顔面麻痺の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

次の文で示す患者の神経麻痺と治療との組合せで正しいのはどれか。
「突然、左側の額にしわをよせることや目を閉じることができなくなり、口笛も吹けなくなった。」
(あ第2回-135)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺の顔面マッサージ手技として適切でないのはどれか。
(あ第)[東洋医学臨床論]
ネーゲリーの伸頭法が適さない疾患はどれか。
(あ第4回-136)[東洋医学臨床論]
顔面神経麻痺に対する施術で適切でないのはどれか。
(あ第4回-147)[東洋医学臨床論]
ベル麻痺の運動法として適切でないのはどれか。
(あ第7回-134)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺に対する生活指導で適切でないのはどれか。
(あ第8回-134)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺の罹患筋への局所施術で対象とならないのはどれか。
(あ第10回-128)[東洋医学臨床論]
ベル麻痺の罹患筋への局所施術で対象とならないのはどれか。
(あ第12回-138)[東洋医学臨床論]
顔面麻痺に対し、罹患神経が頭蓋骨から出る部位への施術で適切な経穴はどれか。
(あ第13回-129)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺について、中枢性と末梢性を鑑別する方法はどれか。
(あ第)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺について、低周波電気療法で治療対象とならないのはどれか。
(あ第14回-137)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者で障害されている神経への局所治療穴で適切なのはどれか。
「60歳の女性。左口角が下がり、鼻唇溝が浅い。口笛が吹けない。」
(あ第15回-124)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺の運動法として適切でないのはどれか。
(あ第16回-122)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺の施術で対象とならない筋はどれか。
(あ第21回-125)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の施術で治療対象となるのはどれか。
「45歳の女性。朝、起床時に左口角が下がり閉眼ができないことに気づく。口をすすぐときに水がこぼれる。」
(あ第22回-124)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺の罹患筋と局所治療穴の組合せで最も適切なのはどれか。
(あ第27回-123)[東洋医学臨床論]
顔面麻痺の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す