スポーツの過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

大腿四頭筋の強化訓練が適しているのはどれか。
(あ第1回-137)[東洋医学臨床論]
スポーツ競技者に対するマッサージの目的として、適切でないのはどれか。
(あ第1回-149)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への治療で誤っているのはどれか。
「23歳のテニス選手。最近、ボールを打つ時に肘の外側が痛む。」
(あ第2回-143)[東洋医学臨床論]
スポーツによる足関節捻挫に対する応急処置で誤っているのはどれか。
(あ第2回-147)[東洋医学臨床論]
マッサージの治療対象として適切でないのはどれか。
(あ第3回-135)[東洋医学臨床論]
競技前に行うアキレス腱炎の予防法として適切でないのはどれか。
(あ第3回-149)[東洋医学臨床論]
スポーツ外傷の救急処置で適切でないのはどれか。
(あ第4回-150)[東洋医学臨床論]
関節疾患で施術の対象として適切なのはどれか。
(あ第5回-135)[東洋医学臨床論]
上腕骨内側上顆炎による筋緊張を緩和する目的で重点的に施術する部位はどれか。
(あ第5回-149)[東洋医学臨床論]
試合後のジャンパー膝の選手に対する処置で適切でないのはどれか。
(あ第6回-139)[東洋医学臨床論]
足関節捻挫の応急処置として適切でないのはどれか。
(あ第7回-139)[東洋医学臨床論]
ジャンパー膝で施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第8回-140)[東洋医学臨床論]
ジャンパー膝の予防として適切でないのはどれか。
(あ第9回-138)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害とその施術対象になる罹患筋との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第10回-137)[東洋医学臨床論]
突き指の応急処置で適切でないのはどれか。
(あ第12回-128)[東洋医学臨床論]
スポーツ傷害と罹患局所との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第13回-137)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害と局所施術の対象となる筋との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第14回-132)[東洋医学臨床論]
足関節捻挫の局所への応急処置として適切でないのはどれか。
(あ第15回-134)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、施術対象となる羅患筋はどれか。
「35歳の女性。週3回テニススクールに通っている。ラケットを換えてから肘の外側に痛みがある。」
(あ第16回-128)[東洋医学臨床論]
膝蓋靭帯炎で施術対象となる羅患筋はどれか。
(あ第16回-129)[東洋医学臨床論]
シンスプリントに対し、施術対象となる羅患筋はどれか。
(あ第16回-130)[東洋医学臨床論]
「18歳の男性。野球の投手。2か月前より投球動作時に肩関節前面に痛みを自覚する。上腕二頭筋長頭腱部に著明な圧痛がみられる。」
病態の確認を目的として行う理学検査で適切なのはどれか。
(あ第16回-135)[東洋医学臨床論]
「18歳の男性。野球の投手。2か月前より投球動作時に肩関節前面に痛みを自覚する。上腕二頭筋長頭腱部に著明な圧痛がみられる。」
病態に対する局所施術部位で適切なのはどれか。
(あ第16回-136)[東洋医学臨床論]
「21歳の男性。サッカーの試合で転倒した際に左足首を内側にひねった。足首に疼痛と腫脹がある。」
患部に対する応急処置として適切でないのはどれか。
(あ第16回-137)[東洋医学臨床論]
「21歳の男性。サッカーの試合で転倒した際に左足首を内側にひねった。足首に疼痛と腫脹がある。」
足首の内がえしで最も伸展される部位を走行する経脈はどれか。
(あ第16回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、局所治療の対象となるのはどれか。
「21歳の男性。陸上の長距離選手。ランニング中に右膝外側が痛む。」
(あ第17回-127)[東洋医学臨床論]
理学的検査所見と罹患局所への施術部位との組合せで適切なのはどれか。
(あ第17回-128)[東洋医学臨床論]
下腿後面の肉離れが考えられる患者の応急処置として適切でないのはどれか。
(あ第18回-127)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害と局所施術の対象となる筋との組合せで正しいのはどれか。
(あ第18回-128)[東洋医学臨床論]
疾患と局所施術部位との組合せで正しいのはどれか。
(あ第19回-132)[東洋医学臨床論]
「32歳の男性。バレーボールの試合で相手のスパイクをブロックしようとジャンプして着地した際に左ふくらはぎに痛みを感じた。試合後、ふくらはぎが腫れて、足関節を背屈すると疼痛が誘発される。」
患部への応急手当として適切なのはどれか。
(あ第19回-137)[東洋医学臨床論]
「32歳の男性。バレーボールの試合で相手のスパイクをブロックしようとジャンプして着地した際に左ふくらはぎに痛みを感じた。試合後、ふくらはぎが腫れて、足関節を背屈すると疼痛が誘発される。」
足関節の背屈で最も伸展される領域に分布する経脈はどれか。
(あ第19回-138)[東洋医学臨床論]
肉離れの再発予防を目的に行う競技前の施術で適切でないのはどれか。
(あ第20回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、施術対象となる罹患筋はどれか。
「18歳の女性。陸上の短距離選手。スタートの練習中、左大腿後面外側に痛みを感じる。痛みは膝の伸展時に増悪する。腫れと皮下出血は認めない。」
(あ第20回-133)[東洋医学臨床論]
