眼精疲労の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

コンピュータ作業による眼精疲労の治療として誤っているのはどれか。
(あ第2回-136)[東洋医学臨床論]
ネーゲリーの伸頭法が適さない疾患はどれか。
(あ第4回-136)[東洋医学臨床論]
ネーゲリーの伸頭法で正しいのはどれか。
(あ第8回-126)[東洋医学臨床論]
肩こりに対する治療で、全身施術を最も重視しなければならないのはどれか。
(あ第9回-131)[東洋医学臨床論]
VDT作業による眼精疲労に対する局所治療穴として適切なのはどれか。
(あ第11回-138)[東洋医学臨床論]
眼精疲労の施術として誤っているのはどれか。
(あ第13回-127)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、施術対象となる経脈はどれか。
「30歳の女性。長時間パソコンを使用すると目がかすむ。月経血量が少ない。わずかなことで怒りやすい。」
(あ第17回-120)[東洋医学臨床論]
緑内障による眼圧亢進がみられる患者へ指頭圧迫法を行う際、最も慎重に施術しなければならない経穴はどれか。
(あ第18回-130)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証を有する患者の治療方針として適切なのはどれか。
「27歳の女性。職場でのストレスから、のぼせやイライラ感とともに、目の痛みを自覚するようになった。脈は弦、舌質は紅。」
(あ第20回-119)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療穴で最も適切なのはどれか。
「37歳の男性。主訴は目の疲れ。時々目がかすみ、夜間にこむら返りも起こる。」
(あ第21回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療で対象となる臓腑はどれか。
「30歳の女性。先日、帝王切開により出産を終えた。回復は順調だが、目の疲れが激しく少しかすみ目にもなる。食欲はあまりないが食べられないほどではない。」
(あ第22回-120)[東洋医学臨床論]
翳風穴が局所治療穴として最も適切なのはどれか。
(あ第22回-134)[東洋医学臨床論]
VDT症候群による眼精疲労の施術で揉捏法を行う経穴として最も適切なのはどれか。
(あ第23回-128)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で最もみられやすい月経の不調はどれか。
「41歳の女性。主訴はめまいとドライアイ。仕事はコンピュータ作業が中心で、最近視力も低下している。一日の終わりには手足のしびれを感じることもある。舌質は淡。脈は虚。」
(あ第24回-127)[東洋医学臨床論]
症状と病証の組合わせで最も適切なのはどれか。
(あ第25回-112)[東洋医学臨床論]
眼精疲労における目の痛みに対して眼球の支配神経を考慮した経穴で適切なのはどれか。
(あ第25回-130)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療で最も適切な経穴の組合せはどれか。
「38歳の女性。職業はシステムエンジニア。日頃から目が乾き、仕事が忙しくなると気分が落ち着かなくなり不眠となる。最近では腰に重だるさがみられる。舌質は紅、脈は細数。」
(あ第27回-117)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証に対する治療として最も適切な足の経脈はどれか。
「36歳の男性。主訴は目の疲れと痒み。2日前から右目の内眼角に痒みを自覚し始め、すぐにこすりたくなる。右内眼角部の結膜は軽度充血して、目やにが付きやすい。また、背部のつっぱり感がある。」
(あ第27回-118)[東洋医学臨床論]
眼精疲労の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す