リスク管理の過去問題[きゅう]

灸あたりの原因はどれか。
(第1回-154)[きゅう理論]
灸痕化膿の予防として適切でない記述はどれか。
(第2回-160)[きゅう理論]
灸あたりの症状として起こりにくいのはどれか。
(第3回-158)[きゅう理論]
施灸部の化膿予防の方法で誤っている記述はどれか。
(第6回-154)[きゅう理論]
有痕灸施灸時の注意事項で適切でないのはどれか。
(第9回-155)[きゅう理論]
灸あたりの一般的症状でないのはどれか。
(第11回-154)[きゅう理論]
灸施術における患者の皮膚消毒で適切でないのはどれか。
(第11回-156)[きゅう理論]
灸痕部が治りにくく化膿に注意するのはどれか。
(第12回-156)[きゅう理論]
施灸部の化膿を防止する方法で誤っているのはどれか。
(第13回-156)[きゅう理論]
灸治療の有害事象と応急処置との組合せで適切なのはどれか。
(第14回-155)[きゅう理論]
灸あたりで最もみられる症状はどれか。
(第15回-154)[きゅう理論]
灸あたりが起こりやすいのはどれか。
(第16回-156)[きゅう理論]
施灸部の消毒方法で適切でないのはどれか。
(第17回-156)[きゅう理論]
灸あたりの症状はどれか。
(第19回-154)[きゅう理論]
灸痕化膿の予防法で正しいのはどれか。
(第20回-155)[きゅう理論]
次の文で示す状況はどの熱傷深達度に該当するか。
「施灸後に局所の発赤とわずかな痛みがある。」
(第21回-153)[きゅう理論]
良質艾で同じ大きさの艾炷3壮を施灸する場合、刺激を弱くできるのはどれか。
(第21回-154)[きゅう理論]
灸あたりで見られる症状はどれか。
(第21回-155)[きゅう理論]
半米粒大の施灸で灸痕の化膿を防止する方法として正しいのはどれか。
(第22回-156)[きゅう理論]
施灸に際して行う患者の皮膚消毒で正しいのはどれか。
(第22回-157)[きゅう理論]
施灸部の化膿を防止する対策として最も適切なのはどれか。
(き第23回-155)[きゅう理論]
免疫機能低下の患者に適した灸はどれか。
(はき第24回-156)[きゅう理論]
糖尿病患者で避けるべきなのはどれか。
(はき第25回-153)[きゅう理論]
灸あたりについて誤っているのはどれか。
(はき第25回-154)[きゅう理論]
有痕灸施術部位の皮膚消毒について最も適切なのはどれか。
(はき第25回-155)[きゅう理論]
灸あたりの症状はどれか。
(はき第27回-154)[きゅう理論]
透熱灸を避けるべき経穴はどれか。
(はき第28回-152)[きゅう理論]
灸あたりについて誤っているのはどれか。
(はき第28回-153)[きゅう理論]
リスク管理の過去問題[きゅう]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す