運動麻痺の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

腓骨神経麻痺の治療目的で誤っているのはどれか。
(あ第1回-139)[東洋医学臨床論]
マッサージの治療対象として適切でないのはどれか。
(あ第3回-135)[東洋医学臨床論]
次の文で示す麻痺症状に対して治療対象となる神経はどれか。
「手関節や中手指節関節の伸展運動ができない。」
(あ第3回-142)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症状に対して治療対象となる神経はどれか。
「手の第1指から第4指のしびれと母指球筋の萎縮とがあり、母指と小指との対立運動ができない。」
(あ第4回-141)[東洋医学臨床論]
次の文で示す麻痺で施術する筋はどれか。
「足関節の背屈ができず、足を高くあげて歩く。」
(あ第4回-146)[東洋医学臨床論]
下垂手の麻痺筋に対する治療穴として適切なのはどれか。
(あ第5回-142)[東洋医学臨床論]
尺骨神経麻痺に対する施術で対象となる麻痺筋はどれか。
(あ第6回-132)[東洋医学臨床論]
施術として誤っているのはどれか。
(あ第8回-125)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症状に対し、治療対象とする神経はどれか。
「手の母指の内転と示指、中指、環指、小指の内転、外転運動が障害され、手背部の骨間がくぼむ。」
(あ第8回-131)[東洋医学臨床論]
深腓骨神経麻痺に対し、筋力強化運動を行う場合、正しいのはどれか。
(あ第8回-135)[東洋医学臨床論]
末梢神経麻痺による症状と罹患局所への施術部位との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第9回-130)[東洋医学臨床論]
下垂手に対する施術法として適切でないのはどれか。
(あ第10回-132)[東洋医学臨床論]
下垂足に対し、罹患筋への局所施術で対象となるのはどれか。
(あ第10回-133)[東洋医学臨床論]
神経麻痺による下垂足の麻痺筋に施術を行う場合、対象となる経絡はどれか。
(あ第12回-125)[東洋医学臨床論]
脛骨神経麻痺の治療で麻痺筋への施術部位として適切なのはどれか。
(あ第12回-134)[東洋医学臨床論]
末梢性神経麻痺の治療で、障害部位とその部位を流注する経絡との組合せで正しいのはどれか。
(あ第13回-132)[東洋医学臨床論]
橈骨神経麻痺による障害部位への施術で適切なのはどれか。
(あ第14回-125)[東洋医学臨床論]
腓骨神経麻痺の治療方針と治療法との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第14回-131)[東洋医学臨床論]
橈骨神経の障害で施術対象となる筋はどれか。
(あ第15回-125)[東洋医学臨床論]
サル手に対し、罹患神経への施術を行う場合、対象となる経脈はどれか。
(あ第16回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す末梢神経麻痺に対し、施術対象となる罹患筋はどれか。
「足関節の底屈(屈曲)ができず、階段昇降が困難である。」
(あ第17回-121)[東洋医学臨床論]
「40歳の女性。右の示指、中指に痛みがあり、母指球に軽度の筋萎縮がみられる。」
罹患神経として最も考えられるのはどれか。
(あ第18回-135)[東洋医学臨床論]
「40歳の女性。右の示指、中指に痛みがあり、母指球に軽度の筋萎縮がみられる。」
この患者への局所治療穴として適切なのはどれか。
(あ第18回-136)[東洋医学臨床論]
末梢神経麻痺の罹患神経と局所治療穴との組合せで正しいのはどれか。
(あ第19回-122)[東洋医学臨床論]
尺骨神経麻痺で施術の対象となる麻痺筋はどれか。
(あ第19回-126)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対し、施術対象となる罹患筋はどれか。
「50歳の女性。右のつま先が敷居や布団につまずきやすくなった。右膝を高く上げて歩く。」
