顔面麻痺の過去問題[臨《症》](鍼灸編)

45歳の男性。2日前からかぜ症状があったが、今朝は左眼臉の開閉不能、食物が左口角から漏れるようになった。鼻唇溝消失がみられる。障害神経を目標に施術する場合の適切な経穴はどれか。
(はき第1回-130)[東洋医学臨床論]
末梢顔面神経麻痺における麻痺筋と治療穴との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第4回-137)[東洋医学臨床論]
風寒の邪による顔面麻痺に対し、治療対象となるのはどれか。
(はき第9回-131)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺に対し、罹患神経への局所治療穴として適切なのはどれか。
(はき第10回-132)[東洋医学臨床論]
中枢性顔面神経麻痺に対し、罹患筋への局所治療部位として適切でないのはどれか。
(はき第11回-130)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺における罹患筋と治療穴との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第13回-127)[東洋医学臨床論]
「35歳の男性。突然、左眼を閉じることができなくなり、口から唾液が漏れた。症状発現の数日前に耳介部に水疱ができ、耳の痛みを感じた。」
出現する可能性のある症状はどれか。
(はき第15回-135)[東洋医学臨床論]
「35歳の男性。突然、左眼を閉じることができなくなり、口から唾液が漏れた。症状発現の数日前に耳介部に水疱ができ、耳の痛みを感じた。」
施術対象となる神経はどれか。
(はき第15回-136)[東洋医学臨床論]
「49歳の男性。左耳痛で始まり、その後に外耳道、耳介周辺に水疱がみられ、同側の顔面が麻痺した。」最も考えられる疾患はどれか。
(はき第18回-139)[東洋医学臨床論]
「49歳の男性。左耳痛で始まり、その後に外耳道、耳介周辺に水疱がみられ、同側の顔面が麻痺した。」顔面筋を広範囲に刺激するのに最も適切な経穴はどれか。
(はき第18回-140)[東洋医学臨床論]
脳血管障害後遺症による顔面神経麻痺に対する局所治療穴として、適切でないのはどれか。
(はき第21回-128)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療で、原絡配穴法(主証、客証を踏まえて原穴と絡穴を配穴する法)の原則として適切な治療穴の組合せはどれか。
「38歳の女性。2週間前に右側の顔面神経麻痺を発症。ほぼ同時期に同側の大腿前外側から下腿前面に痛みがある。最近、右足の第1指から下腿内側の痛みが加わった。」
(はき第24回-115)[東洋医学臨床論]
罹患筋支配の神経近傍への刺鍼を行う場合、症状と治療穴の組合せで最も適切なのはどれか。
(はき第28回-128)[東洋医学臨床論]
「54歳の男性。数日前から左耳に痛みがあり、しばらくしてから外耳道に水疱が出現した。同側の表情筋の麻痺と聴力の低下を伴っている。」
最も考えられる疾患はどれか。
(はき第29回-157)[東洋医学臨床論]
「54歳の男性。数日前から左耳に痛みがあり、しばらくしてから外耳道に水疱が出現した。同側の表情筋の麻痺と聴力の低下を伴っている。」
罹患筋を広範囲に刺激するのに最も適切な治療穴はどれか。
(はき第29回-158)[東洋医学臨床論]
顔面麻痺の過去問題[臨《症》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)