腸脛靭帯炎に対する施術が必要となる理学検査所見はどれか。
(あ第21回-131)[東洋医学臨床論]
理学検査所見と罹患部位に対する局所施術との組合せで最も適切なのはどれか。
(あ第21回-132)[東洋医学臨床論]
「22歳の女性。ハードルの陸上選手。右殿部から下肢にかけて放散痛がある。仙骨外側縁から大転子にかけて筋の緊張と圧痛がみられる。」
病態の確認を目的に行う徒手検査で最も適切なのはどれか。
(あ第22回-137)[東洋医学臨床論]
「22歳の女性。ハードルの陸上選手。右殿部から下肢にかけて放散痛がある。仙骨外側縁から大転子にかけて筋の緊張と圧痛がみられる。」
罹患筋への局所施術を行う場合、対象となるのはどれか。
(あ第22回-138)[東洋医学臨床論]
椅子に座らせた患者の大腿四頭筋に筋力増強訓練を徒手で行う場合、抵抗を加える部位として適切なのはどれか。
(あ第23回-133)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例について、局所治療の対象となる筋で最も適切なのはどれか。
「17歳の男子。野球の投手。1か月前よりフォロースルー期に肩後方に鈍痛を自覚するようになった。」
(あ第23回-134)[東洋医学臨床論]
徒手検査とその対象となる筋の組合せで最も適切なのはどれか。
(あ第24回-130)[東洋医学臨床論]
大腿四頭筋のMMTが4の運動選手がさらに筋力を強化するための訓練で最も適切なのはどれか。
(あ第24回-131)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例の患側への対応で適切なのはどれか。
「31歳の男性。ランニング中に膝の外側に痛みを生じ徐々に増悪した。現在、痛みは特に大腿骨外側上顆付近で強い。」
(あ第24回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す運動で上腕二頭筋にみられる収縮はどれか。
「坐位にて上腕下垂位、前腕回外位でダンベルを持ち、肘関節を屈曲位からゆっくりと伸展した。」
(あ第25回-126)[東洋医学臨床論]
下腿三頭筋のストレッチでゆっくりと足関節を背屈位にし、そのまま保持するのはどれか。
(あ第25回-127)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例の検査法で陽性となる可能性が最も高いのはどれか。
「24歳の男性。陸上の長距離選手。2週間前から練習中に膝の外側に痛みを自覚。近医を受診し、膝の器質的病変は認められない。立位にて軽度O脚を認めるが、膝関節の腫脹はない。」
(あ第25回-128)[東洋医学臨床論]
「11歳の男児。野球の投手をしている。連日の練習で肩を使いすぎ、投球動作時に肩が痛む。近医を受診し、エックス線検査で異常所見がみられた。」
本症例でみられるエックス線所見はどれか。
(あ第25回-139)[東洋医学臨床論]
「11歳の男児。野球の投手をしている。連日の練習で肩を使いすぎ、投球動作時に肩が痛む。近医を受診し、エックス線検査で異常所見がみられた。」
本症例の指導で最も適切なのはどれか。
(あ第25回-140)[東洋医学臨床論]
グラスピングサイン陽性の患者で罹患筋を対象に経脈流注を考慮して施術を行う場合、適切な経脈はどれか。
(あ第26回-118)[東洋医学臨床論]
骨折の治癒促進を目的に行う物理療法で、ゲルを塗布し治療導子を患部に密着させながら、ゆっくり移動する治療法はどれか。
(あ第26回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例について、施術対象となる障害高位で最も適切なのはどれか。
「21歳の男性。ラグビー選手。スクラム中、左頸部を傷めた。左肩関節外転筋力低下、左上腕二頭筋反射減弱、左上腕外側の知覚鈍麻がみられた。」
(あ第26回-125)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害と局所施術の対象となる筋の組合せで正しいのはどれか。
(あ第26回-126)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害による下肢痛に対する施術において、治療対象となる筋・靭帯と経穴の組合せで正しいのはどれか。
(あ第26回-128)[東洋医学臨床論]
腓腹筋けいれんがみられる患者に対する施術で、症状を再現するおそれが最も高いのはどれか。
(あ第26回-130)[東洋医学臨床論]
徒手検査の陽性所見と局所施術部位の組合せで最も適切なのはどれか。
(あ第27回-119)[東洋医学臨床論]
徒手検査法の陽性所見と罹患部への局所治療穴の組合せで最も適切なのはどれか。
(あ第27回-131)[東洋医学臨床論]
オスグッド病の進行抑制を目的としてストレッチを行う場合、最も適切なのはどれか。
(あ第27回-132)[東洋医学臨床論]
「18歳の女性。バスケット選手。主訴は膝痛。膝蓋骨下端に限局した圧痛、自発痛、運動痛がみられる。」
本症例の発症機序で最も適切なのはどれか。
(あ第27回-139)[東洋医学臨床論]
「18歳の女性。バスケット選手。主訴は膝痛。膝蓋骨下端に限局した圧痛、自発痛、運動痛がみられる。」
本症例に対する対応で適切でないのはどれか。
(あ第27回-140)[東洋医学臨床論]
徒手検査法の陽性所見と罹患部への施術部位との組合せで適切なのはどれか。
(あ第28回-124)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例について、罹患筋への局所施術として最も適切な経穴はどれか。
「14歳の男子。野球の投手。オーバースローの投球動作でリリース期に肩の後方に痛みがある。」
(あ第28回-133)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害と局所施術の対象となる筋との組合せで正しいのはどれか。
(あ第28回-134)[東洋医学臨床論]
スポーツの過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す