刺鍼の方式と術式の過去問題[はり]

鍼を目的の深度まで刺入して右または左の一方向に回す手技はどれか。
(第1回-142)[はり理論]
正しい組合せはどれか。
(第1回-146)[はり理論]
刺入した鍼の周囲の皮膚を鍼管または指頭で叩き、刺激を与える手技はどれか。
(第2回-142)[はり理論]
次の文で示す刺鍼中の手技はどれか。
「鍼が目的の深さに達したら、半分抜いてしばらくそこにとどめ、また前の深さまで刺入して、しばらくそこにとどめることを繰り返す。」
(第3回-143)[はり理論]
鍼を使用しない手技はどれか。
[(第3回-147)はり理論]
次の文で示す刺法はどれか。
「目的とする経穴を中心に弾入のみを繰り返す。」
(第4回-141)[はり理論]
前揉法について誤っている記述はどれか。
(第4回-142)[はり理論]
押手の圧で母指と示指が鍼体をつまむ圧はどれか。
(第5回-141)[はり理論]
次の文で示す刺法はどれか。
「刺入時および抜鍼時に鍼を半回転ずつ交互に回しながら行う。」
(第5回-142)[はり理論]
渋鍼の対処法で不抜鍼に行う刺法はどれか。
(第5回-143)[はり理論]
次の文で示す刺法はどれか。
「刺入した鍼の鍼柄又は鍼体を鍼管で叩打し振動を与える。」
(第6回-141)[はり理論]
皮下に刺入しない手技はどれか。
(第6回-142)[はり理論]
細指術と管散術とに共通するのはどれか。
(第7回-142)[はり理論]
呼気に刺入し、吸気で止めるのはどれか。
(第7回-143)[はり理論]
抜鍼困難を起こしやすい刺法はどれか。
(第7回-144)[はり理論]
押手について誤っているのはどれか。
(第7回-145)[はり理論]
最も古くからある鍼法はどれか。
(第8回-142)[はり理論]
雀啄を用いる手技はどれか。
(第8回-144)[はり理論]
最も弱い刺激となる手技はどれか。
(第8回-145)[はり理論]
切皮後に鍼管を用いて刺激を与える方法でないのはどれか。
(第9回-142)[はり理論]
弾入を繰り返すのはどれか。
(第9回-143)[はり理論]
押し手の圧で周囲圧に相当するのはどれか。
(第10回-141)[はり理論]
弾入動作を用いて刺激を与える手技でないのはどれか。
(第10回-142)[はり理論]
前揉法の目的で適切でないのはどれか。
(第10回-144)[はり理論]
一定の刺入深度に達した後、鍼の上下動で刺激を与える手技でないのはどれか。
(第11回-142)[はり理論]
侵害受容器を興奮させない手技はどれか。
(第11回-143)[はり理論]
刺激方法として鍼管を用いないのはどれか。
(第12回-141)[はり理論]
撚鍼法の術式で必要ないのはどれか。
(第12回-142)[はり理論]
管鍼術の創始者はどれか。
(第12回-143)[はり理論]
体動による折鍼の危険性が少ないのはどれか。
(第12回-144)[はり理論]
鍼の刺激量を刺入の継続時間で調節するのはどれか。
(第13回-141)[はり理論]
施術により生じた神経インパルスの伝導に主としてAβ線維が関与するのはどれか。
(第14回-145)[はり理論]
患者の呼吸に合わせて運鍼を行うのはどれか。
(第14回-147)[はり理論]
鍼刺激に対して過敏な患者への施術で最も適切なのはどれか。
(第15回-141)[はり理論]
随鍼術で鍼を抜き上げる時に適切でない状態はどれか。
(第15回-142)[はり理論]
刺入時および抜鍼時に鍼を半回転ずつ交互に回しながら行う手技はどれか。
(第16回-141)[はり理論]
主に皮下組織に刺激を与える手技はどれか。
(第16回-142)[はり理論]
刺鍼法と手技との組合せで誤っているのはどれか。
(第16回-143)[はり理論]
最も古い刺鍼法はどれか。
(第17回-141)[はり理論]
体表を繰り返し刺激する手技はどれか。
(第17回-144)[はり理論]
鍼の手技で最も新しいのはどれか。
(第18回-141)[はり理論]
鍼を使用せず弱刺激を与える手技はどれか。
(第18回-142)[はり理論]
一定の深さに刺入した鍼に鍼管をかぶせて行う手技はどれか。
(第19回-142)[はり理論]
古代中国から伝来した鍼法はどれか。
(第20回-141)[はり理論]
弾入だけを繰り返す刺法はどれか。
(第20回-142)[はり理論]
内調術の説明で正しいのはどれか。
(第20回-143)[はり理論]
刺鍼の術式に関する説明で正しい記述はどれか。
(第20回-144)[はり理論]
刺激量を鍼の上下動で調整する手技はどれか。
(第20回-147)[はり理論]
鍼を皮下に留め、押手と刺手と共に皮膚を輪状に動かす手技はどれか。
(第21回-142)[はり理論]
刺入した鍼の深度を変化させる術式はどれか。
(第22回-142)[はり理論]
鍼刺激とその反応との組合せで正しいのはどれか。
(第22回-147)[はり理論]
押手の周囲圧の目的はどれか。
(は第23回-142)[はり理論]
刺入した鍼の角度を変える手技はどれか。
(は第23回-143)[はり理論]
刺鍼手技で目的深度までを3等分し、各深度で雀啄を行うのはどれか。
(はき第24回-142)[はり理論]
鍼の術式で刺鍼時・抜鍼時に左右交互にひねりながら行うのはどれか。
(はき第25回-142)[はり理論]
鍼の術式のうち鍼管のみを用い、弾入の要領で鍼管を叩打するのはどれか。
(はき第25回-143)[はり理論]
次の文で示す刺鍼操作はどれを応用したものか。
「筋内での置鍼中に強い響き感覚と鈍痛を生じたので、その位置より少しだけ鍼を引き上げ、しばらく留置してから再び筋中まで刺入した後抜鍼したところ、鈍痛を軽減させることができた。」
(はき第26回-141)[はり理論]
刺鍼手技で呼気時に刺入し吸気時に止めるを繰り返し、目的深度まで刺入するのはどれか。
(はき第27回-142)[はり理論]
現行17手技で鍼を一方向に回すのはどれか。
(はき第28回-142)[はり理論]
刺鍼の方式と術式の過去問題[はり]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

「刺鍼の方式と術式の過去問題[はり]」への2件のフィードバック

  1. はなたん より:

    いつもありがとうございます。
    第7回-145の答えはなんですか?

    1. コクシーランドの管理人 より:

      ばなたんさん

      ご連絡ありがとうございます。
      正解にチェックつけました!

コメントを残す