり理論]
鍼治療後の気胸を疑う症状はどれか。
(第18回-145)[はり理論]
深刺による臓器傷害について誤っている組合せはどれか。
(第18回-146)[はり理論]
低周波鍼通電療法において誤っている記述はどれか。
(第19回-145)[はり理論]
刺鍼による内出血が最も起こりにくいのはどれか。
(第19回-146)[はり理論]
我が国の単回使用毫鍼について誤っている記述はどれか。
(第20回-146)[はり理論]
膏肓穴に深刺した際の合併症で生じる可能性のある症状はどれか。
(第21回-145)[はり理論]
鍼施術に関する消毒・滅菌の記述で正しいのはどれか。
(第21回-146)[はり理論]
抜鍼困難時に用いるのはどれか。
(第22回-143)[はり理論]
刺鍼による気胸発生のリスクが最も低い経穴はどれか。
(第22回-145)[はり理論]
単回使用鍼の滅菌に用いられるのはどれか。
(第22回-146)[はり理論]
有害事象と予防・処置の組合せで正しいのはどれか。
(は第23回-146)[はり理論]
鍼施術における感染症対策として最も有効なのはどれか。
(は第23回-147)[はり理論]
鍼治療後に起こった症状で気胸を疑うのはどれか。
(はき第24回-144)[はり理論]
B型肝炎患者の肩こりに対する鍼施術で正しいのはどれか。
(はき第24回-145)[はり理論]
迎え鍼を行う有害事象はどれか。
(はき第25回-146)[はり理論]
医療現場における肝炎・エイズの感染について正しいのはどれか。
(はき第25回-147)[はり理論]
経穴と深刺により損傷するリスクがある臓器との組合せで正しいのはどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(はき第26回-142)[はり理論]
単回使用毫鍼の滅菌に用いられるのはどれか。
(はき第27回-144)[はり理論]
深刺により化膿性関節炎のリスクがある経穴はどれか。
(はき第28回-143)[はり理論]
患者の体動により抜鍼困難が生じた場合の対応として適切でないのはどれか。
(はき第28回-144)[はり理論]
毫鍼の製造工程で滅菌に用いるのはどれか。
(はき第28回-145)[はり理論]
リスク管理の過去問題[はり]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

鍼灸の臨床応用の過去問題[はり]

WHOでは鍼治療の適応といえる疾患として41疾患をあげているが、そのなかに含まれないのはどれか。
(第1回-147)[はり理論]
WHOの「鍼の基礎教育と安全性に関するガイドライン(1999年)」で鍼治療を避けるべき状態としているのはどれか。
(第12回-145)[はり理論]
鍼刺激に対して過敏な患者への施術で最も適切なのはどれか。
(第15回-141)[はり理論]
鍼通電療法が禁忌となるのはどれか。
(第16回-145)[はり理論]
鍼の刺激に関する記述で正しいのはどれか。
(第19回-144)[はり理論]
同じ鍼刺激に対してより鋭敏なのはどれか。
(第21回-144)[はり理論]
鍼治療の絶対禁忌はどれか。
(は第23回-145)[はり理論]
WHOの「鍼の基礎教育と安全性に関するガイドライン(1999年)」において、鍼通電療法を行ってはならないのはどれか。
(はき第24回-143)[はり理論]
NIHの合意形成声明書(1998年2月最終版)で、鍼が有効とされるのはどれか。
(はき第25回-145)[はり理論]
理学検査が陽性の病態に局所刺鍼が最も有効なのはどれか。
(はき第27回-143)[はり理論]
鍼灸の臨床応用の過去問題[はり]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

関連学説の過去問題[きゅう]

圧発汗反射では、側臥位のとき上になる半身の発汗はどうなるか。
(第1回-157)[きゅう理論]
学説と創始者との組合せで正しいのはどれか。
(第4回-158)[きゅう理論]
ストレスに対する生体反応の指標で適切な物質はどれか。
(第5回-160)[きゅう理論]
ストレス学説でいう交絡感作期に該当するのはどれか。
(第6回-160)[きゅう理論]
レイリー現象で次に示す文に該当するのはどれか。
「過剰刺激であればいかなる種類の刺激でも障害が起こる。」
(第7回-160)[きゅう理論]
生体のフィードバック機構を説明した学説はどれか。
(第8回-160)[きゅう理論]
過剰刺激を受けてレイリー現象を起こす神経系はどれか。
(第10回-160)[きゅう理論]
ストレス学説に関する記述で誤っているのはどれか。
(第11回-160)[きゅう理論]
健康増進を目的とした灸施術の反応で適切でないのはどれか。
(第12回-160)[きゅう理論]
内外各種の刺激に対して交感神経がすばやく反応するという説はどれか。
※正解3つ。どれか一つを選べば正解になります。
(第13回-160)[きゅう理論]
ホメオスタシスについて適切な記述はどれか。
(第17回-159)[きゅう理論]
サイバネティックスの学説で提唱されたのはどれか。
(第18回-160)[きゅう理論]
関連学説について正しい組合せはどれか。
(第19回-160)[きゅう理論]
セリエのストレス学説に関する事項はどれか。
(第20回-160)[きゅう理論]
出力の一部を入力部に戻すことで自動制御を行うという学説はどれか。
(第21回-160)[きゅう理論]
「生体の内部環境は適当な制御機構が働いて、ほぼ一定に維持されている」と定義されるのはどれか。
(はき第25回-160)[きゅう理論]
足三里へ多壮灸をした後、患者がすぐに全身倦怠感を訴えた。この原因を説明するのに適切なのはどれか。
(はき第27回-160)[きゅう理論]
関連学説の過去問題[きゅう]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

