治療総論・各論の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

治療原則で誤っている記述はどれか。
(あ第6回-125)[東洋医学臨床論]
施術として誤っているのはどれか。
(あ第8回-125)[東洋医学臨床論]
病態と治療法との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第13回-125)[東洋医学臨床論]
東洋医学的治療原則で適切でないのはどれか。
(あ第14回-123)[東洋医学臨床論]
患者の体臭を診るのはどれか。
(あ第23回-112)[東洋医学臨床論]
SOAPについて適切な組合せはどれか。
(あ第23回-113)[東洋医学臨床論]
小腸の病で施術対象となる下合穴はどれか。
(あ第23回-114)[東洋医学臨床論]
腎気について誤っているのはどれか。
(あ第24回-128)[東洋医学臨床論]
五労とその影響を受けやすい臓の募穴との組合せで正しいのはどれか。
(あ第24回-133)[東洋医学臨床論]
過ぎると気が緩むとされる七情はどれか。
(あ第24回-134)[東洋医学臨床論]
気の固摂作用を最も高める必要があるのはどれか。
(あ第27回-112)[東洋医学臨床論]
痛みの評価法で、患者が想像できる最大の痛みを10とし、0から10の 11段階で現在の痛みの程度を評価する方法はどれか。
(あ第28回-121)[東洋医学臨床論]
四診法で聖技に属するのはどれか。
(あ第26回-112)[東洋医学臨床論]
SOAPについて正しい組合せはどれか。
(あ第26回-121)[東洋医学臨床論]
治療総論・各論の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)