老年・高齢者の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

高齢者が尻もちをつき急性腰痛が発症した。対応で適切でないのはどれか。
(あ第1回-143)[東洋医学臨床論]
80歳の男性。高血圧で薬物治療中。最近睡眠が浅く肩がこるという。施術として適切なのはどれか。
(あ第1回-145)[東洋医学臨床論]
高齢者への対応で誤っている記述はどれか。
(あ第2回-148)[東洋医学臨床論]
骨粗しょう症の患者への対応として適切なのはどれか。
(あ第3回-150)[東洋医学臨床論]
高齢者の診察で適切でないのはどれか。
(あ第5回-150)[東洋医学臨床論]
高齢者に対する生活指導で適切でないのはどれか。
(あ第6回-140)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応で適切でないのはどれか。
「65歳の女性。やせ型。主訴は腰痛。医療機関で骨粗鬆症と診断されている。発症後5年を経過し、ADL上大きな支障はない。」
(あ第7回-140)[東洋医学臨床論]
疾患の症状に対して最も慎重にしなければならない局所施術法はどれか。
(あ第9回-139)[東洋医学臨床論]
高齢者の筋収縮性頭痛に対する頸部の運動法について適切でないのはどれか。
(あ第10回-126)[東洋医学臨床論]
高齢者への対応で誤っている記述はどれか。
(あ第10回-140)[東洋医学臨床論]
骨粗鬆症による腰背部痛の局所治療法で適切でないのはどれか。
(あ第11回-136)[東洋医学臨床論]
寝たきり老人に対する施術で最も注意が必要なのはどれか。
(あ第12回-132)[東洋医学臨床論]
高齢者の慢性腰痛に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第13回-138)[東洋医学臨床論]
パーキンソン病に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第14回-135)[東洋医学臨床論]
骨粗鬆症患者に対する施術で最も注意が必要なのはどれか。
(あ第17回-124)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証を有する患者の治療で、回復を図るべき正気の作用はどれか。
「70歳の男性。持病はないが最近疲れやすい。汗をかきやすく尿失禁がみられるようになった。」
(あ第20回-120)[東洋医学臨床論]
高齢者の腰背部痛に対して、局所への施術を行う場合、圧迫骨折を起こさないように最も慎重に行わなければならないのはどれか。
(あ第22回-125)[東洋医学臨床論]
呻くような声を発する高齢者に最も関係の深い五臓はどれか。
(あ第23回-131)[東洋医学臨床論]
高齢者の日常動作において、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)のチェック項目に該当するのはどれか。
(あ第23回-132)[東洋医学臨床論]
改訂長谷川式簡易知能評価スケールの評価項目で正しいのはどれか。
(あ第24回-129)[東洋医学臨床論]
「55歳の男性。物忘れが多く、買い物をすることも困難になった。自分の部屋に戻れないことがある。睡眠障害はあるが、幻覚、妄想はみられない。」
最も考えられるのはどれか。
(あ第24回-139)[東洋医学臨床論]
「55歳の男性。物忘れが多く、買い物をすることも困難になった。自分の部屋に戻れないことがある。睡眠障害はあるが、幻覚、妄想はみられない。」
マッサージで改善が期待できるのはどれか。
(あ第24回-140)[東洋医学臨床論]
高齢者の日常生活機能を評価するのに最も適切なのはどれか。
(あ第25回-120)[リハビリテーション医学(東洋医学臨床論)]
次の文でみられる症例で最もみられやすい所見はどれか。
「70歳の女性。10年前に慢性的な腰痛を自覚し、近医を受診したところ骨密度の減少を指摘された。5日前に尻もちをついて腰痛を発症した。下肢の神経学的所見に異常はない。」
(あ第25回-124)[東洋医学臨床論]
高齢者に対して、立ったままの姿勢で90度前方挙上した上肢を、できる限り前方へ伸ばしていき、倒れないところで止めて、またもとの位置に戻す動作(ファンクショナルリーチテスト)を行わせて評価するのはどれか。
(あ第26回-122)[東洋医学臨床論]
「78歳の女性。最近、物忘れと意欲の低下がみられたことから受診した。診察の結果、認知症と診断された。」
認知症の中核症状はどれか。
(あ第26回-139)[東洋医学臨床論]
「78歳の女性。最近、物忘れと意欲の低下がみられたことから受診した。診察の結果、認知症と診断された。」
本症例の対応で、してはならないのはどれか。
(あ第26回-140)[東洋医学臨床論]
高齢者の認知機能の評価法はどれか。
(あ第27回-129)[東洋医学臨床論]
高齢者に指圧を行う際、圧迫骨折に最も注意が必要な経穴はどれか。
(あ第27回-130)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で治療対象となる臓腑として最も適切なのはどれか。
「75歳の男性。主訴は安静時の手のふるえ。歩行時に第一歩が出にくい。頭痛や耳鳴り、便秘もみられる。舌質紅、脈弦数。」
(あ第28回-117)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例について、身体診察でみられる可能性が最も高いのはどれか。
「65歳の男性。3年ほど前から手のふるえが出現し、徐々に進行している。また動作が緩慢となり、すくみ足もみられ、顔の表情も乏しくなっている。便秘もある。」
(あ第28回-127)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対して筋力の回復を図るのに最も適切なのはどれか。
「70歳の女性。最近、歩行時に平坦な場所でもつま先が引っかかるようになった。室内でスリッパを履いていると脱げそうになり、階段を降りる時には怖くなる。」
(あ第28回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例で、肩甲骨の位置異常改善を目的に施術する場合、最も適切な筋はどれか。
「68歳の男性。パーキンソン病と診断されている。姿勢は前かがみになり、肩甲骨の外転・下制がみられる。」
(あ第29回-114)[東洋医学臨床論]
老年・高齢者の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)