鍼灸の臨床応用の過去問題[きゅう]

灸施術の禁忌でないのはどれか。
(第1回-156)[きゅう理論]
灸施術の補法として誤っているのはどれか。
(第1回-159)[きゅう理論]
透熱灸を避けるべき部位はどれか。
(第3回-157)[きゅう理論]
灸の補法はどれか。
(第3回-159)[きゅう理論]
灸施術の補法で正しい記述はどれか。
(第6回-155)[きゅう理論]
灸の刺激量を考慮する要因でないのはどれか。
(第6回-156)[きゅう理論]
灸法と避けるべき部位との組合せで正しいのはどれか。
(第7回-153)[きゅう理論]
灸施術の刺激量について誤っている記述はどれか。
(第8回-153)[きゅう理論]
患者への灸の刺激量を決める要因でないのはどれか。
(第8回-154)[きゅう理論]
艾の燃焼時間が長くなるのはどれか。
(第9回-153)[きゅう理論]
灸施術で瀉法になるのはどれか。
(第10回-156)[きゅう理論]
虚弱者に対する灸施術で適切でないのはどれか。
(第11回-155)[きゅう理論]
きゅう師による生活習慣病に対する指導で適切でないのはどれか。
(第16回-154)[きゅう理論]
直接灸を行う部位として最も適切なのはどれか。
(第16回-155)[きゅう理論]
灸による瀉法はどれか。
(第17回-155)[きゅう理論]
小児に対する灸施術で適切でないのはどれか。
(第18回-155)[きゅう理論]
患者の状態と灸法との組合せで適切でないのはどれか。
(第18回-156)[きゅう理論]
知熱灸を行う上で熱刺激の調節に最も注意を必要とするのはどれか。
(第19回-153)[きゅう理論]
透熱灸を避けるべき部位はどれか。
(第20回-153)[きゅう理論]
有痕灸を行う場合、最も注意しなければならない疾患はどれか。
(第20回-154)[きゅう理論]
WHOのガイドラインにおいて有痕灸を避ける部位にある経穴はどれか。
(第22回-155)[きゅう理論]
有痕灸を避けるべき経穴はどれか。
(き第23回-154)[きゅう理論]
WHOの「鍼の基礎教育と安全性に関するガイドライン(1999年)」において灸治療の禁忌はどれか。
(はき第24回-155)[きゅう理論]
艾炷の燃焼について正しいのはどれか。
(はき第25回-152)[きゅう理論]
強刺激を与える目的で行う灸法で正しいのはどれか。
(はき第26回-151)[きゅう理論]
月経異常に対する灸療法で最も適応となるのはどれか。
(はき第26回-152)[きゅう理論]
WHOの「鍼の基礎教育と安全性に関するガイドライン(1999年)」で有痕灸を避けることとしている部位にある経穴はどれか。
(はき第26回-154)[きゅう理論]
鍼灸の臨床応用の過去問題[きゅう]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す