月経異常の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

月経異常に対して施術の最も適応性の高いのはどれか。
(あ第2回-140)[東洋医学臨床論]
月経困難症に対する施術として適切でないのはどれか。
(あ第3回-147)[東洋医学臨床論]
月経困難症に対する施術目的で適切でないのはどれか。
(あ第7回-138)[東洋医学臨床論]
月経前緊張症の治療穴として最も適切なのはどれか。
(あ第9回-134)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の生活指導として適切でないのはどれか。「25歳の女性。月経前に乳房痛、悪心、嘔吐、下腹部膨満、頭痛、いらいら感がある。」
(あ第12回-136)[東洋医学臨床論]
随伴症状を伴う月経痛で施術対象として適切でないのはどれか。
(あ第13回-135)[東洋医学臨床論]
気滞による月経痛に対し、施術対象となる経絡はどれか。
(あ第14回-134)[東洋医学臨床論]
月経痛を伴う疾患で、最も施術の適応となるのはどれか。
(あ第16回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、施術対象となる経脈はどれか。
「30歳の女性。長時間パソコンを使用すると目がかすむ。月経血量が少ない。わずかなことで怒りやすい。」
(あ第17回-120)[東洋医学臨床論]
月経痛に対し、最も施術の適応となるのはどれか。
(あ第17回-131)[東洋医学臨床論]
精と気血の失調に起因する生理不順の患者に治療を行う場合、最も適切な経穴はどれか。
(あ第20回-121)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療方針として最も適切なのはどれか。
「31歳の女性。日頃のストレスから月経が乱れる。イライラ感が強く、乳房や下腹部に脹りを感じる。脈は弦。」
(あ第21回-124)[東洋医学臨床論]
「16歳の女性。主訴は月経痛。初経後2年で発症した。痛みは月経開始日に最も強く、翌日には軽快する。痛みの性質はけいれん様で、排便痛などは伴わない。超音波検査異常なし。」
最も考えられる疾患はどれか。
(あ第21回-137)[東洋医学臨床論]
「16歳の女性。主訴は月経痛。初経後2年で発症した。痛みは月経開始日に最も強く、翌日には軽快する。痛みの性質はけいれん様で、排便痛などは伴わない。超音波検査異常なし。」
この患者の月経痛の指圧治療を体性-内臓反射理論に基づいて行うとすれば、最も適切なデルマトームはどれか。
(あ第21回-138)[東洋医学臨床論]
月経痛に伴う所見のうち最も施術が適応するのはどれか。
(あ第23回-123)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で最もみられやすい月経の不調はどれか。
「41歳の女性。主訴はめまいとドライアイ。仕事はコンピュータ作業が中心で、最近視力も低下している。一日の終わりには手足のしびれを感じることもある。舌質は淡。脈は虚。」
(あ第24回-127)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で治療対象とする臓腑に対応する募穴はどれか。
「32歳の女性。主訴は頭重。症状の程度は軽く慢性的である。月経は遅れ気味で、始まると頭重が憎悪する。下痢しやすいせいか普段から倦怠感があり、痰が多く、顔色が悪い。舌質は淡、脈は弱。」
(あ第25回-115)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証でみられるのはどれか。
「23歳の女性。主訴は月経前の不安感。就職したばかりで、仕事にまだ慣れず緊張することが多い。月経の5日ほど前になると情緒が不安定となり、胸部の張り感と頭痛を自覚する。」
(あ第26回-113)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療方針で最も適切なのはどれか。
「30歳の女性。主訴は倦怠感と息切れ。月経周期が短く、月経量は多く、色は薄い。舌質は淡、舌苔は薄、脈は弱。」
(あ第27回-114)[東洋医学臨床論]
月経異常の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す