食欲不振の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

施術が適応する食欲不振の状態はどれか。
(あ第6回-135)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証に対し、施術対象となる臓腑の募穴で適切なのはどれか。
「食欲がなく、胃の膨満感や上腹部痛がある。医師から慢性胃炎と診断された。」
(あ第12回-127)[東洋医学臨床論]
臓腑経絡理論に基づき胃の機能を高めるのに最も適切な経穴はどれか。
(あ第18回-119)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療で対象となる臓腑はどれか。
「30歳の女性。先日、帝王切開により出産を終えた。回復は順調だが、目の疲れが激しく少しかすみ目にもなる。食欲はあまりないが食べられないほどではない。」
(あ第22回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で適切な治療部位はどれか。
「46歳の男性。日頃から冷たいものを好んで摂取していたところ、食欲不振、食後の腹部膨満感、四肢の倦怠・無力感、軟便をきたすようになった。臍周囲は冷たく、動悸がある。脈は軟。」
(あ第24回-115)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療で、原穴の組合せとして最も適切なのはどれか。
「68歳の男性。主訴は立ちくらみ。最近しゃがんだ状態から急に立ち上がった際に気を失いそうになった。細身で食が細く、軟便になりやすい。また腰痛、難聴、手足のだるさと冷えを自覚している。舌質は淡胖。脈は沈細。」
(あ第24回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証について、肺経とともに治療する経脈の組合わせで最も適切なのはどれか。
「68歳の男性。主訴は労作時の息切れ。現在も喫煙をやめられない。咳嗽とともに粘稠な痰が大量に喀出される。最近、食欲が低下し、痩せてきた。足腰がだるく力が入らない。」
(あ第25回-113)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療穴として最も適切なのはどれか。
「25歳の女性。主訴は食欲不振。胃下垂気味で、雨降り前になると食欲低下、胃もたれが生じ気分がすぐれなくなる。また立ちくらみを起こしやすい。」
(あ第26回-119)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の経脈病証に対して原穴に施術する際に正しいのはどれか。
「65歳の男性。普段から食欲があまりなく、食事をすると心下につかえを感じ、嘔吐することがあるが排便により症状は軽快する。舌の強ばりや尿閉もみられる。」
(あ第27回-116)[東洋医学臨床論]
食欲不振の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す