腹痛の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

腹痛時の施術が適応となるのはどれか。
(あ第1回-150)[東洋医学臨床論]
腹部に施術を行ってもよい腹痛はどれか。
(あ第3回-143)[東洋医学臨床論]
慢性胃炎に対する治療法で適切でないのはどれか。
(あ第3回-145)[東洋医学臨床論]
腹痛で施術の適応性の最も高いのはどれか。
(あ第8回-138)[東洋医学臨床論]
腹痛に対して施術の適応とならないのはどれか。
(あ第9回-135)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証に対し、施術対象となる臓腑の募穴で適切なのはどれか。
「食欲がなく、胃の膨満感や上腹部痛がある。医師から慢性胃炎と診断された。」
(あ第12回-127)[東洋医学臨床論]
腹痛に対し、最も施術の適応となるのはどれか。
(あ第17回-132)[東洋医学臨床論]
「45歳の男性。主訴は心窩部痛、胃もたれ。職業上ストレスが多い。胃潰瘍と診断され、薬物を服用中。指圧治療を希望して来院。」
圧痛点治療の観点から適切な指圧部位はどれか。
(あ第18回-139)[東洋医学臨床論]
「45歳の男性。主訴は心窩部痛、胃もたれ。職業上ストレスが多い。胃潰瘍と診断され、薬物を服用中。指圧治療を希望して来院。」
心窩部痛の軽減を目的とした圧痛点への指圧法はどれか。
(あ第18回-140)[東洋医学臨床論]
次の文で示す経脈病証に対する施術で治療穴として最も適切なのはどれか。
「食べると吐き、胃が痛み、腹が張り、よくおくびが出る。体全体がだるい。」
(あ第23回-117)[東洋医学臨床論]
慢性胃炎患者への施術で用いる背部反応点として最も適切なのはどれか。
(あ第25回-129)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療方針で最も適切なのはどれか。
「53歳の男性。職業は中華料理の調理人。主訴は手足の重だるさと胃のつかえ。大便は泥状で小便は色が濃い。舌質は紅、舌苔は黄膩、脈は濡数。」
(あ第26回-115)[東洋医学臨床論]
コレステロール型胆石症の既往をもつ患者の胆石生成予防に対する食事指導で、最も制限すべきなのはどれか。
(あ第27回-134)[東洋医学臨床論]
「31歳の男性。主訴は腹痛と下痢。勤務時間が長く、ストレスが続いている。腹痛と腹部膨満感は排便により軽減する。噯気が多い。過敏性腸症候群と診断された。」
本症例で認める腹痛部位で最も適切なのはどれか。
(あ第27回-135)[東洋医学臨床論]
「31歳の男性。主訴は腹痛と下痢。勤務時間が長く、ストレスが続いている。腹痛と腹部膨満感は排便により軽減する。噯気が多い。過敏性腸症候群と診断された。」
本症例の臓腑の病証で最も適切なのはどれか。
(あ第27回-136)[東洋医学臨床論]
腹痛の病因と痛み所見の組合せで正しいのはどれか。
(あ第28回-115)[東洋医学臨床論]
虫垂炎を疑う患者に対して、マックバーネー点の圧痛を診るときに指標となる部位はどれか。
(あ第28回-123)[東洋医学臨床論]
東洋医学的な胸腹部の痛みで、足三里への圧迫が最も効果的なのはどれか。
(あ第29回-131)[東洋医学臨床論]
腹痛の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)