顔面痛の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

40歳の男性。朝、顔を洗った後に左の下眼瞼から上唇にかけて数分間激しく痛み、発作は夕方までに数回あった。神経経路上に圧痛点がある。治療として正しいのはどれか。
(あ第1回-146)[東洋医学臨床論]
三叉神経第1枝痛に対する母指圧迫を行う部位で適切なのはどれか。
(あ第4回-138)[東洋医学臨床論]
三叉神経第2枝痛の治療点で適切なのはどれか。
(あ第6回-127)[東洋医学臨床論]
三叉神経第1枝痛に対する圧迫法で適切な部位はどれか。
(あ第8回-133)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、罹患部への局所治療として適切な施術部位はどれか。
「55歳の男性。針で刺されるような激痛が突然下顎部に出現した。顔面部に知覚異常はない。」
(あ第9回-125)[東洋医学臨床論]
神経痛で出現する圧痛点に行う手技として最も適切なのはどれか。
(あ第10回-125)[東洋医学臨床論]
三叉神経第3枝痛に対し、罹患局所への施術部位として適切なのはどれか。
(あ第10回-127)[東洋医学臨床論]
三叉神経第1枝痛に対し、罹患神経への局所施術部位として適切なのはどれか。
(あ第11回-125)[東洋医学臨床論]
三叉神経第2枝痛に対し、罹患神経への局所施術部位で適切なのはどれか。
(あ第12回-133)[東洋医学臨床論]
顎関節症の開口障害に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第13回-128)[東洋医学臨床論]
三叉神経第3枝痛に対し、指頭圧迫法を行う適切な部位はどれか。
(あ第13回-130)[東洋医学臨床論]
「48歳の女性。突然、右側の前頭部から頬部にかけてピリピリとした激しい痛みが走った。明らかな原因はない。食事や洗顔で痛みが誘発される。」
罹患神経はどれか。
(あ第14回-138)[東洋医学臨床論]
「48歳の女性。突然、右側の前頭部から頬部にかけてピリピリとした激しい痛みが走った。明らかな原因はない。食事や洗顔で痛みが誘発される。」
障害されている神経の役割で誤っているのはどれか。
(あ第14回-139)[東洋医学臨床論]
「48歳の女性。突然、右側の前頭部から頬部にかけてピリピリとした激しい痛みが走った。明らかな原因はない。食事や洗顔で痛みが誘発される。」
経絡の流注を介した施術で適切でないのはどれか。
(あ第14回-140)[東洋医学臨床論]
三叉神経第2枝痛に対し、局所治療穴として適切なのはどれか。
(あ第15回-121)[東洋医学臨床論]
「42歳の女性。左顔面頬部に針で刺されるような激痛が突然発症し、数分間、間欠的に激痛発作を繰り返した。発作時以外には痛みはない。」
最も考えられるのはどれか。
(あ第16回-139)[東洋医学臨床論]
「42歳の女性。左顔面頬部に針で刺されるような激痛が突然発症し、数分間、間欠的に激痛発作を繰り返した。発作時以外には痛みはない。」
顔面頬部痛に対する局所施術で対象となる経穴はどれか。
(あ第16回-140)[東洋医学臨床論]
前頭部にビリッとした電撃様の痛みが走る場合、罹患神経を圧迫する治療穴として適切なのはどれか。
(あ第17回-122)[東洋医学臨床論]
下顎神経の痛みに対し、罹患神経への局所治療穴で適切なのはどれか。
(あ第18回-121)[東洋医学臨床論]
三叉神経第2枝痛に対し、母指圧迫を行う局所施術部位はどれか。
(あ第19回-123)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例の罹患神経に対する施術で適切なのはどれか。
「43歳の女性。一週間前から食事や歯みがきの際に右上唇から頬にかけて発作性の痛みが起こるようになった。」
(あ第23回-125)[東洋医学臨床論]
三叉神経第3枝の神経痛に持続圧迫法を行う際の治療穴で適切なのはどれか。
(あ第24回-119)[東洋医学臨床論]
顔面痛の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す