鍼灸の臨床応用の過去問題[はり]

WHOでは鍼治療の適応といえる疾患として41疾患をあげているが、そのなかに含まれないのはどれか。
(第1回-147)[はり理論]
WHOの「鍼の基礎教育と安全性に関するガイドライン(1999年)」で鍼治療を避けるべき状態としているのはどれか。
(第12回-145)[はり理論]
鍼刺激に対して過敏な患者への施術で最も適切なのはどれか。
(第15回-141)[はり理論]
鍼通電療法が禁忌となるのはどれか。
(第16回-145)[はり理論]
鍼の刺激に関する記述で正しいのはどれか。
(第19回-144)[はり理論]
同じ鍼刺激に対してより鋭敏なのはどれか。
(第21回-144)[はり理論]
鍼治療の絶対禁忌はどれか。
(は第23回-145)[はり理論]
WHOの「鍼の基礎教育と安全性に関するガイドライン(1999年)」において、鍼通電療法を行ってはならないのはどれか。
(はき第24回-143)[はり理論]
NIHの合意形成声明書(1998年2月最終版)で、鍼が有効とされるのはどれか。
(はき第25回-145)[はり理論]
理学検査が陽性の病態に局所刺鍼が最も有効なのはどれか。
(はき第27回-143)[はり理論]
鍼灸の臨床応用の過去問題[はり]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す