第9回あん摩マッサージ指圧師国家試験過去問題 (午後)

旧サイトの出題ページへ。

患者の症状と考慮すべき疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第9回-76)[臨床医学各論]
全身性進行性硬化症で誤っているのはどれか。
(あ第9回-77)[臨床医学各論]
真菌による疾患でないのはどれか。
(あ第9回-78)[臨床医学各論]
呼吸器感染症の原因で最も多いウイルスはどれか。
(あ第9回-79)[臨床医学各論]
アデノウイルス
重症筋無力症の症状でないのはどれか。
(あ第9回-80)[臨床医学各論]
心身症でないのはどれか。
(あ第9回-81)[臨床医学各論]
遺伝性疾患はどれか。
(あ第9回-82)[臨床医学各論]
貧血の治療で誤っている組合せはどれか。
(あ第9回-83)[臨床医学各論]
虚血性心疾患の危険因子でないのはどれか。
(あ第9回-84)[臨床医学各論]
誤っている組合せはどれか。
(あ第9回-85)[臨床医学各論]
慢性関節リウマチの診断基準にないのはどれか。
(あ第9回-86)[臨床医学各論]
外傷性脱臼で誤っているのはどれか。
(あ第9回-87)[臨床医学各論]
肩関節周囲炎で誤っているのはどれか。
(あ第9回-88)[臨床医学各論]
誤っている組合せはどれか。
(あ第9回-89)[臨床医学各論]
肝硬変の症状でないのはどれか。
(あ第9回-90)[臨床医学各論]
自己免疫性腸疾患はどれか。
(あ第9回-91)[臨床医学各論]
糖尿病性昏睡時の呼気の臭いはどれか。
(あ第9回-92)[臨床医学各論]
腰椎椎間板ヘルニアの症状でないのはどれか。
(あ第9回-93)[臨床医学各論]
メニエール病でみられないのはどれか。
(あ第9回-94)[臨床医学各論]
輸血時に必須の検査はどれか。
(あ第9回-95)[臨床医学各論]
陸上長距離選手が肉離れを起こしやすい筋はどれか。
(あ第9回-96)[臨床医学各論]
WHOの定義による障害分類で誤っているのはどれか。
(あ第9回-97)[リハビリテーション医学]
リハビリテーションにおける目標の設定で誤っているのはどれか。
(あ第9回-98)[リハビリテーション医学]
感覚性失語症がみられるのはどれか。
(あ第9回-99)[リハビリテーション医学]
肩関節の外転運動に関与しないのはどれか。
(あ第9回-100)[リハビリテーション医学]
異常歩行について正しい組合せはどれか。
(あ第9回-101)[リハビリテーション医学]
脳卒中急性期の理学療法で誤っている記述はどれか。
(あ第9回-102)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺の早期治療の目的で誤っているのはどれか。
(あ第9回-103)[リハビリテーション医学]
胸髄損傷による対麻痺患者ができない活動はどれか。
(あ第9回-104)[リハビリテーション医学]
片麻痺で亜脱臼が起こりやすい関節はどれか。
(あ第9回-105)[リハビリテーション医学]
腰痛の治療について正しい記述はどれか。
(あ第9回-106)[リハビリテーション医学]
次の病証を示す経絡はどれか。
「顔色は黒く、喘鳴や立ちくらみがあり、よく恐れる。」
(あ第9回-107)[東洋医学概論]
脾を傷る七情はどれか。
(あ第9回-108)[東洋医学概論]
六腑に属するのはどれか。
(あ第9回-109)[東洋医学概論]
筋や目に関係する臓はどれか。
(あ第9回-110)[東洋医学概論]
四診について正しい組合せはどれか。
(あ第9回-111)[東洋医学概論]
同じ経絡に属する経穴の組合せはどれか。
(あ第9回-112)[経絡経穴概論]
前脛骨筋上を通る経絡はどれか。
(あ第9回-113)[経絡経穴概論]
臍に最も近い経穴はどれか。
(あ第9回-114)[経絡経穴概論]
薬指に始まる経絡はどれか。
(あ第9回-115)[経絡経穴概論]
肩関節を通る経絡はどれか。
(あ第9回-116)[経絡経穴概論]
脾経に属する経穴はどれか
(あ第9回-117)[経絡経穴概論]
身柱穴と同じ高さにあるのはどれか。
(あ第9回-118)[経絡経穴概論]
胃経の募穴はどれか。
(あ第9回-119)[経絡経穴概論]
命門穴の高さより下方にあるのはどれか。
(あ第9回-120)[経絡経穴概論]
肩関節から最も離れた経穴はどれか。
(あ第9回-121)[経絡経穴概論]
陽の経絡に属する経穴はどれか。
(あ第9回-122)[経絡経穴概論]
腓骨頭の前下部にある経穴はどれか。
(あ第9回-123)[経絡経穴概論]
胆経に属する経穴はどれか。
(あ第9回-124)[経絡経穴概論]