鍼灸療法の一般治効理論の過去問題[きゅう]

有痕灸の心血管系に及ぼす影響で正しいのはどれか。
(第1回-153)[きゅう理論]
内因性オピオイドに含まれないのはどれか。
(第2回-154)[きゅう理論]
施灸の火傷により局所で産生される物質はどれか。
(第3回-153)[きゅう理論]
透熱灸の局所に起こる反応として適切でないのはどれか。
(第3回-156)[きゅう理論]
施灸後に水疱を残す程度の火傷はどれか。
(第4回-151)[きゅう理論]
施灸による火傷の反応として適切でないのはどれか。
(第4回-156)[きゅう理論]
施灸部の血管拡張に関与するのはどれか。
(第5回-158)[きゅう理論]
施灸直後から増加する血液成分はどれか。
(第8回-155)[きゅう理論]
灸刺激が下垂体-副腎皮質系に影響を及ぼした場合に変化するのはどれか。
(第8回-156)[きゅう理論]
有痕灸の施灸局所で起こらない現象はどれか。
(第8回-157)[きゅう理論]
内因性オピオイドに属さないのはどれか。
(第8回-159)[きゅう理論]
灸施術の防衛作用に関係するとされているのはどれか。
(第9回-156)[きゅう理論]
灸刺激の作用で正しいのはどれか。
(第9回-157)[きゅう理論]
施灸局所で産生されないのはどれか。
(第9回-160)[きゅう理論]
米粒大の艾炷の連続施灸で最初に出現する局所の変化はどれか。
(第10回-157)[きゅう理論]
打膿灸による炎症の発生に関与しないのはどれか。
(第10回-158)[きゅう理論]
施灸局所の血行促進に関与するのはどれか。
(第11回-157)[きゅう理論]
熱刺激による副腎のカテコールアミン分泌に関与するのはどれか。
(第11回-159)[きゅう理論]
施灸部位の細胞破壊に伴ってアラキドン酸から産生されるのはどれか。
(第12回-157)[きゅう理論]
透熱灸で施灸局所辺縁にみられないのはどれか。
(第12回-158)[きゅう理論]
体幹部への灸刺激による交感神経α受容体を介する反応はどれか。
(第12回-159)[きゅう理論]
施灸による水疱はどれか。
(第13回-155)[きゅう理論]
透熱灸による局所炎症の発現に関与しないのはどれか。
(第14回-158)[きゅう理論]
透熱灸による血液凝固・線維素溶解系の亢進に関与しないのはどれか。
(第14回-159)[きゅう理論]
灸治療による微小炎症で免疫系を活性化するための抗原提示をするのはどれか。
(第14回-160)[きゅう理論]
透熱灸でマスト細胞から放出される物質による現象はどれか。
(第15回-155)[きゅう理論]
透熱灸によって一番早く起こる現象はどれか。
(第15回-158)[きゅう理論]
胃の六ツ灸によって胃部不快感が改善する理由として適切なのはどれか。
(第15回-159)[きゅう理論]
施灸後にサイトカインを産生しないのどれか。
(第15回-160)[きゅう理論]
打膿灸の施灸局所で起こらない現象はどれか。
(第16回-158)[きゅう理論]
ストレス蛋白質について正しいのはどれか。
(第16回-160)[きゅう理論]
施灸によるフレア一現象に関与しないのはどれか。
(第17回-157)[きゅう理論]
透熱灸による生体反応でないのはどれか。
(第17回-158)[きゅう理論]
灸刺激による末梢血管収縮の機序に関与するのはどれか。
(第18回-158)[きゅう理論]
透熱灸による生体反応で誤っているのはどれか。
(第18回-159)[きゅう理論]
透熱灸刺激の脊髄内伝達に関与する物質はどれか。
(第19回-156)[きゅう理論]
透熱灸後のフレアー現象の機序となる反射はどれか。
(第19回-157)[きゅう理論]
灸施術による局所炎症反応に関与するのはどれか。
(第19回-158)[きゅう理論]
灸施術の防御作用に関係するのはどれか。
(第19回-159)[きゅう理論]
透熱灸刺激によって生じる局所炎症反応の際に起こるのはどれか。
(第20回-157)[きゅう理論]
施灸直後の反応でみられないのはどれか。
(第20回-158)[きゅう理論]
内因性オピオイドの特徴について正しい記述はどれか。
(第20回-159)[きゅう理論]
温灸刺激について正しい記述はどれか。
(第21回-156)[きゅう理論]
血管の透過性亢進作用をもつ物質はどれか。
※正解3つ。どれか一つを選べば正解になります。
(第21回-158)[きゅう理論]
施灸時に血圧上昇をきたす反射の遠心路はどれか。
(第21回-159)[きゅう理論]
施灸部の組織を破壊する目的で行う灸法はどれか。
(第22回-153)[きゅう理論]
無痕灸による局所炎症反応でみられるのはどれか。
(第22回-160)[きゅう理論]
「45歳の女性。両下腿に冷えを訴えて来院。愁訴を改善する目的で、両側の三陰交に半米粒大の透熱灸5壮の施術を行った。」
施灸部に生じた膨隆に関与するのはどれか。
(き第23回-159)[きゅう理論]
透熱灸により好中球の遊走性を最も高めるのはどれか。
(き第23回-160)[きゅう理論]
ラットの背部への施灸において同一脊髄レベルでの神経損傷により軸索反射が消失するのはどれか。
(はき第24回-158)[きゅう理論]
<