小児の症状の過去問題[臨《症》](鍼灸編)

小児気管支喘息に対する鍼灸治療で適切なのはどれか。
(はき第1回-136)[東洋医学臨床論]
小児に対するちりげの灸で用いられる経穴はどれか。
(はき第4回-139)[東洋医学臨床論]
男児の疳の虫に対する灸法で古くから用いられているのはどれか。
(はき第7回-131)[東洋医学臨床論]
小児疳虫に対し、古来から行われてきた施灸の部位はどの高さの棘突起下にあるか。
(はき第9回-139)[東洋医学臨床論]
小児気管支喘息の発作予防の施術で適切でないのはどれか。
(はき第13回-130)[東洋医学臨床論]
小児疳の虫に対し、伝統的に行われてきた施灸部位はどの高さを結んだ線上の棘突起下にあるか。
(はき第14回-134)[東洋医学臨床論]
腎気虚による小児夜尿症に対する治療目的として適切なのはどれか。
(はき第15回-119)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療で適切なのはどれか。
「5歳の男児。睡眠中に遺尿し、目覚めてから気がつく。排尿量は比較的多く、四肢が冷える。舌質は淡、脈は沈遅。」
(はき第16回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証について治療対象となる経脈で適切なのはどれか。
「7歳の男児。夜間の遺尿がある。食欲不振があり、泥状便が観察される。舌質は淡、脈は沈細弱。」
(はき第19回-122)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、最も適切な施術はどれか。
「5歳の男児。夜間の遺尿が続いている。日中は尿意切迫がある。」
(はき第20回-123)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の仙骨部に施灸する場合、最も適切なのはどれか。
「5歳の男児。夜間の遺尿が続いている。鍼灸治療は初めて。」
(はき第24回-129)[東洋医学臨床論]
小児の症状の過去問題[臨《症》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)