小児の症状の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

次の文で示す患者の病態への対応で誤っている記述はどれか。
「12歳の男児。夜間から明け方にかけてときどき喘鳴を伴う呼吸困難の発作を起こす。風邪を引くと症状が増悪する。」
(あ第9回-133)[東洋医学臨床論]
小児夜尿症に対する仙骨部への施術で用いない手技はどれか。
(あ第21回-130)[東洋医学臨床論]
同年齢で比較した時に腎精を補うことが最も適切な思春期男子の状態はどれか。
(あ第22回-119)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で、治療対象として適切でないのはどれか。
「7歳の男児。主訴は夜尿で、かんしゃくを起こした夜にみられやすい。かんしゃくを起こすと顔は真っ赤になり、ひきつけを起こすことがある。小便は黄色く、臭いが強い。陰部に湿疹がある。脈は滑数。」
(あ第23回-126)[東洋医学臨床論]
小児の症状の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す