顔面痛の過去問題[臨《症》](鍼灸編)

次の文で示す患者で末梢神経を直接対象として刺鍼するのに適した経穴はどれか。
「48歳の女性。突然前額部に電撃様の痛み発作が数分間続いた。その後もしばしば発作が起こる。」
(はき第2回-127)[東洋医学臨床論]
神経痛と罹患神経を対象とした刺鍼経穴との組合せで適切なのはどれか。
(はき第3回-127)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態から考えて、罹患神経に対する局所治療として適切な経穴はどれか。
「38歳の女性。時々、頬部が電撃様に数分間痛み涙がでる。」
(はき第4回-126)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症状に対し、罹患神経の刺激を目的とした治療穴として適切でないのはどれか。
「耳の前方から下顎にかけて発作性に痛む。」
(はき第7回-132)[東洋医学臨床論]
顎関節症の開口障害に対し罹患部への局所治療として適切な経穴はどれか。
(はき第7回-138)[東洋医学臨床論]
頭部の神経痛と治療穴との組合せで適切なのはどれか。
(はき第8回-132)[東洋医学臨床論]
頭部の神経痛と罹患神経を対象とした治療穴との組合せで正しいのはどれか。
(はき第9回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対して循経取穴をする場合、適切な経穴はどれか。
「53歳の女性。電撃性の疼痛が発作的に右下歯、下顎部にかけて走るようになった。」
(はき第10回-125)[東洋医学臨床論]
神経痛とその罹患神経を対象にした治療穴との組合せで適切でないのはどれか。
(はき第10回-134)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、施術対象となる罹患神経はどれか。
「45歳の女性。嚥下時に舌根部から下顎にかけての放散痛が数十秒間出現し、唾液分泌の亢進を伴うことがある。」
(はき第11回-131)[東洋医学臨床論]
罹患神経への治療を目的として陽白穴へ刺鍼を行う場合、対象となる顔面痛はどれか。
(はき第12回-133)[東洋医学臨床論]
顎関節症の開口障害に対する局所治療穴として適切なのはどれか。
(はき第18回-131)[東洋医学臨床論]
神経痛と罹患神経に対する局所治療穴との組合せで正しいのはどれか。
(はき第19回-131)[東洋医学臨床論]
神経痛と局所治療穴の組合せで正しいのはどれか。
(はき第23回-119)[東洋医学臨床論]
下顎を挙上し後方移動すると顎関節が痛む場合、主動作筋への局所治療穴として最も適切なのはどれか。
(はき第25回-132)[東洋医学臨床論]
咬筋の過緊張による顎関節症に対する局所治療穴として最も適切なのはどれか。
(はき第28回-131)[東洋医学臨床論]
特発性三叉神経痛の好発部位に対する局所治療穴として最も適切なのはどれか。
(はき第29回-130)[東洋医学臨床論]
顔面痛の過去問題[臨《症》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)