肥満の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

次の文で示す患者の生活指導として適切でないのはどれか。
「60歳の肥満した女性。数年前から正座をするときや立ち上がるときに膝が痛む。膝関節部に熱感はない。」
(あ第5回-146)[東洋医学臨床論]
「45歳の男性。伸張160cm、体重70kg。職場の健診で中性脂肪、コレステロールの高値と共に肥満を指摘された。運動と食事について指導が行われた。」
患者のおおよそのBMIはどれか。
(あ第15回-139)[東洋医学臨床論]
「45歳の男性。伸張160cm、体重70kg。職場の健診で中性脂肪、コレステロールの高値と共に肥満を指摘された。運動と食事について指導が行われた。」
肥満を改善するための運動で適切でないのはどれか。
(あ第15回-140)[東洋医学臨床論]
「67歳の男性。BMI30。糖尿病で加療中。200m程歩くと右下腿に痛みが生じるが、休むと軽減し、再び歩くことができる。前屈みで痛みに変化がなかった。」
本症にみられるのはどれか。
(あ第18回-137)[東洋医学臨床論]
「67歳の男性。BMI30。糖尿病で加療中。200m程歩くと右下腿に痛みが生じるが、休むと軽減し、再び歩くことができる。前屈みで痛みに変化がなかった。」
患者への生活指導で適切でないのはどれか。
(あ第18回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する治療方針で、適切でないのはどれか。
「62歳の肥満女性。数年前から運動開始時や階段昇降時に膝の内側が痛む。膝の熱感、腫脹はない。」
(あ第19回-129)[東洋医学臨床論]
「65歳の女性。茶道教室講師。軽度の肥満。3年前から左膝の痛みを自覚。特に、長時間の正座や階段の昇降時に痛む。熱感、腫脹はない。マクマレーテスト陰性。左内側広筋の萎縮がみられる。」
最も考えられる疾患はどれか。
(あ第22回-135)[東洋医学臨床論]
「65歳の女性。茶道教室講師。軽度の肥満。3年前から左膝の痛みを自覚。特に、長時間の正座や階段の昇降時に痛む。熱感、腫脹はない。マクマレーテスト陰性。左内側広筋の萎縮がみられる。」
膝関節支持筋の強化法として最も適切なのはどれか。
(あ第22回-136)[東洋医学臨床論]
「62歳の女性。主訴は肥満と左膝痛。メタボリックシンドロームと変形性膝関節症と診断された。」
メタボリックシンドロームの診断基準に含まれるのはどれか。
(あ第23回-137)[東洋医学臨床論]
「62歳の女性。主訴は肥満と左膝痛。メタボリックシンドロームと変形性膝関節症と診断された。」
本症例で避けるべき運動はどれか。
(あ第23回-138)[東洋医学臨床論]
相剋関係で五味のうち過食すると筋や爪の異常をきたす可能性があるのはどれか。
(あ第25回-118)[東洋医学臨床論]
肥満の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す