次の文で示す患者の病態に対し、罹患部への局所治療として適切な施術部位はどれか。
「55歳の男性。針で刺されるような激痛が突然下顎部に出現した。顔面部に知覚異常はない。」
(あ第9回-125)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、施術対象となる経絡はどれか。
「50歳の男性。1か月前から右上肢が痛む。頸部後屈時に前腕前面中央から中指に放散痛が出現する。」
(あ第9回-126)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、罹患部への局所治療として適切な施術部位はどれか。
「30歳の女性。小学校の教師。黒板に字を書いていると手がしびれる。アレンテスト陽性。ジャクソンテスト陰性。」
(あ第9回-127)[東洋医学臨床論]
肩関節の外転時に肩部の痛みが増悪する場合、施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第9回-128)[東洋医学臨床論]
理学的検査と罹患局所への施術部位との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第9回-129)[東洋医学臨床論]
末梢神経麻痺による症状と罹患局所への施術部位との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第9回-130)[東洋医学臨床論]
肩こりに対する治療で、全身施術を最も重視しなければならないのはどれか。
(あ第9回-131)[東洋医学臨床論]
悪心や嘔吐の症状に対し、施術の対象として最も適切なのはどれか。
(あ第9回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態への対応で誤っている記述はどれか。
「12歳の男児。夜間から明け方にかけてときどき喘鳴を伴う呼吸困難の発作を起こす。風邪を引くと症状が増悪する。」
(あ第9回-133)[東洋医学臨床論]
月経前緊張症の治療穴として最も適切なのはどれか。
(あ第9回-134)[東洋医学臨床論]
腹痛に対して施術の適応とならないのはどれか。
(あ第9回-135)[東洋医学臨床論]
常習性便秘の患者に対する生活指導で誤っているのはどれか。
(あ第9回-136)[東洋医学臨床論]
特発性肋間神経痛の局所治療として適切でないのはどれか。
(あ第9回-137)[東洋医学臨床論]
ジャンパー膝の予防として適切でないのはどれか。
(あ第9回-138)[東洋医学臨床論]
疾患の症状に対して最も慎重にしなければならない局所施術法はどれか。
(あ第9回-139)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対する治療で正しいのはどれか。
「65歳の女性。数年前から膝関節痛があり、最近正座時にも痛みを感じるようになった。局所の熱感、腫脹はない。」
(あ第9回-140)[東洋医学臨床論]
叩打法とその応用部位との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第9回-141)[あん摩マッサージ指圧理論]
片手で行う揉捏法はどれか。
(あ第9回-142)[あん摩マッサージ指圧理論]
マッサージの基本手技でないのはどれか。
(あ第9回-143)[あん摩マッサージ指圧理論]
急に離す圧法はどれか。
(あ第9回-144)[あん摩マッサージ指圧理論]
触圧刺激の情報が後索路を通らないのはどれか。
(あ第9回-145)[あん摩マッサージ指圧理論]
手技による求心性の情報を伝えないのはどれか。
(あ第9回-146)[あん摩マッサージ指圧理論]
軽擦法の作用で正しいのはどれか。
(あ第9回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
手技の作用として誤っている記述はどれか。
(あ第9回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
内臓疾患の際、腰部の筋に過緊張を起こす反射の遠心路はどれか。
(あ第9回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
サイバネティックスの学説に関係するのはどれか。
(あ第9回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
第9回あん摩マッサージ指圧師国家試験過去問題(午後問題)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す