(あ第19回-131)[東洋医学臨床論]
猿手を呈する患者に対して前腕部の麻痺筋にマッサージ施術を行う場合、最も適切な部位はどれか。
(あ第20回-128)[東洋医学臨床論]
腓骨頭骨折によるギプス固定後、足関節を背屈することが困難となった患者に対して施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第20回-134)[東洋医学臨床論]
足関節の伸展(背屈)と内がえしが困難となる場合、施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第21回-133)[東洋医学臨床論]
疾患と治療体操との組合せで正しいのはどれか。
(あ第21回-134)[東洋医学臨床論]
運動麻痺による症状と施術対象となる罹患筋との組合せで正しいのはどれか。
(あ第22回-127)[東洋医学臨床論]
鷲手を呈する患者の罹患神経に対して経脈流注を考慮して施術を行う場合、最も適切なのはどれか。
(あ第22回-129)[東洋医学臨床論]
片麻痺患者における尖足の悪化防止を目的とする施術で、対象となる筋はどれか。
(あ第23回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例について施術の対象となる筋はどれか。
「50歳の男性。背側骨間筋の萎縮がみられる。フローマン徴候陽性。」
(あ第23回-127)[東洋医学臨床論]
小海への圧迫法が最も有効なのはどれか。
(あ第23回-130)[東洋医学臨床論]
「65歳の男性。3か月前に脳梗塞を発症し右半身に麻痺が残った。座位にて患側の股関節・膝関節・足関節の集団屈曲運動はできるようになったが、個々の関節の単独運動はできない。」
下肢のブルンストロームステージで該当するのはどれか。
(あ第24回-135)[東洋医学臨床論]
「65歳の男性。3か月前に脳梗塞を発症し右半身に麻痺が残った。座位にて患側の股関節・膝関節・足関節の集団屈曲運動はできるようになったが、個々の関節の単独運動はできない。」
この時期の回復期リハビリテーションで、主に健脚の支持性を高める目的で行われる訓練はどれか。
(あ第24回-136)[東洋医学臨床論]
「35歳の女性。主訴は手の運動麻痺。自転車で転倒し、左上腕骨を骨折した。手の麻痺とともに前腕から手背の感覚障害をきたした。」
本症例の運動麻痺でみられる手の変形はどれか。
(あ第25回-135)[東洋医学臨床論]
「35歳の女性。主訴は手の運動麻痺。自転車で転倒し、左上腕骨を骨折した。手の麻痺とともに前腕から手背の感覚障害をきたした。」
手の運動麻痺の治療として低周波電気療法を行う場合、導子を当てる部位で適切なのはどれか。
(あ第25回-136)[東洋医学臨床論]
「56歳の男性。主訴は右片麻痺。麻痺側の上肢を動かそうとすると肩・肘の同時屈曲がみられる。」
本症例のブルンストローム回復ステージ(6段階)はどれか。
(あ第25回-137)[東洋医学臨床論]
「56歳の男性。主訴は右片麻痺。麻痺側の上肢を動かそうとすると肩・肘の同時屈曲がみられる。」
右上肢の痙性抑制を目的として痙性筋への自原抑制による治療を行う場合、最も適切なのはどれか。
(あ第25回-138)[東洋医学臨床論]
トレンデレンブルグ歩行の患者に対し、施術する罹患筋の起始と停止の組合せで正しいのはどれか。
(あ第26回-132)[東洋医学臨床論]
「58歳の男性。子どものときに左肘を骨折した。最近、小指にしびれを感じるようになった。上腕骨内側上顆と肘頭の間を押すと放散痛がみられる。」
ティネル徴候で放散痛が走る部位と一致する経脈として、最も考えられるのはどれか。
(あ第27回-137)[東洋医学臨床論]
「58歳の男性。子どものときに左肘を骨折した。最近、小指にしびれを感じるようになった。上腕骨内側上顆と肘頭の間を押すと放散痛がみられる。」
本症例の罹患神経が重度に障害された場合に呈する症状はどれか。
(あ第27回-138)[東洋医学臨床論]
尺骨神経麻痺で施術の対象となる麻痺筋はどれか。
(あ第28回-129)[東洋医学臨床論]
運動麻痺の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す